*

クラウドソーシングを使って優秀なリサーチアシスタントを早く安く簡単に探す

公開日: : 最終更新日:2017/05/22 オススメ

英語論文の校正にかかる費用と時間というのは、多くの研究者を悩ませるところだろう。安くて早くて質のいい校正サービスがあれば文句なしなのだが、そんなものあるはずもなく、良いサービスには相応の値段がかかり、低価格になるほどそれなりの仕上がりになるのが世の常というものだ。

 

ところが、である。世界中のフリーランサーに論文校正を依頼してみたら、めちゃくちゃ安くて、ものすごく早くて、驚くほどクオリティが高いじゃないか!というのが、世界最大級のクラウドソーシング・サービス Freelancer.com を使ってみた僕の以前の感想である。それはもう目眩がするほどのショックだったのだ。

 

 

freelancer-projects

 

 

そんな衝撃のクラウドソーシングを今度は別の作業で利用してみたので、今回はその経験を報告しておきたい。まずは依頼するプロジェクトだが、今回はデータ収集・整理・入力関連の作業をお願いすることにした。研究者であればリサーチ・アシスタントに依頼することも検討するだろうが、英語の作業であれば大半の場合はこうしたクラウドソーシングを通して発注した方が安く早く仕上がると思う。

 

以下が僕が依頼した作業であり、具体的な発注概要とともに、予算としては$250 から $750 くらいまでを考えているということを表明する。

 

freelancer-project-page1

 

 

そして、この発注書を投稿して本当に数秒で最初の入札があり、1時間もたたないうちに約20名がこの作業に応募してきた。半日待ち、結果的に26名からの入札があり、その平均入札額が$392 となったところで、このうちの誰に依頼するかという次のステップへと移った。

 

一番安い値段を提示してきた候補者はもちろん魅力的ではあるが、こちらとしては安かろう悪かろうの仕事ぶりでは困ってしまうわけであり、だからこそ選定には慎重に慎重を期する。具体的には、それぞれの入札者の保有スキルや過去の経験、そして評価点などが重要な情報となる。

 

そうやって吟味した結果、今回は $290 を提示してきた入札者に作業を依頼することとなった。つまりこの時点で契約成立となり、仕事がスタートすることとなる。依頼した作業が終わり、アウトプットを受け取り、支払いを済ませてこのプロジェクトが完了することになるのだが、それぞれのステップでの注意点については、「英語論文校正・校閲おすすめサービスの使い方: 世界最大のクラウドソーシング Freelancer.com が早くて安い」で詳しく解説した通りである。

 

 

 

いずれにしろ、この作業を誰かに依頼しようと発注してから半日で応募が出そろい、翌日には既に仕事が始められるのである。もしもこれを大学内でリサーチアシスタントを募集しようとしたら、告知して面接して選択して説明してとそれぞれに時間がかかり、翌日から仕事を始めてもらうなどということは難しいだろう。だからこそ、クラウドソーシングなのである。この世界最大級の Freelancer.com は、ビジネスパーソンだけでなく、研究者にとっても大変使い勝手のよいサービスであるのは間違いない。もしも次回、自分の研究でリサーチアシスタントを採用することがあるならば、このサービスを利用してみることも考えてはいかがだろうか。早くて安くて優秀で、非常にすぐれものだと強くおススメできます。

 

しかも今なら、以下のキャンペーンが実施中で、新規入会時に$20のクーポンがプレゼントされるので、興味ある人はぜひこの機会にこのサービスを使い始めてはどうだろうか。

freelancer-get-20

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

2017年ふるさと納税|大人気のおすすめ返礼品7選

ふるさと納税の人気が止まらない。2017年4月には、総務省から過剰な返礼品競争にならないよう、各自治

記事を読む

冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者たち」「カルカソンヌ」「ドミニオン」を遊び倒そう

みんなで楽しめる、おすすめボードゲーム3選 以前に「宣教師のアニキの家で『カタンの開拓者たち』には

記事を読む

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度下半期の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学をはじめとする社会科学系の分野で

記事を読む

難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る全米オープンテニス

思わず早朝からWOWOWで生中継を見てしまった本日の全米オープンテニス。ついに錦織がやってくれて大興

記事を読む

この夏こそ、日本の美味いクラフトビールを飲もう!ヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」がいいぞ

「夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲んでみて」で紹介したように、アメリカのビール市場はこの

記事を読む

NHKアニメ最終回|英国一家、最後まで日本を食べる

NHKで毎週水曜に放送されていた「英国一家、日本を食べる|Sushi and Beyond」が今週つ

記事を読む

[NHK今夜再放送]伝説のチェスプレーヤー・ボビーフィッシャーの闘い

先日は、最強の将棋棋士・羽生善治が、チェスの元世界王者ガルリ・カスパロフとハンデ無しの勝負をして大き

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典 「アカデミックライティングにおすすめの英語辞典|コロ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

【Kindle特大セール】幻冬舎の電子書籍が半額以下の大キャンペーン|おすすめ8作品

幻冬舎による大型キャンペーン【50%ポイント還元】幻冬舎フェア が期間

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑