*

ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 英語

いや、決してそんなことはない、という一冊が登場。昨年出版されたことに気づいて以来、ものすごく気になっていたんだけれども、このたびKindle書籍として登場したので即購入してみた。結論から言うならば、いいじゃないかコレ(笑)。

 

 

ご存知の通り、数々の名台詞・キメ台詞を生み出してきた荒木飛呂彦のこの名作漫画。日本語でも絶対つかうことがないようなキレキレの一言を、ましてや英語で放ってみる機会なんて一生のうち一度だって遭遇しないだろう。そういう余りにも無駄な努力だからこそ、キラキラと輝いて見える一冊なのである。

 

credit: shok via FindCC

credit: shok via FindCC

 

 

この数年、日本人の英語のレベルがものすごく高まっているように思う。もっと正確に言うならば、日本人向けの英単語テキストのレベルが予想を越えるクオリティにまで達しているのである。なにしろ「学校では教えてくれない、正しいFUCKの使い方。」でも紹介したように、最近になって『正しいFUCKの使い方』や『出ない順 試験に出ない英単語』といった英単語帳が相次いで出版されたのだ。試験に出ないどころか、今までもこれからも使う機会が絶対ないような英単語にまで関心を持ち始めたわれわれは、はっきり申し上げて必要以上にハイレベルな域にまで達したと言えるだろう。もちろん、そのレベルの上げ方がズレているのだけれども(笑)

 

 

そんな熾烈な英単語帳業界に殴りこみをかけたのが、今回のジョジョ英語だと言えるだろう。しかも単語一つ一つではなく、曲者ぞろいのキャラクターの個性あふれるあの台詞を、美しく流れるような英語で学べるなんて、はっきり言ってこの英語テキストでしか実現できないはずだ。ただもう一度申し上げておくが、そんな英語は今後一度だって使う機会がないけどね。

 

具体的にいくつか紹介したいところなのだが、これは絶対に自分の目で見て、自分の口で(こっそり)声に出してみたほうが面白いと断言できる。今回収録されているのは、ジョジョ第1部から4部までのキャラクターの名台詞の数々。ディオ、ジョセフ、承太郎、ポルナレフ、吉良吉影。そんな登場人物たちが英語で語りだす。あの頃のジョジョが一番好きっていう僕を含めたファンにとっては感涙モノの英単語テキストとなっているのだ。(ごく一部の人にだけど)超おすすめです。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot

これまで複数回にわたって紹介してきた、英語ライティングのおすすめテキストたち。古典的名著から新たなス

記事を読む

おすすめ 『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳』がKindleセール中

僕もこれまで何度もおすすめしてきた関谷英里子『カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳

記事を読む

Kindle電子書籍で学ぶ、日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術

ドクター・ヴァンスの『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』がセール中。これまで僕も何度か書

記事を読む

英語をイメージと塊で捉える『英会話イメージリンク習得法』

先日放送されたテレビ番組「情熱大陸」の主役は、通訳者・橋本美穂。ピコ太郎のギャグ等、いったいぜんたい

記事を読む

日本語で書かれたおすすめテキスト『発信型英語スーパーレベルライティング』が待望のKindle版で登場

なんと、植田一三の『発信型英語スーパーレベルライティング』が、Kindle版で登場しているではありま

記事を読む

岩波書店がAmazonで電子書籍Kindle版を配信開始:おすすめは『日本人の英語』

岩波書店がいよいよAmazonでも電子書籍を配信開始、というニュース。岩波文庫や岩波現代文庫そして岩

記事を読む

writing a research paper

英語論文の書き方:スタイルとフォーマットで学ぶアカデミック・ライティング

3回連続で紹介したおすすめ英語ライティングテキスト、の続き。 英文ライティングここから始め

記事を読む

世にもおもしろい英語|あなたの知識と感性の領域を広げる英語表現

小泉牧夫の『世にもおもしろい英語』は、サブタイトルにある通り「知識と感性の領域を広げ」、英語という言

記事を読む

paper editing

英語論文の書き方:アカデミック・ライティングの決定版テキスト

僕が学生の論文を指導するにあたって、まずは徹底的に読み込むようアドバイスしているのが、前回紹介した英

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊

ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』等の翻訳で知られる越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』。本書

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑