*

【TEDトーク】モニカ・ルインスキーとネットいじめ|彼女が見つけた適切な関係

公開日: : アメリカ, 英語

モニカ・ルインスキーという名前を久しぶりに聞いた。といっても、その名を記憶しているのは、ある程度の年齢以上の人たちだけであろう。1998年、当時の米国クリントン大統領とモニカとの不倫が発覚、大統領は「不適切な関係(relationship that was not appropriate)」を認め、現役大統領が弾劾裁判にかけられるという異例の事態に。罷免は免れたものの大統領職の品位と権威は大きく失墜した。

 

その当時、クリントンに対する批判と同時に、モニカ・ルインスキーに対する非難もすごかったのも、鮮明に記憶されていることだろう。大手メディアがこぞってこのスキャンダルを取り上げただけでなく、当時急速に普及が進んでいたネットがさらにバッシングを加速させた。それは文字通り、世界で最初の「ネットいじめ (cyberbullying)」だったのである。

When this happened to me 17 years ago, there was no name for it. Now we call it cyberbullying and online harassment. Today, I want to share some of my experience with you, talk about how that experience has helped shape my cultural observations and how I hope my past experience can lead to a change that results in less suffering for others.

 

その体験と、そこから得た教訓、そして今世界中で様々なネット上での問題が起こる中それらに対しどう対応していけばいよいのかを語るため、モニカ・ルインスキーがTEDトークに登壇したのである。先日のNHK「スーパープレゼンテーション」でも取り上げられていたので、ご覧になった方も多かったのではないだろうか。

 

彼女の終始落ち着いた話しぶりは、当時のメディアがその当時報じていたイメージである “tramp, tart, slut, whore, bimbo” とは全く異なる。さらに、彼女がこうして人前で自分のことを話そうという気持ちになったのが、2010年に米国ラトガース大学の学生タイラー・クレメンティが自殺した事件が契機となっていると語る。同性愛に対する差別が激しい米国においてネットいじめが広がり、当時18歳だったタイラーはニューヨークのジョージ・ワシントン橋の上から身を投げた。この事件は日本でも大きく報じられたため、記憶している人も多いだろう。

 

こうしたネットいじめを目の当たりにし、これ以上犠牲者を出さないためにと、モニカ・ルインスキーは長年の沈黙を破っていま人の前に立って語り始めた。17年前の自分も同じように自殺の一歩手前であり、それを心配する両親からは毎日、ドアを開けたまま浴室に入るようにと強く言われていたという。そうした体験をもとに、彼女はいまも世界中で繰り広げられる悲惨なネットいじめを止めようと、そしてそのためには他者に対する思いやりと共感、そして自分の発言に対する責任が不可欠と訴える。そのメッセージは、こうした時代だからこそ強く重く響く。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピーク・シーズンである。だからこ

記事を読む

writing and editing English

英語論文の書き方:英文ライティングここから始める必読テキスト4選

「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国」で書いたように、国際大学の修士学生の多くは、各

記事を読む

【Kindle大セール】英語おすすめテキスト26選がお買い得

現在開催中の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンには、数多くの英語テキストも含まれてい

記事を読む

communication robots

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。  

記事を読む

Kindle電子書籍で、一生に一度だって使わないジョジョの奇妙な英語を学ぶッ!

いよいよKindle電子書籍で(ごく一部のファンの間で)超話題の(かも知れない)アノ一冊が登場した。

記事を読む

『ヤバい統計学』著者による新作『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏

以前に「テーマパーク優先パスの価格付け」でも紹介したように、カイザー・ファング著『ヤバい統計学』は、

記事を読む

現代アメリカ社会の象徴:メガチャーチの誕生と新たなコミュニティの創造

毎年クリスマスを迎えるたびに思い出すことがある。それは若い頃の甘酸っぱいデートの記憶、ではもちろんな

記事を読む

米国トランプ次期大統領が決まった今こそ読みたい現代アメリカ社会批評

アメリカ大統領選挙の結果、ヒラリー・クリントンが破れ、ドナルド・トランプが次期大統領に決まった、とい

記事を読む

英語論文校正・校閲おすすめサービスの使い方: 世界最大のクラウドソーシング Freelancer.com が早くて安い

クラウドソーシングで英語論文を校正する 過去5回にわたって、英語アカデミック・ライティングのおすす

記事を読む

スタンフォード大学に集まる若き経済学者たち

先週のニューヨーク・タイムズ紙の記事 "How Stanford Took On the Giant

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

【Kindle特大セール】オススメ経済学書が50%オフの大特価

「新生活キャンペーンKindle書籍40%OFF以上セール」が非常にイ

さらに充実した国語辞典を|中型の岩波『広辞苑』と三省堂『大辞林』が大幅改訂

さて、卒業・入学のシーズンがやってきた。そして、そんな季節の定番の贈り

今年の卒業祝い・入学祝いにおすすめ|これまで以上に思い出に残る国語辞典をプレゼントしよう

新型コロナウィルスの蔓延で、いまや全国の学校が休校となり、すでに簡易的

今年からは確定申告にクラウド会計を導入しよう|面倒な手続きも超簡単に

さて、今年もまた確定申告の時期がやってきましたね。大学教員も含めたわれ

paper editing
英語アカデミック・ライティング最高の一冊に日本語版が登場

英語のアカデミック・ライティングの書籍は数多くあれど、いやだからこそ、

valentine chocolate
バレンタインの統計学と経済学

明日は男性諸君が待ちに待ったバレンタインデーですよね!? というわけで

野村克也の頭脳とデータ|戦後初の三冠王そして名監督としての実績と名声

日本のプロ野球界に燦然と輝く実績と名声。戦後初の三冠王の栄誉を手にした

圧倒的ユニークな視点でつくるアカデミック・エンタテインメント|NHK「ろんぶ~ん」が面白い

先日まで、4週連続で放送されたNHK番組「ろんぶ~ん」、ご覧になりまし

PAGE TOP ↑