*

囲碁マネーリーグ|井山裕太五冠が11年連続の賞金王そして1億円越え

公開日: : 最終更新日:2022/01/26 オススメ書籍, ニュース

囲碁棋士の2021年賞金ランキングが発表され、棋聖、名人、本因坊を防衛し王座、碁聖を奪取した井山裕太五冠が対局料を含め1億3384万円で11年連続の賞金王となった。1億円の大台超えは10年連続であり、井山五冠以降は次のような順位となっている(産経新聞)。

(1)井山裕太五冠 1億3384万9290円

(2)一力遼九段 4428万5702円

(3)芝野虎丸九段 4113万9960円

(4)許家元十段 3742万2211円

(5)藤沢里菜女流本因坊 3199万3482円

(6)上野愛咲美女流棋聖 2350万9352円

(7)河野臨九段 2078万4000円

(8)関航太郎天元 1782万4300円

(9)羽根直樹九段 1360万9000円

(10)本木克弥八段 1128万5600円

 

 

japanese igophoto credit: Ken Reppart via photopin cc

 

 

さて、それでは今回の囲碁の賞金ランキングと、将棋の賞金ランキングを比べてみるとどうだろうか? 最新版はまだ発表されていないが、2020年の順位は「日本将棋マネーリーグ|今年も賞金ランク首位は豊島将之竜王、藤井二冠は?」で紹介したとおりであり、だいたい似通っているといえるのではないだろうか。首位に立つ者のみが1億円越えとなり、10位になるとぐっと下がって1,000万円台となる。

 

以前にも書いたが、個人的には囲碁や将棋のプロ棋士になるほどの頭脳と勝負強さがある人たちには、もっと夢のある賞金を獲得して欲しいと思っている。その世界のトップテンになってようやく1,000万円台というのは、その道に青春時代のすべてを賭け、プロの関門を突破しなければ夢破れ去っていくという、極めてハイリスクの人生なのだから、それに報いてくれるくらいの収入を得て欲しいのだ。

 

もちろん競技人口やファンの数などで、野球やサッカーなど他のプロスポーツと比較しようがないというのも分かる。新聞各社がメインスポンサーという背景を踏まえると、昨今の新聞業界の衰退がそのまま囲碁や将棋に影響を与えているという背景もあるだろう。だが、しかし、囲碁の井山五冠、そして将棋の若き藤井四冠、といった煌めく才能を持った人たちが次世代としてこの世界を担っていけるよう、いつまでも夢のある場所であって欲しいのだ。涙あふれる傑作『将棋の子』を読むと、つくづくそう思わざるを得ないのだ。

 

ベストセラー『聖と青春』著者が放つ感動のドラマ!!夢と挫折の奨励会物語

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る“トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。第23回講談社ノンフィクション賞受賞作(講談社文庫)

彼らの戦いはなぜこんなにもせつなく胸に迫ってくるのだろう

奨励会の修業は、一般社会に出た瞬間に限りなく無に近くなる。(中略)悩み、戸惑い、何度も何度も価値観の転換を迫られ、諦め、挫折し、また立ち上がっていく。奨励会を戦う物の誰もが、おそらくはその覚悟を胸に秘めている。彼らは社会人を目指しているのではなく、棋士を、そのはるか先にある名人を目指しているからだ。それに挫折した者にも、今立ち向かっている者にも心から拍手を送りたい。勇気を持って壁に挑む若者たちがいるからこそ、聳え立つ山は気高く美しいのだ。――エピローグより

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

monopoly game

定番ボードゲーム「モノポリー」もクラウドソーシングする時代へ

"Rethinking Monopoly: Rules of the game" という先日のEco

記事を読む

将棋タイトル王位戦第2局|藤井聡太七段が木村一基王位に大逆転勝ち

いやあ、昨日の王位戦、ライブ中継で観た方は、これはもうとんでもないもの見てしまった、という感じではな

記事を読む

国語辞典ベストセラーランキングに見る人気辞書|中学生以上は新明解、小学生はドラえもんかチャレンジか

国語辞典というのは大変におもしろい。実に個性豊かであるにも関わらず、その特徴は必ずしもきちんと伝わっ

記事を読む

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴史や文学そして経済学といった学

記事を読む

イェール大学出版局 リトル・ヒストリー|若い読者のための「アメリカ史」のすすめ

以前にも紹介したことのある、「イェール大学出版局 リトル・ヒストリー」のシリーズ。いまのところ5冊が

記事を読む

emotional highs and lows in facebook

『ヤバい予測学』とフェイスブックデータが示す感情の起伏

フェイスブックのデータ・サイエンティストたちは毎度興味深いデータを見せてくれる。それは「フェイスブッ

記事を読む

今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、シカゴ大学のリチャード・セイラ

記事を読む

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる「作者の意図は?」といった問い

記事を読む

食肉偽装とWOWOW連続ドラマW『震える牛』のリアル

中国の工場で発生した期限切れ鶏肉の事件だが、これは別に、同工場もしくは同国の衛生管理技術の水準が低か

記事を読む

電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

今年は、電子書籍がより一層勢いを増して拡大した一年だったと振り返ることが出来るだろう。2013年の始

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑