*

うんち終了2日前:おすすめ企画展「トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」

公開日: : アート, オススメ

「この夏休みどこか1か所出かけるとしたら、ここでしょ!」と、僕が激推しした「トイレとうんち展」が、いよいよ終了目前だ。鈴木おさむのプロデュースで、子供はもちろん大人まで楽しく遊んで学べる、そんな体験型展示となっている。(ごく一部で)超話題となったこの企画展、どうぞお見逃しなく。僕はもちろん、先日行ってきましたよ~。

 

まずは会場となっているお台場の日本科学未来館へ。ポップでキュートなキャラクターたちがお出迎え。

2014-08-29 13.48.23_tn

 

いざ、トイレとうんちへGO!

2014-08-29 15.16.57

 

「はじめに」で迎えてくれるのは日本が世界に誇る最先端テクノロジー。その粋と心が集まっているのが、トイレなのである。

2014-08-29 15.19.39

 

これがその、未来型最新鋭機だ!畳の上に鎮座するその姿には、神々しさすら漂う。

2014-08-29 15.19.48

 

そして展示が始まる。まずは軽く世界のうんち紹介から。ゾウやパンダやトラのうんちが、その大きさを比べられるように並べられている。

2014-08-29 15.22.17

 

続いては、うんちを活かすイノベーションの紹介。なるほど、最新の香水や香料には、隠しワザとしてうんちの匂いが混ぜてあったのか!そんなの知りませんでしたよ~、と大変勉強になるわけである。

2014-08-29 15.23.29

 

そして登場する、スーパーウンチ!いよいよ本格的に、ニンゲンのうんちについて学ぶ時間がやってきた。

2014-08-29 15.24.27

 

なんと、うんちの硬さ(柔らかさ)を測る国際基準があったなんて・・・ご存じでした?その単位が「ブリストルスケール」。これからは「ちょっとお腹がゆるくて」なんていう曖昧な文言の代わりに、「今日はブリストルスケール5なもので・・・」というクリアな説明をしましょう。

2014-08-29 15.24.53

 

うんちを触り、その硬さ・柔らかさを確認する体験コーナー。ものすごい人気ゾーンで大行列。

2014-08-29 15.25.12

 

こんなトイレが欲しい、という切なる要望とクールなアイデア!

2014-08-29 15.27.51

 

こんなトイレはいやだっていう、シュールな妄想。

2014-08-29 15.28.11

 

 

子供はみんなうんちが大好き。だから絵本もとても充実している。僕も小さい時は五味太郎の『みんなうんち』を繰り返し繰り返し読んでいたのを思い出したわー。そんな昔の記憶とも再会できるのが、今回のうんち展のステキなところだ。

2014-08-29 15.30.30

 

そして今回の最大のハイライトがこちら。子供限定だが、うんちハットを被り、すべり台を滑って便器に突入!生まれて初めての体験にキッズたち大興奮で、こちらもまた何度もトイレにダイブする子たちでめちゃくちゃ並んでいた。

2014-08-29 15.33.13

 

学校では絶対にうんちしません!という子供が9%。わかるわかる、よーく分かるよね。

2014-08-29 15.36.01

 

そして展示は、世界のトイレ事情から途上国の衛生問題にも言及する。

2014-08-29 15.36.56

 

そんなお腹いっぱい、うんちいっぱいの展示会の出口では、最後にトイレが一同勢揃いして歌を歌い、僕らを見送ってくれる。トイレ、ありがとー!

2014-08-29 15.39.49

 

いつも僕らのおしりを支えてくれて、トイレありがとー!

2014-08-29 15.40.05

 

そしてお楽しみのグッズ売り場。ものすごい充実度に、今回の展示会にかける関係者の気合がひしひしと伝わってくる。

2014-08-29 15.41.52

 

この売場でもっとも注目を集め、観衆をざわつかせていたのがコチラの「うんちキャンディ」だ!ご丁寧に、コーラ味とカフェオレ味という2種類を用意。おいしいよ!

2014-08-29 15.42.07

 

現地からの報告は以上です。本企画展は今週日曜日で終了、見逃すな!

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

錦織圭の全米オープンテニスをデータ生中継で応援しよう|初のグランドスラム優勝を目指して

全米オープンテニスに出場している錦織圭が見事に4回戦を突破し、2年ぶりのベスト8進出を決めた。ビッグ

記事を読む

科研費に採択されたら使いたい、研究と事務を効率化するクラウドサービスおすすめ2選

研究者にとって4月は特別な季節。それはもちろん日本のほとんどの大学で新しい学年が始まるから、だけでは

記事を読む

今年買って本当に良かったモノ:暮らしを豊かにするホーム・アイテム5選

先日の「今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選」に続いて、ホーム編

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

年末年始おすすめのボードゲーム3選|今年は大定番「カタンの開拓者たち」の拡張版を買ってみた

昨年も「冬休みにおすすめの人気ボードゲーム」として紹介したのが次の3つ。「カタンの開拓者たち」「カル

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2017年版

毎年恒例のイベントといってもよいだろう、それがこのニューヨークタイムズ紙が選ぶ「今年絶対に行きたい世

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭のテニスをデータ観戦しよう

さあ、いよいよ注目の一戦が始まるぞ。2017年の全豪オープンテニス4回戦で、錦織圭がロジャー・フェデ

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニス準々決勝|対ジョコビッチ戦の敗戦をデータで振り返る

先日「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白

記事を読む

[TEDトーク]教科書になるプレゼン|吃音のミュージシャンが語る私の言葉

NHK Eテレで放送されている「スーパープレゼンテーション」をご覧になっている人も多いことだろう。そ

記事を読む

超おすすめ:ノイズキャンセリング・ヘッドホンの最高品質 QuietComfort 35|発売されたばかりのBose最新作をさっそく飛行機で試してきた

Bose QuietComfort 35 を検討してみた ノイズキャンセリング機能がついたヘッドフ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

PAGE TOP ↑