*

現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 オススメ漫画

『海猿』や『ブラックジャックによろしく』でお馴染みの人気漫画家・佐藤秀峰によるエッセイ漫画『漫画貧乏』が、現在Kindleで無料提供中。これを機会に思わず再読し、そして改めて思う、電子書籍とくに漫画界における近年の革命の多くが、この人の孤高の闘いに負ってきたのだと。

 

 

以前に『漫画とビジネスと佐藤秀峰』で書いたように、佐藤は常に出版社と闘ってきた。「原稿料」の定義を明らかにし、契約書を作成し、二次使用等の権利についても明確にした。『漫画貧乏』の中でも公開されているように、ここまで赤裸々にお金やビジネスにまつわる話をする漫画家や作家は非常に珍しい。だから出版社からは煙たがられた。しかし、考えるまでもなく、上記のような仕事の仕方は他の業界では至ってアタリマエのことであり、ここからもいかに漫画業界というものがヘンな場所であり続けたのかが分かる。

 

佐藤はそこに疑問を持った。自分のためというよりも、今後も漫画が読める世界であってほしい、そのためには漫画家がきちんと生活していけるだけの収入が保証されなければならない、そういう信念で大手出版社と渡り合ってきた。連載時に読んでいた人たちならよくご存知のように、講談社モーニングの人気作だった『ブラックジャックによろしく』は、佐藤が講談社編集部に対する不信感を募らせた結果、数ヶ月にも及ぶ連載休止を経て結局は、小学館ビッグコミックスピリッツへ移籍し『新ブラックジャックによろしく』として再スタートする。

 

white jack

 

 

その旧『ブラックジャックによろしく』は、これまたご存知のように電子書籍化したうえで全て無料で提供するという大胆な戦略に打って出た。しかし、上記『漫画貧乏』でも詳細に描かれているように、これは佐藤が企画した電子書籍プラットフォーム「漫画 on Web」の立ち上げが当初うまくいかず、その苦肉の打開策として考え出したものだったのだ。

 

さらに続けて佐藤が仕掛けたのが、『ブラックジャックによろしく』の二次使用を完全無料にしたことだった。その結果、漫画の主人公を利用したパロディが無数に創作され、そのなかにはソフトバンク「ホワイトジャックによろしく」等、社会的にも大きな話題となったものも含まれていた。

 

 

そしてこれは話題を集めただけでなく、ビジネス的な観点からみても成功そのものだった。パロディ等をきっかけにして本作を知り、無料の旧シリーズではまってしまい、そして有料の新シリーズを購入する。そういう流れができ、結果として関連売上が1億円を超えたというから驚きだ。今までは出版社という「カゴの中」にいた佐藤が、そのカゴいやオリを出て自由を享受し責任をもって取り組んだ結果として付いてきたのがこの数字だ。

 

 

いま日本の漫画界は変革の真只中にあり、実におもしろい。佐藤秀峰のような個性的かつビジネスセンスに長けた漫画家が続々と生まれているように思う。「Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった」でも紹介したように、その面白さを牽引しているのがKindle であり、個人的には鈴木みそ作品に思いっきりはまってしまったのである。

 

いまや電子漫画界のスターダムへと押し上げた、鈴木みその作品『限界集落(ギリギリ)温泉』は、田舎の寂れた温泉街を舞台として、自意識過剰なアイドル崩れのコスプレイヤーさんと、その取り巻きとしてのゲームクリエイターやら各種オタク達やらが登場し、そしてここで一発大きなビジネスを当てやろうという怪しげなプロデューサーが暗躍し様々なイベントを仕掛けていく、という、どう考えても一般受けするはずのないストーリーだ(笑)。これがKindleで大ヒットしたのはご存じの通りで、もちろん僕も全作読みふけってしまったのである(苦笑)。

 

 

そして、その鈴木みそが、『限界温泉』シリーズをKindleで出版するにあたり、出版社とどんな交渉をしたのか、いかに価格設定したのか、そしてどう持続的なビジネスを構築していったのかを、女子高生ナナという第三者の目から 綴ったのが新作『ナナのリテラシー』だ。出版業界の裏事情、出版社と作家の大人の関係などなどが生々しくでもコミカルに描かれており、自分の経験をネタにして商売うまいな~とか思いながら、僕はまたしても鈴木みそ作品にはまってしまったわけである。

 

 

もう一度言おう。いま日本の漫画業界はとんでもなく面白い。『進撃の巨人』だけじゃないんだ。それはアクの強い個性的な作品が次々と登場してきたという「創作」の面だけでなく、クセのある作風ゆえに販売売上は期待できないものの最終的に作家の手に残る利益は紙媒体のコミックよりも多くなり得るという電子書籍の「仕組み」、そして荒々しくも自由な海に船出しようという挑戦心に溢れた作家たちが従来の出版社との契約関係を見直し始めたという「業界変革」といった視点でみても、わくわく感が抑えられないのである。明日はどんな新しい漫画家の、どんな新しい作品に出会えるのか、楽しみでならない。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

人生で大切なことは『アドルフに告ぐ』にも学んだ

先日「人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ」と言った舌の根も乾かぬうちに訂正させてくれ。『ア

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1東村アキコ編

NHKでこの秋放送されていた「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっただろうか?これがものすごく面白

記事を読む

大ヒット漫画『キングダム』の人気の秘密|作者・原泰久の研究者気質とサラリーマン哲学

現代における大人気漫画の最高峰『キングダム』を読んでいますか?単行本の累計発行部数は2600万部を突

記事を読む

【おすすめコミック】賭博と心理の傑作『カイジ』のスピンオフ漫画『中間管理録トネガワ』が最高すぎる

ギャンブル漫画としてのみならず、その心理戦の描写が実に素晴らしいご存知『カイジ』。このシリーズに敵役

記事を読む

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

中央アジアを舞台とした傑作漫画『乙嫁語り』|最新刊の精緻な描写が素晴らしい

待望の『乙嫁語り』の最新第10巻が発売された。さっそく読んだのだが、これまた素晴らしい生活描写と風景

記事を読む

大注目コミック『僕だけがいない街』待望の最新巻発売とアニメ化決定

現在連載中のコミックの中では、個人的には『進撃の巨人』等よりもずっとハマっているのが三部けい『僕だけ

記事を読む

amazon box

Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった

昨年Amazon キンドルを買って以来、もう完全に手放せないアイテムとなっているのだが、その最大の理

記事を読む

人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ

手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』。モグリの医者をダークヒーローとし、命とは、生きるとは、そして金

記事を読む

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑