*

囲碁マネーリーグ|井山裕太五冠が11年連続の賞金王そして1億円越え

公開日: : 最終更新日:2022/01/26 オススメ書籍, ニュース

囲碁棋士の2021年賞金ランキングが発表され、棋聖、名人、本因坊を防衛し王座、碁聖を奪取した井山裕太五冠が対局料を含め1億3384万円で11年連続の賞金王となった。1億円の大台超えは10年連続であり、井山五冠以降は次のような順位となっている(産経新聞)。

(1)井山裕太五冠 1億3384万9290円

(2)一力遼九段 4428万5702円

(3)芝野虎丸九段 4113万9960円

(4)許家元十段 3742万2211円

(5)藤沢里菜女流本因坊 3199万3482円

(6)上野愛咲美女流棋聖 2350万9352円

(7)河野臨九段 2078万4000円

(8)関航太郎天元 1782万4300円

(9)羽根直樹九段 1360万9000円

(10)本木克弥八段 1128万5600円

 

 

japanese igophoto credit: Ken Reppart via photopin cc

 

 

さて、それでは今回の囲碁の賞金ランキングと、将棋の賞金ランキングを比べてみるとどうだろうか? 最新版はまだ発表されていないが、2020年の順位は「日本将棋マネーリーグ|今年も賞金ランク首位は豊島将之竜王、藤井二冠は?」で紹介したとおりであり、だいたい似通っているといえるのではないだろうか。首位に立つ者のみが1億円越えとなり、10位になるとぐっと下がって1,000万円台となる。

 

以前にも書いたが、個人的には囲碁や将棋のプロ棋士になるほどの頭脳と勝負強さがある人たちには、もっと夢のある賞金を獲得して欲しいと思っている。その世界のトップテンになってようやく1,000万円台というのは、その道に青春時代のすべてを賭け、プロの関門を突破しなければ夢破れ去っていくという、極めてハイリスクの人生なのだから、それに報いてくれるくらいの収入を得て欲しいのだ。

 

もちろん競技人口やファンの数などで、野球やサッカーなど他のプロスポーツと比較しようがないというのも分かる。新聞各社がメインスポンサーという背景を踏まえると、昨今の新聞業界の衰退がそのまま囲碁や将棋に影響を与えているという背景もあるだろう。だが、しかし、囲碁の井山五冠、そして将棋の若き藤井四冠、といった煌めく才能を持った人たちが次世代としてこの世界を担っていけるよう、いつまでも夢のある場所であって欲しいのだ。涙あふれる傑作『将棋の子』を読むと、つくづくそう思わざるを得ないのだ。

 

ベストセラー『聖と青春』著者が放つ感動のドラマ!!夢と挫折の奨励会物語

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る“トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。第23回講談社ノンフィクション賞受賞作(講談社文庫)

彼らの戦いはなぜこんなにもせつなく胸に迫ってくるのだろう

奨励会の修業は、一般社会に出た瞬間に限りなく無に近くなる。(中略)悩み、戸惑い、何度も何度も価値観の転換を迫られ、諦め、挫折し、また立ち上がっていく。奨励会を戦う物の誰もが、おそらくはその覚悟を胸に秘めている。彼らは社会人を目指しているのではなく、棋士を、そのはるか先にある名人を目指しているからだ。それに挫折した者にも、今立ち向かっている者にも心から拍手を送りたい。勇気を持って壁に挑む若者たちがいるからこそ、聳え立つ山は気高く美しいのだ。――エピローグより

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

行動経済学者ダン・アリエリー|お金と感情と意思決定の白熱教室

NHK『お金と感情と意思決定の白熱教室』再放送決定 先日放送されたNHK『数学ミステリー白熱教室』

記事を読む

日本でいちばん売れている国語辞典『新明解』に待望の最新第8版が登場

日本でもっとも売れている国語辞典といえばなんでしょう? それはもう圧倒的に三省堂の『新明解国語辞典』

記事を読む

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな話題となった一冊『最後の秘境

記事を読む

海外で研究者になる|知られざる就職活動その舞台裏

日本人が数多く海外留学していることに比べると、海外で就職する例はまだまだ少ないと言えるだろう。とくに

記事を読む

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の定義が変更されることとなった。

記事を読む

廃棄カツ横流し事件でよみがえる『震える牛』と食品・外食産業への不信

先日からニュースで大きく報道されている冷凍カツの横流し事件(NHKニュース「カツ横流しで業者 廃棄食

記事を読む

綻びゆくアメリカと繁栄から取り残された白人たち

2014年に翻訳出版された『綻びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語』に今また注目が集まって

記事を読む

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも書いたように、2017年の受賞

記事を読む

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は、とくにランナーにはおすすめ。

記事を読む

container boxes

プロフェッショナルのコンテナ物語

昨晩ひさしぶりにNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀 』を見た。「港のエース、ガンマンの絆」と題

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2023年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界で行くべき52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の都市52ヶ所

お正月に見た映画『スラムダンク』にやっぱり涙と鼻水が止まらない

今年の正月には、あの伝説的人気漫画『スラムダンク』が映画化された『Th

美術大学青春グラフィティーと漫画ブルーピリオド

先日放送されたNHKの番組「ドキュメント72時間」をご覧になっただろう

ワールドカップで大番狂わせを狙え|サッカー監督の世界級チームマネジメントの極意

2022年という年は、やはりサッカー・ワールドカップでの日本代表の活躍

都立浅草高校国語教師・神林先生が愛してやまない飲み屋と呑み助と大将と女将

自宅や実家での新年気分も終わり、今週末あたりから町の飲み屋に繰り出すか

イメージを掴んで使い分けろ|英語の難所・前置詞を攻略する

以前にも「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙

言葉にできない、そんな夜。|その気持ち、言葉のプロならどう表現する?

気持ちが揺れ動いたあの瞬間。表現したいのにボキャブラリーが追いつかない

選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語

もうすぐ14年ぶりの宇宙飛行士が決まるって知ってましたか? いや、知っ

PAGE TOP ↑