*

日本人の氏名はなぜこんなにも多種多様にして複雑怪奇なのか?

公開日: : オススメ書籍

日本人はなぜにこんなにも自分の名前や家族のルーツに興味津々なのだろうか? NHKの番組だけ取り上げてみても、「ファミリーヒストリー」では著名人の生まれ故郷を訪ね、郷土資料館で調べ、その先祖がどこから来たのかを明らかにする。本人が初めて知るエピソードも多く、改めて家族史を振り返るまたとない機会となるだろう。あの番組を見ながら、自分のうちもこんな風に調べたら面白いだろうなぁ、という人は沢山いるはずだ。

 

また、番組名がそのものずばりの「日本人のおなまえ」も大変に興味ぶかい。とくに珍しい名字を取り上げ、日本のどの地域に多いのか、それはなぜなのかを、歴史と地理を紐解きながら解説していく、大変にユニークでそして興味深い番組に仕上がっている。そして、珍しい日本人の名前と言えば、なんといっても最近では漫画『鬼滅の刃』だろう。そこに出てくるのは、竈門(かまど)、我妻(あがつま)、栗花落(つゆり)、甘露寺(かんろじ)、産屋敷(うぶやしき)、不死川(しなずがわ)、伊黒(いぐろ)などなど、大正時代の日本を髣髴させるようなちょっと古めかしくそして珍しいものばかりだ。しかし、しかし、である、これらの名前すべて実在する(るるぶKIDSコラム)って知っていましたか??

 

このように、自分と同じ名字の人がどれくらい日本にいるのか、「名字由来net」を利用して調べたことがある人も多いことだろう。ちなみに同サイトを利用して解説したコラム「周りにいた『珍しい名字』ランキング! 3位『勅使河原』、2位『東海林』、1位は? 全部読める…?」で、輝く第1位に輝く名字の人は、日本全国に約5,400人おり、順位は2,598位とのことだ。ちなみにちなみにの蛇足だが、僕個人の名字もあまり多くはないものであり、この1位の名字と同じくらいの順位で、全国に約6,000人程度ということらしい。だから、普段の生活のなかでも、僕の名字を初めて見たっていう人もいるし、どうやって読むんですかと聞かれることもある。一方で、その名字のルーツから、九州ご出身ですかなんて聞かれると、おぉこの人は名字の地域性について結構ご存知の方なんだな、って思ったりもするわけだ。

 

と、前置きが長くなったのだが、そんなふうに、僕らは自分の名字だけでなく、他人の名字に対しても並々ならぬ関心を持っており、その意識がテレビ番組や漫画などにも色濃く反映されているように思う。さて、それではなぜ日本においてこんなにも多様な名字が生まれることになったのか、その理由を明快に説明してくれるものはいない。いや、先日までいなかった、というべきだろう。なにしろ、ついに登場したのである、その名も『氏名の誕生』という一冊が。著者は1983年生まれの日本近世史の研究者であり、渾身の一冊にして、新書で誰にでも分かりやすく、という難題を見事に乗り切って上梓したのが、この『氏名の誕生』なのである。いやあ、知らなかったよ、われわれの名前がこうやって創り出されてきたなんて!

 

というような、上質な歴史ミステリーを読んだ気分にさせてくれる素晴らしい一冊。お盆を前にして、今年も帰省を自粛したり、オンライン墓参りといった新たな挑戦をしている人も多いことだろう。だがしかし、その前にわれわれがまずなすべきなのは、自分たちのご先祖のルーツをきっちりと理解すること、そしてとくに僕らの名字がどのように生まれ、そして現代にまで受け継がれてきたのかを伝えること、かも知れない。そんな夏休みの宿題にぴったりの一冊でもある『氏名の誕生』、ぜひともご一読ください。

 

明治新政府の改革が、人々を大混乱に巻き込んでいく──日本人の名前はこうして創られた

私たちが使う「氏名」の形は昔からの伝統だと思われがちだが、約150年前、明治新政府によって創出されたものだ。その背景には幕府と朝廷との人名をめぐる認識の齟齬があった。江戸時代、人名には身分を表示する役割があったが、王政復古を機に予期せぬ形で大混乱の末に破綻。さらに新政府による場当たり的対応の果てに「氏名」が生まれ、それは国民管理のための道具へと変貌していく。気鋭の歴史研究者が、「氏名」誕生の歴史から、近世・近代移行期の実像を活写する。

「明治の「御一新」に画期があるのは、恐らく一般的な〝想像〞の通りだが、本書で実証される「氏名」成立の実情は、その〝想像〞とは相当に違っている。キーワードは「王政復古」。一見、なんの関係もなさそうな「王政復古」が、明治初年、人名をめぐる悲喜交々をも巻き起こしていく。」(本文より)

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

vermeer blue

アートは小説よりも奇なり:盗作と贋作の歴史、美術ノンフィクションが面白い

なんと、僕が好んで読む美術ノンフィクションの傑作が2冊も文庫版として再登場しているではないか。『ギャ

記事を読む

天才・奇才のおうち時間|日本に残る最後の秘境・東京藝術大学生の華麗な日常

NHKで放送中の「金曜日のソロたちへ」という番組をご存知だろうか? これは、「ひとり暮らし拝見バラエ

記事を読む

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしている

記事を読む

いまこそ将棋がおもしろい|人工知能と不屈の棋士

先月出版されたばかりの『不屈の棋士』を読み終えたところなのだが、これが実に読み応えのある一冊だった。

記事を読む

稲垣栄洋の植物論と生き物の死にざま

稲垣栄洋の植物論は大変におもしろい。例えば、『雑草はなぜそこに生えているのか』であれば、そもそも書名

記事を読む

寝苦しい今夜も嫁を口説こうか|珠玉の芸人エッセイ3冊

以前にも何度かおすすめしてきたように、お笑い芸人が書くエッセイには、なかなかに読ませる面白いものが多

記事を読む

日本でいちばん売れている国語辞典『新明解』に待望の最新第8版が登場

日本でもっとも売れている国語辞典といえばなんでしょう? それはもう圧倒的に三省堂の『新明解国語辞典』

記事を読む

shougi denou sen

永世竜王・渡辺明の『勝負心』は、羽生善治に対する尊敬と憧憬と畏怖

『知ってても偉くないUSA語録』と、『Born to Run~走るために生まれた』に続けて、現在のK

記事を読む

売れっ子プロデューサー川村元気の本気の「仕事。」論

川村元気。この名前をどこで聞いたか覚えていますか?大ヒット映画『電車男』のプロデューサーとして?ベス

記事を読む

theme park long queue

『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け

『ヤバい経済学』の大ヒット以来、『ヤバい社会学』、『ヤバい経営学』と続けてきたこのシリーズ。内容その

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

これは面白いピタゴラス的発想!|「解きたくなる数学」をビジュアルで考える

以前に「クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニー

海をわたって不可能を可能に|大谷翔平メジャーリーグMVP

大谷翔平、満場一致で最高栄誉のMVPを獲得。投打の二刀流で大活躍のシー

【おすすめ英語テキスト】重要単語を因数分解|語源から根こそぎ完璧に理解する

現在開催中のKindle本ストア 9周年キャンペーン。本日はこの中から

父親の経済力と母親の狂気で決まる中学受験|異端の問題作『二月の勝者』がおもしろい

激変する受験界に舞い降りた、最強にして最悪のスーパー塾講師を主人公に据

寝苦しい今夜も嫁を口説こうか|珠玉の芸人エッセイ3冊

以前にも何度かおすすめしてきたように、お笑い芸人が書くエッセイには、な

会計のベストセラーおすすめの4冊はこれだ|僕は本当に「さおだけ」を買っちゃいました

会計というものはとても面白い。その専門的内容がおもしろいというだけでな

第69期将棋タイトル王座戦五番勝負最終第5局、新潟県南魚沼市で開幕せず!

さてさて、永瀬拓矢王座に木村一基九段が挑戦する第69期王座戦五番勝負、

今年のノーベル経済学賞はアメリカの労働経済学者3名が共同受賞

今年のノーベル賞受賞者が発表されるなか、いよいよ経済学賞の受賞者が明ら

PAGE TOP ↑