*

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

公開日: : スポーツ, ニュース

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、2022年1月8日に開幕戦を迎えた(NHKニュース)。サッカーや野球にくらべて、まだまだファンの数は少ないかも知れない。しかし、近年のラグビー日本代表のワールドカップ等での活躍はご存知のとおりであり、着実に力をつけてきた日本だからこそ、今後さらに世界レベルへの飛躍を目指し、この新たなリーグが加速していくことを願っている。

 

さて、オールジャパンなら分かるけど、個別のチームについてはよく分からないという人も多いだろう。確かにそれはサッカーにおいても、日本代表戦は盛り上がるけど、クラブ戦はいまひとつ、というのと同じだ。だけれども、今年のラグビーで特に注目して欲しいのは、この静岡ブルーレヴズなのである。「ラグビー新時代をつくるのは、静岡だ。」の以下のキャッチフレーズにある通り、この静岡発のクラブチームが日本のラグビー業界を大きく変えていくのではと思うと、わくわく感が止まらない。

 

 

 

簡単にこのチームを紹介しておくと、何とこのクラブには、あのスーパースター五郎丸歩がいるのである!というと、なーんだと言われそうなので、ここであえて申し上げたい。何とこのクラブには、あの五郎丸だけでなく、あのウルトラスター山谷拓志がいるのだ! と言われて、スゲェ~って反応してくれる人もそう多くはないかも知れない。だからこそ、知っておいて欲しいのだ、この静岡ブルーレヴズと、そのクラブを率いる経営者・山谷拓志社長のことを。

 

山谷のこれまでの人生は波乱万丈だ。ラグビーをやりたい思いで高校に進学するも、自分などでは活躍の場がなさそうだと諦め、行き先変更でアメフトを始める。ただし、スポーツ選手としてよりも、リクルート入社後の活躍の方で実績を残し、今度はなんとバスケットボールクラブの経営に携わることになる。リンク栃木ブレックス(現・宇都宮)では、当時のスーパースター田臥勇太を獲得し、創部3年で日本一を達成するなど、周囲が驚くほどのスピードで結果を出した。その実績が評価され、今度は経営危機から立ち直った茨城ロボッツの社長を務めた。

 

そんなバスケ業界と縁が深かった山谷が、プロ化は絶対に無理と言い続けてきたラグビーの世界に飛び込んだのだから面白い。しかしながら、営業にスポンサー獲得、ファンクラブの組織化等々、彼がこれまでバスケクラブで経営してきたことはもちろんすべてラグビークラブでも通用するものだ。加えて、このプロチームにはいま、五郎丸歩が選手ではなく社員として所属している。山谷の高校時代の夢、憧れつつも届かなかったこの世界に、いまは経営者として戻ってくるのだから、興味深い。ぜひ、ラグビーの歴史の新たな一歩、そして静岡ブルーレヴズを舞台に、山谷と五郎丸が新たな変革を起こし続けていくことを今から期待している。

 

参考記事

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

非常勤講師も必要な確定申告スタート|今年からマイナンバーが義務化

2月16日から始まった今年の確定申告。一般的には、高収入のサラリーマンや、個人事業主だけに関係のある

記事を読む

football coach economics

サッカー監督の経済学:シメオネ率いるアトレチコ・マドリードの躍進

スポーツ選手の成績は数字に如実に表れる。野球の野手なら打率や本塁打数、投手なら奪三振数や防御率といっ

記事を読む

japanese igo

2014年の囲碁賞金王・井山裕太|盤上の宇宙と独創の一手

囲碁の2014年獲得賞金ランキングが確定したというニュース(朝日新聞)。 2014年の囲碁棋士の賞

記事を読む

今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、シカゴ大学のリチャード・セイラ

記事を読む

running children

ゲイツ財団と世界の貧困に関する3つの誤解

今年もビル&メリンダ・ゲイツ財団の年次書簡が発表される時期がやってきた。「ビル・ゲイツからの手紙と

記事を読む

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の定義が変更されることとなった。

記事を読む

アメリカの歴史をつくる9人の連邦最高裁判事

就任以来すでにいくつもの声明を発表し、そのたびに世界が最大限の注目を払ってきた米国トランプ大統領が、

記事を読む

六本木ウィスキーヒルズに行ってきた。

昨年末、六本木ヒルズで開催されたイベント「Whisky Hills」に行ってきた。なにしろ「マッサン

記事を読む

playground in a rural area

アメリカと日本と国際養子縁組

先日のTBSの番組「女児はなぜアメリカへ行ったのか?国際養子縁組を考える」を観た。 豊かな社会とは

記事を読む

一橋大学ソーシャル・データサイエンス学部の挑戦と初受験

さて今年の国公立大学受験でもう一つ大きな話題となっているのが、一橋大学がじつに72年ぶりに新設する

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑