*

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦がこの夏日本にやって来る

公開日: : アメリカ, オススメ書籍

僕が米国留学で一番お世話になったのは、ひょっとすると大学院の指導教授ではなく、むしろアカデミックとは全く関係のないこの老夫婦なのではないかというのは以前に何度か書いてきた。アメリカの郊外に住む70代後半の白人夫婦で、近所に二人の娘家族と二人の息子家族が住む。老旦那は中小企業を経営し今も現役で毎朝早くから出かけていく。老婦人は別途有職でやはり朝早く起き夜も早く寝るという規則正しい生活を送っている。共和党支持者であり、エヴァンジェリストであり、創造論を信じる。つまり進化論の否定だ。

 

 

そういう人たちに日本でお目にかかることはまずないが、アメリカでもリベラルな大学内で宗教色(とくにキリスト教)の濃い人たちと接する機会というのは極めて少ない。だからこそ、僕はこの老夫婦と知り合い、毎年夏と冬には遊びに行き、そしてアメリカならではの暮らしや考え方に触れたことが、アメリカ留学中の何物にも代えがたい経験となっているのである。

 

summerhouse1s

 

 

そんな老夫婦の長女からは、日本よりもはるかに一般的に行われている米国内での養子縁組について学んだ。長女夫婦は子供を授からなかったために、養子をもうらこととした。その養子の産みの母親はまだ十代で子供を育てられる経済的余裕はない。日本であれば中絶という選択肢もあるなか、アメリカにおいては宗教的観点から中絶に絶対反対している人たちが多数おり、それが毎回の大統領選挙の争点の一つともなることを記憶している方も多いことだろう。

 

だから、中絶しないけれども自分では子供を育てられない、という層が一定数おり、それが養子を出す側となっている。また、養子をもらう側とのマッチングには、専門のエージェンシーが関わっており、そんな専門職が進めるプロセスは、「アメリカと日本と国際養子縁組」で書いたように、実にアメリカ的なものであった。

 

P1000040s

 

 

また、老夫婦の次女は、老夫婦が通う地域の伝統的な教会ではなく、いま米国内でものすごい勢いで増殖しているメガチャーチに通っている。「現代アメリカ社会の象徴:メガチャーチの誕生と新たなコミュニティの創造」で書いた通り、この巨大教会は政治とも密接に繋がり、アメリカ郊外のコミュニティを大きく変貌させつつある。

 

 

mega church building

 

 

「教会」という言葉からイメージするものとは全く違う外観。内部で行われる儀式も、僕が見る限り伝統的なものとは大きく異なる。一言でいうならばライトでカジュアルな宗教サークル。しかしその背景には、綿密に練られたマーケティングがあり、そういうお手軽さこそが、教会から遠のいていた人たちをもう一度この場に惹きつける重要な要因となっているのだ。ただ、それは言葉を替えて言うならば、「『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』」の中でも述べた通り、この二十年の間にゆっくりと綻んできたアメリカのコミュニティと進むべき道を失いかけていた人たちの受け皿となったのが、このメガチャーチであるように思えてならない。

 

 

photo credit: Flickmor via photopin cc

photo credit: Flickmor via photopin cc

 

 

そんなメガチャーチに子供四人を連れて通う次女家族だが、その次女が予防的手術として両乳房を切除するという決断をしたことも驚きだった。「パーソナルゲノム時代の医療:米国の予防的手術」で書いたように、アンジェリーナ・ジョリーがこれと全く同じ手術をしたことで大きく報道されるようになったこの「予防的手術」は、しかし老夫婦の次女の例に見られるように、決してハリウッド女優やその他富裕層のためだけのものではないのである。もっと広く庶民レベルにまでこの「遺伝子医療革命」が広がっているのだと、身近で実感したのもまたアメリカならではの経験だったと思う。

 

 

このようにして、僕はこの老夫婦とその娘・息子家族たちを通して、アメリカについて多くのことを学んだように思う。一方でそんな彼らは極めてドメスティックで、行ったことのある外国といえばカナダだけ。東京とソウルが電車で行けると思っているような、世界地理オンチでもある。

 

 

そんな彼らが、なんとこの夏日本に来たいと行ってきたではありませんか!めちゃくちゃビックリでまだ本当に来るのか疑っているくらいだ。とはいえ、彼らにとって間違いなく一生に一回の機会となる日本訪問、どころか異文化に接することが自体が生まれて初めてかも知れない。そんな老夫婦をどこに案内したらよいか、いまものすごく思案しているところなのである。というわけで、まずは現在大幅セール中だった本書『英語で日本紹介ハンドブック』を読み始めたところ。

 

 

それ以外にも、以前に「ニッポンの国宝と景観を守る:外国人だけが知っている美しい日本」で紹介したように、最近は外国人が日本の魅力を紹介することが多くなってきた。こうした書籍も参考にしながら、アメリカ人老夫婦にどんな日本を知ってもらおうか、楽しくも悩みながら、この夏の過ごし方を考えている次第だ。ぜひ思い出の夏にしたいね。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

photo credit: djwtwo via photopin cc

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

photo credit: Florence Ivy via photopin cc

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

photo credit: Steve Snodgrass via photopin cc

綻びゆくアメリカと繁栄から取り残された白人たち

2014年に翻訳出版された『綻びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語』に今また注目が集まって

記事を読む

thank-you-tatsuo

【超おすすめ】サンキュータツオの名著『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』が待望の文庫化

あのサンキュータツオをご存知だろうか?早稲田大学大学院文学研究科の博士課程に学び、一橋大学で非常勤講

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

sushi-and-beyond

英国一家、最後に日本を食べる&お正月スペシャル

コアな人気を博していたNHK深夜アニメ「英国一家、日本を食べる」。ベストセラーとなった原作も素晴らし

記事を読む

medium_2388310523

『科研費獲得の方法とコツ』は、科研費申請予定の研究者必携の一冊

研究者にとっての秋は、科学研究費助成事業(科研費)の締切が迫る時期でもある。今年は11月10日が最終

記事を読む

chemistry-740453_640

「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を務める、アカデミック・エンター

記事を読む

photo credit: Steve Snodgrass via photopin cc

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

american-beer-2013-infographic

夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲もう!

アメリカのビールと言えばバドワイザー。そのイメージは正しい。なにしろ下図が示すように、市場シェアで圧

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑