*

ニューヨーク・タイムズと朝食を

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 英語

前回「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介した “Lunch with the FT” のインタビュー集。経済学者からビジネスパーソンまで、そのときどきの「時の人」とランチを共にしながらのインタビューは、カジュアルな雰囲気の中にも鋭い質問があり、なかなかに読み応えがあるものだ。

 

 

これと同じように、また別の「時の人」にインタビューしているのが、ニューヨーク・タイムズ紙の The Corner Office だ。タイトルにある Corner Office というのは文字通り角部屋のことであり、多くの企業では広々と窓を使った角部屋がトップマネジメントのオフィスとして利用されることが多いことから、CEO(やその他ボス)を表す言葉でもある。

 

new york times buildingphoto credit: Dom Dada via photopin cc

 

このインタビュー  The Corner Office の特徴は何と言っても、とくにスタートアップ企業のCEOに直接話を聞いて、時に微小なまでの tips を掘り下げて聞いていること。2011年までの内容は書籍 “The Corner Office: Indispensable and Unexpected Lessons from CEOs on How to Lead and Succeed” にまとめられており、これもぜひ続編を、そして翻訳を出したらいいのに、という極めて優れたインタビュー集となっている。

 

 

“Indispensable and Unexpected Lessons” と書籍ではサブタイトルが付けられているように、本インタビュー集のキモは、スタートアップ時にどんな問題に直面し、それをどう乗り越えてきたのか、というリアルで生々しい話が満載であり、これは起業時だけでなく日常のマネジメントにおいても、非常に参考になる内容だと思う。具体的には人材採用で人物のどこを見るかという話や(例えば相手の奥さんも同伴で食事に行って同じ質問をしてみるとか)、問題社員にどう接するか、そして次のリーダーをどう育ているかといったヒューマン・リソース・マネジメント系の話題が豊富。

 

How to Lead and Succeed とあるように、特に創業間もない規模が小さい企業にとっては、人材こそが生命線であり、そのマネジメント如何によって経営が飛躍することもあれば頓挫することもある、そういう問題意識に溢れている。ひとつひとつのエピソードは極めて些細なことなのだけれども、そんな小さな工夫をいくつも積み重ねてきたからこそ、現在の社長そして企業の姿があるのだろう。各社長へのインタビューはとても短く、簡単に読める。また、Kindle版 は書籍版の半額以下という安さ。「英語ライティングと洋書テキスト:今度こそ本当の電子書籍元年か?」でも書いたように、洋書を読むなら電子書籍というのはもう無視できない流れであろう。オススメの一冊です。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

おすすめ 『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳』がKindleセール中

僕もこれまで何度もおすすめしてきた関谷英里子『カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳

記事を読む

【Kindle大セール】英語おすすめテキスト26選がお買い得

現在開催中の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンには、数多くの英語テキストも含まれてい

記事を読む

日本語で書かれたおすすめテキスト『発信型英語スーパーレベルライティング』が待望のKindle版で登場

なんと、植田一三の『発信型英語スーパーレベルライティング』が、Kindle版で登場しているではありま

記事を読む

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深く読んだ。出版から2年で30万

記事を読む

岩波書店がAmazonで電子書籍Kindle版を配信開始:おすすめは『日本人の英語』

岩波書店がいよいよAmazonでも電子書籍を配信開始、というニュース。岩波文庫や岩波現代文庫そして岩

記事を読む

[TEDトーク]教科書になるプレゼン|吃音のミュージシャンが語る私の言葉

NHK Eテレで放送されている「スーパープレゼンテーション」をご覧になっている人も多いことだろう。そ

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊

ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』等の翻訳で知られる越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』。本書

記事を読む

communication robots

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。  

記事を読む

ジョジョの奇妙な英語にまさかの続編ガァァァ|あのクールな台詞はこれで学べ

以前に「ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?」でご紹介した英語テ

記事を読む

学校では教えてくれない、正しいFUCKの使い方。

ちょっぴり気になっていたこの一冊、思わず読んでしまったじゃないか(笑)  

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

統計はウソをつく|ブルーバックス名著に学ぶ騙されないための数学的思考法

ご存知のように政府統計の不正が大きな問題となっている。各種政策のもとと

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

PAGE TOP ↑