*

科研費に応募する3|研究種目をどう選ぶか?

公開日: : 最終更新日:2020/09/08 研究・論文

それでは今年の科研費に応募するときにまず考えるのが、実際に研究計画を提出する「研究種目」である。この種目は、具体的には以下のリストのように、かなりの数が用意されており、初めて応募する際には、どれを選んだらよいか、迷うこともあるだろう。ただし、実験機器や試薬等でより多額の予算がかかる自然科学系の研究にくらべて、経済学や政治学・経営学等の社会科学系であれば、そこまで大きな費用が必要となることは少ない。であれば、応募する研究種目は3つくらいに絞り込まれてくるし、その中でもとくに「若手研究」がもっとも候補として考えられるだろう。

 

 

 

まず、これらの「研究種目」の全体像だが、以下の図のとおり、そして名前のとおり「基盤研究」が科研費の中心となっている。基盤研究のうち、Sは総予算が5,000万円以上、Aは2,000万円以上、Bは500万円以上、Cは500万円以下、という分け方となっている。

 

 

 

 

そんな「基盤研究」を下支えしているのが、イメージ図にある通りの「若手研究」および「研究活動スタート支援」である。つまり、博士課程を終えたばかりであったり、勤務先大学等に着任したばかりであったり、という若手研究者にとっては、まずはこの2種目が検討候補にあがってくるものだ。では、この2つの種目の違いはなにか、そしてどちらに応募するべきなのか?

 

まず「研究活動スタート支援」だが、この応募要件は以下のように規定されている。より具体的には、科研費の応募が毎年秋であるため、たとえば4月着任であった場合、その前年の科研費には応募できない。そのような場合、着任同年の秋まで待つか、もしくはこの「研究活動スタート支援」に応募するか、という選択肢となるのだ。最大2年間の研究予算は総額300万円と、もうひとつの選択肢「若手研究」の最大4年間で500万円と比べると小規模となるが、4月着任でいちはやく研究に取り組めるというメリットもあるのが、この「研究活動スタート支援」という研究種目なのである。

研究機関に採用されたばかりの研究者や育児休業等から復帰する研究者等が一人で行う研究。2年以内、単年度当たり150万円以下。

 

 

というように、もしも上記で説明したように、4月に着任したばかりであったり育児休業から復帰したばかり、という要件に当てはまるのであれば、「研究活動スタート支援」種目も候補となるだろうが、そうでなければ「若手研究」が最有力となるだろう。この「若手研究」は最近の科研費改革で大きく変更となった種目の一つであり、以前は「39歳以下」が条件であったところ、現在は「博士号取得後8年未満」となっている。

【平成30(2018)年度公募以降】博士の学位取得後8年未満の研究者が一人で行う研究。なお、経過措置として39歳以下の博士の学位を未取得の研究者が一人で行う研究も対象。2~4年間、500万円以下。

 

博士進学のキャリアが多様化しているいま、いったんは民間就職等を経て、つまりは遠回りをして博士号取得に至るひともいれば、博士号取得後すぐに大学等の研究機関に着任しないケースもある。アカデミックな就職事情も以前とは大きく様変わりしている。こうした背景をもとに、これまでの「39歳以下」から「博士号取得後8年未満」と、「若手」の定義を変えより柔軟に対応するこの「若手研究」は、おそらくは多くの(まだベテランではない)研究者にとって、もっとも有力な研究種目と言えるだろう。一方で、この種目は2回までしか採択されない、という制限げあるので、上記のイメージ図のとおり、まずはこの「若手研究」で研究経験を積み、そしてその後は一段上の「基盤研究」へと移行していくことが期待されている。

 

さて、その「基盤研究」であるが、もっとも予算が小さいCクラスは、以下のように定義されており、若手研究とほぼ同程度の規模である。そのため、年齢や採択回数によって「若手研究」に該当しなくなった人にとっては、この基盤研究Cが、もっとも有力な応募先となるだろう。

1人又は複数の研究者が共同して行う独創的・先駆的な研究。3~5年間、500万円以下。

 

ただし、「若手研究」で応募できる場合には、同規模の種目とはいえ、「基盤研究C」ではなく、「若手研究」で応募するべきだ。その理由は単純に、実績豊富なベテラン研究者は「若手研究」種目に応募できないため、競争率が「基盤研究」よりもゆるやかである、ということだけではない。それに加えて、採択率も研究種目間で大きく異なっているからだ。実際に昨年の採択実績をデータで確認してみると、「基盤研究C」では、採択率が28.2%であったところ、「若手研究」では 40.0%と極めて高い数字となっているのだ。このように、科研費事業は若手の研究を奨励しようと、高い採択率を設定しているのだから、「若手」に該当するうちは、この研究種目に応募するのと言えるだろう。逆にいうと、あえて若手研究に応募しないのは、より大きな予算が必要な研究に取り組むため、基盤研究のS/A/Bに応募する、という場合くらいであろう。しかも、例えば、基盤研究Sであれば、採択率12.3%と一段と厳しい競争となるので、このように若手研究に該当するにもかかわらず、あえて若手では応募しないというケースは非常にレアなものであろう。

 

というように、以上をまとめると次のようになるだろう。科研費の研究種目は数が多いものの、上記のような観点から考えると、じつはその選択は極めてシンプルなのである。

  • 前年に応募資格がなかった、着任したばかりや育児休業から復帰したばかり、という研究者であれば「研究活動スタート支援」種目を検討。
  • 上記のような事情がない若手研究者であれば、要件に該当するなら、採択率の高い「若手研究」種目が最適。
  • 年齢や回数制限によって若手研究に応募できない場合には、同規模の「基盤研究C」が有力候補。
  • 総額500万円では足りないくらいの大規模研究を計画する際には、「基盤研究B」以上を検討。

 

 

科研費応募にあたって、より詳しい解説や、採択事例および不採択事例の紹介は、以下の書籍がもっとも参考になるものとしておすすめできる。

「応募者の研究遂行能力」の書き方,重複応募制限の緩和などを加筆したベストセラー最新版!令和2年度公募に採択された申請書見本を追加.申請書の書き方を中心に、応募戦略、採択・不採択後などのノウハウを解説。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度下半期の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学をはじめとする社会科学系の分野で

記事を読む

『科研費獲得の方法とコツ』は、科研費申請予定の研究者必携の一冊

研究者にとっての秋は、科学研究費助成事業(科研費)の締切が迫る時期でもある。今年は11月10日が最終

記事を読む

できる研究者の英語プレゼン術|スライド作成からストーリー展開まで

以前に紹介した、ポール・シルヴィア著の『できる研究者の論文生産術』は素晴らしい一冊である。著者は20

記事を読む

research proposal

科研費採択のお知らせ届く

昨秋に応募した科研費の採択通知が届いていた。大変にありがたい。今後一層がんばっていきたいと思います。

記事を読む

おすすめ新刊『できる研究者の論文作成メソッド』|書き上げるための実践ポイント

以前に「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」でもおススメしたように、ポー

記事を読む

英語論文の書き方:よりモダンでクリアな英作文テキスト3選

「英文ライティングここから始める」で書いたように、そこで紹介したテキスト4冊は英文ライティングのため

記事を読む

今年度から科研費の締切が早まる|公募スケジュールの前倒しに注意

現在、科学研究費助成事業(科研費)の主な種目については、前年の9月に公募を開始し、翌年4月1日付けで

記事を読む

学会@台北と、羽田空港-松山空港の圧倒的な便利さ

先日は、Asian Meeting of the Econometric Society にて研究報

記事を読む

科研費に応募する2|申請書作成に向けてどんな情報を参考にするか?

申請書作成に向けて 今年の科研費に応募しようと考えたとき、とくに初めて申請書を書くとなった場合、ま

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑