*

囲碁マネーリーグ|井山裕太五冠が11年連続の賞金王そして1億円越え

公開日: : 最終更新日:2022/01/26 オススメ書籍, ニュース

囲碁棋士の2021年賞金ランキングが発表され、棋聖、名人、本因坊を防衛し王座、碁聖を奪取した井山裕太五冠が対局料を含め1億3384万円で11年連続の賞金王となった。1億円の大台超えは10年連続であり、井山五冠以降は次のような順位となっている(産経新聞)。

(1)井山裕太五冠 1億3384万9290円

(2)一力遼九段 4428万5702円

(3)芝野虎丸九段 4113万9960円

(4)許家元十段 3742万2211円

(5)藤沢里菜女流本因坊 3199万3482円

(6)上野愛咲美女流棋聖 2350万9352円

(7)河野臨九段 2078万4000円

(8)関航太郎天元 1782万4300円

(9)羽根直樹九段 1360万9000円

(10)本木克弥八段 1128万5600円

 

 

japanese igophoto credit: Ken Reppart via photopin cc

 

 

さて、それでは今回の囲碁の賞金ランキングと、将棋の賞金ランキングを比べてみるとどうだろうか? 最新版はまだ発表されていないが、2020年の順位は「日本将棋マネーリーグ|今年も賞金ランク首位は豊島将之竜王、藤井二冠は?」で紹介したとおりであり、だいたい似通っているといえるのではないだろうか。首位に立つ者のみが1億円越えとなり、10位になるとぐっと下がって1,000万円台となる。

 

以前にも書いたが、個人的には囲碁や将棋のプロ棋士になるほどの頭脳と勝負強さがある人たちには、もっと夢のある賞金を獲得して欲しいと思っている。その世界のトップテンになってようやく1,000万円台というのは、その道に青春時代のすべてを賭け、プロの関門を突破しなければ夢破れ去っていくという、極めてハイリスクの人生なのだから、それに報いてくれるくらいの収入を得て欲しいのだ。

 

もちろん競技人口やファンの数などで、野球やサッカーなど他のプロスポーツと比較しようがないというのも分かる。新聞各社がメインスポンサーという背景を踏まえると、昨今の新聞業界の衰退がそのまま囲碁や将棋に影響を与えているという背景もあるだろう。だが、しかし、囲碁の井山五冠、そして将棋の若き藤井四冠、といった煌めく才能を持った人たちが次世代としてこの世界を担っていけるよう、いつまでも夢のある場所であって欲しいのだ。涙あふれる傑作『将棋の子』を読むと、つくづくそう思わざるを得ないのだ。

 

ベストセラー『聖と青春』著者が放つ感動のドラマ!!夢と挫折の奨励会物語

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る“トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。第23回講談社ノンフィクション賞受賞作(講談社文庫)

彼らの戦いはなぜこんなにもせつなく胸に迫ってくるのだろう

奨励会の修業は、一般社会に出た瞬間に限りなく無に近くなる。(中略)悩み、戸惑い、何度も何度も価値観の転換を迫られ、諦め、挫折し、また立ち上がっていく。奨励会を戦う物の誰もが、おそらくはその覚悟を胸に秘めている。彼らは社会人を目指しているのではなく、棋士を、そのはるか先にある名人を目指しているからだ。それに挫折した者にも、今立ち向かっている者にも心から拍手を送りたい。勇気を持って壁に挑む若者たちがいるからこそ、聳え立つ山は気高く美しいのだ。――エピローグより

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

今年の入学・進級祝いには、三省堂国語辞典第8版がおすすすめ

今年ももう3月、中学・高校・大学入試も結果が出た人も多いだろうし、これから最後のラストスパートという

記事を読む

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づくめの圧勝という形で終わったた

記事を読む

圧倒的ユニークな視点でつくるアカデミック・エンタテインメント|NHK「ろんぶ~ん」が面白い

先日まで、4週連続で放送されたNHK番組「ろんぶ~ん」、ご覧になりましたか? これは以前にも放送され

記事を読む

多才で異能の人・任天堂岩田聡の言葉

任天堂の岩田聡社長が亡くなったという突然のニュース。ゲーム業界の第一人者であっただけに、国内外でも大

記事を読む

海外で研究者になる|知られざる就職活動その舞台裏

日本人が数多く海外留学していることに比べると、海外で就職する例はまだまだ少ないと言えるだろう。とくに

記事を読む

shougi denou sen

永世竜王・渡辺明の『勝負心』は、羽生善治に対する尊敬と憧憬と畏怖

『知ってても偉くないUSA語録』と、『Born to Run~走るために生まれた』に続けて、現在のK

記事を読む

天才・奇才のおうち時間|日本に残る最後の秘境・東京藝術大学生の華麗な日常

NHKで放送中の「金曜日のソロたちへ」という番組をご存知だろうか? これは、「ひとり暮らし拝見バラエ

記事を読む

2015年ことしのベストセラー|電子書籍編

さて2015年も残りわずか。ということで今年も、本ブログ経由でよく読まれた本をランキングしてみよう(

記事を読む

電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

今年は、電子書籍がより一層勢いを増して拡大した一年だったと振り返ることが出来るだろう。2013年の始

記事を読む

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位25点紹介し

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘め

越後長岡藩の熱い夏|最後のサムライの夢の跡

新潟の長岡はこの夏おおいに盛り上がってます。一つ目の理由は、なんといっ

プロテニスプレイヤーの憂鬱|男女格差と上下格差の歴史と現状

ウィンブルドンテニスで今年も熱戦を繰り広げられるなか、Financia

NHK短編ドラマ・星新一の不思議な不思議な世界

7/4月曜から始まるNHKの短編ドラマは大注目だ。なにしろ、あのショー

国語辞典のお金の秘密|時代を映す大改訂

NHK「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」が先週の番組で特集したのが国

2022年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界の52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の場所52ヶ所

今年の入学・進級祝いには、三省堂国語辞典第8版がおすすすめ

今年ももう3月、中学・高校・大学入試も結果が出た人も多いだろうし、これ

今年も確定申告の時期がやってきた|クラウド会計とe-taxで手続きは超簡便に

今年もいよいよ確定申告の時期がやってきた。例年どおり3月15日が提出締

PAGE TOP ↑