*

定番ボードゲーム「モノポリー」もクラウドソーシングする時代へ

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 ニュース, ビジネス・経営者

“Rethinking Monopoly: Rules of the game” という先日のEconomist誌の記事。定番ボードゲーム「モノポリー」が、ユーザーたちが勝手に考えて利用しているルールを、正規のものとして認定しようというもの。大変に興味深い。

THIS week in the print edition we plan to write about Hasbro’s move to crowdsource new rules for Monopoly. It will allow fans to choose from an array of ten popular but unofficial house rules (such as receiving $400 rather than $200 for passing “Go”; collecting fees and taxes in the centre of the board and awarding them to players that land on Free Parking and requiring players to complete one full circuit of the board before they can start buying property). The most popular will become official rules.

 

monopoly gamephoto credit: John-Morgan via photopin cc

 

以前にも紹介したが、僕はアメリカ滞在中、宣教師のアニキの家で思わず夜を徹してボードゲームにハマってしまったのだが、そのときに本気でプレイしたのが「モノポリー」そして「カタンの開拓者たち」だったわけである。



 

そのモノポリーが、ゲームのルールをクラウドソースするなんて、それはやっぱり驚きの事件と言っていい。先日書いた「クラウドソーシングの衝撃」では、主にビジネスの世界で個人to個人で受発注する流れが大きくなっていることを紹介したが、今回のモノポリーのルール・クラウドソーシングでは金銭面での報酬は発生しないものの、ユーザーとしては自分たちの自己ルールが認定されるという承認が大きな非金銭的報酬となっているのだろう。

 

実際にどれくらい応募があるものなのか、そして採用したルールが一般受けするものなのか、それは蓋を開けてみなければ分からない。それでもこういう動きが出てきたということそのものが、大変に現代的であり興味深い取り組みであると思われる。クラウドソーシングという大衆の知恵をどう活用するのか、その機会は大きく広がっており、それこそ企業側の知恵が問われているのだろう。

 

クラウドソーシングの現状については昨年出版された『クラウドソーシングの衝撃』が、そして集合知というものの本質については『みんなの意見は案外正しい』が上手くまとめていると思う。

 

クラウドソーシングの衝撃

 

「みんなの意見」は案外正しい

 

集合知とは何か – ネット時代の「知」のゆくえ

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

facebook on pricenton's future

プリンストン大学の研究に、フェイスブックが倍返し

WSJ「『フェイスブック滅亡』論文、物議を醸す」や、CNET「Facebook、ユーザー急減の予測に

記事を読む

パーソナルゲノム時代の医療:米国の予防的手術

本日の Kindle 日替わりセールに『遺伝子医療革命 ―ゲノム科学がわたしたちを変える』が登場。紙

記事を読む

Kindle電子書籍『クラウドソーシングの衝撃』は、成長著しい市場を概観する希少な業界本

『クラウドソーシングの衝撃』(比嘉・井川著)がKindle電子書籍が大幅に値下げされている。本書は現

記事を読む

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5万人以上の雇用を生むというこの

記事を読む

サッカーチームの経済学|デロイト・フットボール・マネーリーグ2016年版

今年もまたこの時期がやってきた。そう、デロイト社によるレポート "Football Money Le

記事を読む

刑務所の医師不足と漫画『ムショ医』

先日のNHK News Web でも報道された通り、現在日本の刑務所における医者不足が極めて深刻な問

記事を読む

食肉偽装とWOWOW連続ドラマW『震える牛』のリアル

中国の工場で発生した期限切れ鶏肉の事件だが、これは別に、同工場もしくは同国の衛生管理技術の水準が低か

記事を読む

TSUTAYA運営の市立図書館に続き、今度は学習塾ノウハウを公教育に導入:いま話題の佐賀県武雄市に行ってきた

佐賀県武雄市がまた新しい取り組みを始めたようだ。 (NHKニュース)佐賀県武雄市は、来年の春から公

記事を読む

華麗な王者モハメド・アリと、そのアリになれなかった男|沢木耕太郎の名著『敗れざる者たち』と『一瞬の夏』を再読する

2016年6月4日、プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリが74歳の人生に幕を閉

記事を読む

playground in a rural area

アメリカと日本と国際養子縁組

先日のTBSの番組「女児はなぜアメリカへ行ったのか?国際養子縁組を考える」を観た。 豊かな社会とは

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑