*

現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家

公開日: : 最終更新日:2014/12/07 オススメ漫画

『海猿』や『ブラックジャックによろしく』でお馴染みの人気漫画家・佐藤秀峰によるエッセイ漫画『漫画貧乏』が、現在Kindleで無料提供中。これを機会に思わず再読し、そして改めて思う、電子書籍とくに漫画界における近年の革命の多くが、この人の孤高の闘いに負ってきたのだと。

 

 

以前に『漫画とビジネスと佐藤秀峰』で書いたように、佐藤は常に出版社と闘ってきた。「原稿料」の定義を明らかにし、契約書を作成し、二次使用等の権利についても明確にした。『漫画貧乏』の中でも公開されているように、ここまで赤裸々にお金やビジネスにまつわる話をする漫画家や作家は非常に珍しい。だから出版社からは煙たがられた。しかし、考えるまでもなく、上記のような仕事の仕方は他の業界では至ってアタリマエのことであり、ここからもいかに漫画業界というものがヘンな場所であり続けたのかが分かる。

 

佐藤はそこに疑問を持った。自分のためというよりも、今後も漫画が読める世界であってほしい、そのためには漫画家がきちんと生活していけるだけの収入が保証されなければならない、そういう信念で大手出版社と渡り合ってきた。連載時に読んでいた人たちならよくご存知のように、講談社モーニングの人気作だった『ブラックジャックによろしく』は、佐藤が講談社編集部に対する不信感を募らせた結果、数ヶ月にも及ぶ連載休止を経て結局は、小学館ビッグコミックスピリッツへ移籍し『新ブラックジャックによろしく』として再スタートする。

 

white jack

 

 

その旧『ブラックジャックによろしく』は、これまたご存知のように電子書籍化したうえで全て無料で提供するという大胆な戦略に打って出た。しかし、上記『漫画貧乏』でも詳細に描かれているように、これは佐藤が企画した電子書籍プラットフォーム「漫画 on Web」の立ち上げが当初うまくいかず、その苦肉の打開策として考え出したものだったのだ。

 

さらに続けて佐藤が仕掛けたのが、『ブラックジャックによろしく』の二次使用を完全無料にしたことだった。その結果、漫画の主人公を利用したパロディが無数に創作され、そのなかにはソフトバンク「ホワイトジャックによろしく」等、社会的にも大きな話題となったものも含まれていた。

 

 

そしてこれは話題を集めただけでなく、ビジネス的な観点からみても成功そのものだった。パロディ等をきっかけにして本作を知り、無料の旧シリーズではまってしまい、そして有料の新シリーズを購入する。そういう流れができ、結果として関連売上が1億円を超えたというから驚きだ。今までは出版社という「カゴの中」にいた佐藤が、そのカゴいやオリを出て自由を享受し責任をもって取り組んだ結果として付いてきたのがこの数字だ。

 

 

いま日本の漫画界は変革の真只中にあり、実におもしろい。佐藤秀峰のような個性的かつビジネスセンスに長けた漫画家が続々と生まれているように思う。「Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった」でも紹介したように、その面白さを牽引しているのがKindle であり、個人的には鈴木みそ作品に思いっきりはまってしまったのである。

 

いまや電子漫画界のスターダムへと押し上げた、鈴木みその作品『限界集落(ギリギリ)温泉』は、田舎の寂れた温泉街を舞台として、自意識過剰なアイドル崩れのコスプレイヤーさんと、その取り巻きとしてのゲームクリエイターやら各種オタク達やらが登場し、そしてここで一発大きなビジネスを当てやろうという怪しげなプロデューサーが暗躍し様々なイベントを仕掛けていく、という、どう考えても一般受けするはずのないストーリーだ(笑)。これがKindleで大ヒットしたのはご存じの通りで、もちろん僕も全作読みふけってしまったのである(苦笑)。

 

 

そして、その鈴木みそが、『限界温泉』シリーズをKindleで出版するにあたり、出版社とどんな交渉をしたのか、いかに価格設定したのか、そしてどう持続的なビジネスを構築していったのかを、女子高生ナナという第三者の目から 綴ったのが新作『ナナのリテラシー』だ。出版業界の裏事情、出版社と作家の大人の関係などなどが生々しくでもコミカルに描かれており、自分の経験をネタにして商売うまいな~とか思いながら、僕はまたしても鈴木みそ作品にはまってしまったわけである。

 

 

もう一度言おう。いま日本の漫画業界はとんでもなく面白い。『進撃の巨人』だけじゃないんだ。それはアクの強い個性的な作品が次々と登場してきたという「創作」の面だけでなく、クセのある作風ゆえに販売売上は期待できないものの最終的に作家の手に残る利益は紙媒体のコミックよりも多くなり得るという電子書籍の「仕組み」、そして荒々しくも自由な海に船出しようという挑戦心に溢れた作家たちが従来の出版社との契約関係を見直し始めたという「業界変革」といった視点でみても、わくわく感が抑えられないのである。明日はどんな新しい漫画家の、どんな新しい作品に出会えるのか、楽しみでならない。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

kindle-comic-ranking

おすすめKindleコミック『幽麗塔』(原作は『幽霊塔』):この漫画の売り方と売れ方がすごい

これまで漫画を読むこともそれほど多くなかった僕だが、「Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだ

記事を読む

kindle-sale-comic-1506

【Kindle大セール】傑作漫画『僕だけがいない街』ついに完結|おすすめKindleコミック12作品がすべてセール中

僕だけがいない街 ついに最終話!ひさしぶりに胸を踊らせながら読み続けていた『僕だけがいない街』が、

記事を読む

shoku-no-gunshi

至高のグルメ(ギャグ)漫画『食の軍師』を、TOKYO MX がまさかのドラマ化

『孤独のグルメ』で新たなグルメ漫画のあり方を提示した久住昌之が、さらなるイノベーションをもたらしたの

記事を読む

photo credit: TomFahy.com via photopin cc

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

medium_8603078776

おすすめKindleコミック『ナナのリテラシー』に待望の第2巻が登場!漫画家・鈴木みそはキンドル界のスーパースター

鈴木みそという名前の漫画家が一体全体どれくらい知られているのか、コミックに詳しくない僕には未だよく分

記事を読む

everest

若き冒険家のアメリカ|植村直己『青春を山に賭けて』

NHK-BS で放送されている「ザ・プロファイラー|夢と野望の人生」をご覧になっているだろうか?以前

記事を読む

tezuka-kindle2

人生で大切なことは『アドルフに告ぐ』にも学んだ

先日「人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ」と言った舌の根も乾かぬうちに訂正させてくれ。『ア

記事を読む

shimakosaku

Kindle版が無料だったので、ものすごく今更だが漫画『島耕作』シリーズを読んでみた

最も有名なサラリーマン漫画といってもいいだろう『島耕作』シリーズ。僕自身はまったく読んだことなかった

記事を読む

brickwall

刑務所の医師不足と漫画『ムショ医』

先日のNHK News Web でも報道された通り、現在日本の刑務所における医者不足が極めて深刻な問

記事を読む

manben-saito

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1『ゴルゴ13』さいとう・たかを編

先日「NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1「東村アキコ」編」で書いたように、現代の人気漫

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

kowai-e
ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

nobel-economics-2017
今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、

kouba1
「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もう

428px-Johannes_Vermeer_-_Het_melkmeisje_-_Google_Art_Project
盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史

先日NHK-BS で放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『フ

shougi_old_board
NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

medium_8822210920
辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いた

PAGE TOP ↑