*

ニューヨーク・タイムズと朝食を

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 英語

前回「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介した “Lunch with the FT” のインタビュー集。経済学者からビジネスパーソンまで、そのときどきの「時の人」とランチを共にしながらのインタビューは、カジュアルな雰囲気の中にも鋭い質問があり、なかなかに読み応えがあるものだ。

 

 

これと同じように、また別の「時の人」にインタビューしているのが、ニューヨーク・タイムズ紙の The Corner Office だ。タイトルにある Corner Office というのは文字通り角部屋のことであり、多くの企業では広々と窓を使った角部屋がトップマネジメントのオフィスとして利用されることが多いことから、CEO(やその他ボス)を表す言葉でもある。

 

new york times buildingphoto credit: Dom Dada via photopin cc

 

このインタビュー  The Corner Office の特徴は何と言っても、とくにスタートアップ企業のCEOに直接話を聞いて、時に微小なまでの tips を掘り下げて聞いていること。2011年までの内容は書籍 “The Corner Office: Indispensable and Unexpected Lessons from CEOs on How to Lead and Succeed” にまとめられており、これもぜひ続編を、そして翻訳を出したらいいのに、という極めて優れたインタビュー集となっている。

 

 

“Indispensable and Unexpected Lessons” と書籍ではサブタイトルが付けられているように、本インタビュー集のキモは、スタートアップ時にどんな問題に直面し、それをどう乗り越えてきたのか、というリアルで生々しい話が満載であり、これは起業時だけでなく日常のマネジメントにおいても、非常に参考になる内容だと思う。具体的には人材採用で人物のどこを見るかという話や(例えば相手の奥さんも同伴で食事に行って同じ質問をしてみるとか)、問題社員にどう接するか、そして次のリーダーをどう育ているかといったヒューマン・リソース・マネジメント系の話題が豊富。

 

How to Lead and Succeed とあるように、特に創業間もない規模が小さい企業にとっては、人材こそが生命線であり、そのマネジメント如何によって経営が飛躍することもあれば頓挫することもある、そういう問題意識に溢れている。ひとつひとつのエピソードは極めて些細なことなのだけれども、そんな小さな工夫をいくつも積み重ねてきたからこそ、現在の社長そして企業の姿があるのだろう。各社長へのインタビューはとても短く、簡単に読める。また、Kindle版 は書籍版の半額以下という安さ。「英語ライティングと洋書テキスト:今度こそ本当の電子書籍元年か?」でも書いたように、洋書を読むなら電子書籍というのはもう無視できない流れであろう。オススメの一冊です。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

restaurant wine glasses

フィナンシャル・タイムズと昼食を

フィナンシャル・タイムズのコラム "Lunch with the FT" を毎週楽しみに読んでいる。

記事を読む

communication robots

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。  

記事を読む

sandberg-barnard

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの5月は卒業式のシーズン。そして米国大学の卒業式と言えば、著名人によるスピーチ(Commen

記事を読む

credit: shok via FindCC

ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?

いや、決してそんなことはない、という一冊が登場。昨年出版されたことに気づいて以来、ものすごく気になっ

記事を読む

6550520_64aeb7bd3c

英語をイメージと塊で捉える『英会話イメージリンク習得法』

先日放送されたテレビ番組「情熱大陸」の主役は、通訳者・橋本美穂。ピコ太郎のギャグ等、いったいぜんたい

記事を読む

medium_6659298473

越前敏弥の『日本人なら必ず誤訳する英文~あなたはこれをどう訳しますか?』は、英語自慢への挑戦状

「越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊」で紹介したように、このシリ

記事を読む

dictionary-english

【Kindle大セール】英語おすすめテキスト26選がお買い得

現在開催中の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンには、数多くの英語テキストも含まれてい

記事を読む

medium_627226315

Kindle電子書籍で学ぶ、日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術

ドクター・ヴァンスの『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』がセール中。これまで僕も何度か書

記事を読む

medium_3350135154

越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊

ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』等の翻訳で知られる越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』。本書

記事を読む

3433059070_6e431d84dd_z

プレゼンを準備する前に繰り返し読みたいおすすめの一冊『TED TALKS』

話題の一冊『TED TALKS』を読んだ。ご存知いまや圧倒的なプレゼンスを獲得したTEDカンファレン

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑