*

パーソナルゲノム時代の医療:米国の予防的手術

公開日: : アメリカ, ニュース

本日の Kindle 日替わりセールに『遺伝子医療革命 ―ゲノム科学がわたしたちを変える』が登場。紙の単行本では2,300円するものが、電子書籍なら今日だけのセールとはいえ600円と定価の7割引きで買えるということに、改めて電子の衝撃を感じざるを得ない。とくに、こういう厚手のノンフィクションがセール対象になることは今のところそう多くはない。というわけでとりあえず買った。来週の出張時に読む。

 

未来への鍵は、あなたの遺伝子が握っている。癌、心臓疾患、アルツハイマーなど、わたしたちを脅かすリスクについて事前に知ることができるとしたら……? 個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した治療や薬を処方する「パーソナルゲノム医療」時代はすぐ手の届くところまで来ている。世界を代表する科学者が遺伝医療の未来をユーモアたっぷりに解き明かす、希望にあふれたサイエンス書。

 

 

さて、こうした遺伝子解析とそれに基づく医療と聞いて思い起こすのが、アンジェリーナ・ジョリーが将来の乳がん予防のために、両乳房を切除した手術のことである。癌が見つかってさえいない段階での「予防的手術」というものに我々がまだ馴染みがなく、かつ有名女優がその手術を決断したこともあって各紙で大きく報道されたのはまだ記憶に新しい。

 

credit: kevin dooley via FindCC

credit: kevin dooley via FindCC

 

 

ジョリーの場合は母親を癌で亡くしており、ジョリー自身も「BRCA1」という遺伝子に変異が見つかり、それにより今後乳がんを発症する確率が87%と医師に診断されていたということだ。そして、その確率を5%以下に下げるために、今回の両乳房切除という大手術を決断している。

 

なぜ僕がここまで彼女の手術に注目しているかといえば、それはもちろん僕がアンジーの大ファンだから、ということではない。そうではなく、僕の友人がこれと全く同じ手術を受けたからに他ならないのだ。しかも姉妹二人がそろって、このジョリーの1年前にその手術を行っているのだ。「アンジェリーナ・ジョリーと乳がん予防とリスク観」に詳しく書いたように、それは僕にとってものすごく驚くことだったのである。

 

予防的手術というものが、しかも乳房切除という決断を、僕の身近にいた姉妹がしたことに、こうした遺伝子解析等にまったく馴染みのなかった僕が当時衝撃を受けたことに対しては、何ら不思議なことはない。ただ、いま改めて思い返すならば、こういう医療がハリウッド・セレブ達の間だけのものではなく、それこそ普通の庶民にまで普及しているということが、現代の米国医療の姿として強烈な印象を与えてくる。

 

全く門外漢ではあるものの、こんな身近なところに二人も経験者がいたということで、僕はもう少しこの新たな医療と、それが起こしつつある革命、そして米国の最先端事情をきちんと知っておきたくなったのである。そんな背景があるからこそ、この一冊『遺伝子医療革命』を手にとってみたわけなのだ。その米国友人が受けた診察や手術については大まかなところは色々と教えてくれたのだけれども、次回彼女らを訪ねる際には、もう少し詳しく聞いてみたいと思う。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

travel around the world

都市別外国人観光客ランキング:中国人観光客から今後はロシア人観光客へ

英国の市場調査会社ユーロモニターが発表した最新の都市別外国人観光客ランキング(日本版ウォール・ストリ

記事を読む

UK top cosmetic surgery women and men 2013

美容と整形:2013年も引き続き市場は拡大

美容と整形について、最新のレポート "UK cosmetic surgery statistics

記事を読む

2014-02-16 13.08.07

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、

記事を読む

medium_6840269621

NHK戦争特番:日本とアメリカとその狭間で

毎年夏が来る度にテレビ各局、新聞各誌が特集する太平洋戦争と終戦。その中でも個人的に強烈に印象に残って

記事を読む

ebook-nyt

電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

今年は、電子書籍がより一層勢いを増して拡大した一年だったと振り返ることが出来るだろう。2013年の始

記事を読む

world-university-ranking-2016

世界大学ランキング最新版発表|英国オックスフォード大学が初のトップに

"Oxford Tops List of World’s Best Universities" とい

記事を読む

photo credit: Flickmor via photopin cc

現代アメリカ社会の象徴:メガチャーチの誕生と新たなコミュニティの創造

毎年クリスマスを迎えるたびに思い出すことがある。それは若い頃の甘酸っぱいデートの記憶、ではもちろんな

記事を読む

summerhouse1s

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦がこの夏日本にやって来る

僕が米国留学で一番お世話になったのは、ひょっとすると大学院の指導教授ではなく、むしろアカデミックとは

記事を読む

Dow-Jones-WSJ125-2

Wall Street Journal 125周年と、アメリカ現代史

ちょうど昨年、「フィナンシャル・タイムズ(FT)とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」で書い

記事を読む

takoyaki

米国人一家と英国一家が美味しい日本を食べ尽くす

ちょっぴり巷で評判の『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』を読んでみたら、これが思いの外おもしろか

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

6550520_64aeb7bd3c
英語をイメージと塊で捉える『英会話イメージリンク習得法』

先日放送されたテレビ番組「情熱大陸」の主役は、通訳者・橋本美穂。ピコ太

photo credit: Studio V2 via photopin (license)
英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典 「アカデミックライティ

writing a research paper
英語論文の書き方:スタイルとフォーマットで学ぶアカデミック・ライティング

3回連続で紹介したおすすめ英語ライティングテキスト、の続き。

sandberg-barnard
もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの5月は卒業式のシーズン。そして米国大学の卒業式と言えば、著名

paper editing
英語論文の書き方:アカデミック・ライティングの決定版テキスト

僕が学生の論文を指導するにあたって、まずは徹底的に読み込むようアドバイ

PAGE TOP ↑