*

Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった

公開日: : 最終更新日:2014/12/07 オススメ漫画

昨年Amazon キンドルを買って以来、もう完全に手放せないアイテムとなっているのだが、その最大の理由はやっぱり電子書籍の安さだろう。

 

紙の書籍と比べて安い価格設定に加えて、しょっちゅうセールをやっているものだから、おおよそ毎回、紙書籍の半額の値段で電子書籍版を買っていることになる。これは大きい。何しろ同じ予算で2倍の本が買えてしまうのだから。そして安く買えるからこそ、今まで手を出すことがなかったようなジャンルの本であっても躊躇なく買ってしまうのだ。

 

例えば僕の場合は、今まで経済・ビジネス・語学・その他もろもろのノンフィクションを読むことが多かった。逆に、小説や漫画といったジャンルにはあまり関心を示してこなかったのだが、それがAmazonキンドルでがらりと変わった。とくに漫画。いやあこんなに沢山の面白い漫画があるなんて知りませんでしたよ!とくにハマったのが「鈴木みそ」の一連の作品。ご存じの方はもうとっくに知っている漫画なのだろうけれども、最近の漫画を全然知らない僕にとってはこれはもう久々に出会った快作!(怪作?)

 

amazon boxphoto credit: Nic Taylor Photography via photopin cc

 

ナナのリテラシー

本書は紙の書籍市場(漫画含めて)の縮小傾向に歯止めがかからない中、これからの漫画家はどうやってメシを食っていけばよいのか、という話。電子書籍市場にこそ未来があるという展開なのだが、これは今まで何度も聞いてきた「今年こそ電子書籍元年」といった、ただの掛け声とは全く異なる。その最大の理由が、著者鈴木みそ自身が、電子書籍にいち早く対応した漫画家として一つのサクセスストーリーをすでに体現しているからなのである。

 

 

漫画家(もっといえば全てのジャンルの著者)にとって、電子書籍の何が革命的かといえば、そこから得られる印税。鈴木みそは、自身がAmazon Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)を利用した経験をもとに、この漫画『ナナのリテラシー』を書いているから、リアリティが圧倒的。Amazon から支払われる印税は35%から70%にも至るわけであり、従来の紙書籍・漫画の10%とは雲泥の差がある。

 

もっと具体的に言えば、紙書籍で350円の漫画を一冊売って得る印税(35円)と、Kindle電子書籍で100円の漫画を一冊売って得る印税(35円)が同じなのである(Kindle価格が100円の場合は印税35%のため)。そういう理由もあって、Kindle漫画では100円の価格設定がされている作品が多い。

 

印税が70%に跳ね上がるKindleセレクトの場合は、Kindle価格で250円以上と設定しなくてはならない。そのため、2,100円の紙書籍から得る印税(210円)と、300円のKindle電子書籍から得る印税(210円)が同じ、ということになる。これだけでもう、Kindleダイレクト・パブリッシングの破壊力は十分過ぎるほどに伝わるのではないだろうか。

 

漫画家・著者側の視点で考えれば、従来の紙漫画・書籍に比べて、3分の1から7分の1程度の購入者が確保できれば、電子書籍出版では同額の印税収入となるのである。だから、少々マニアックでもコアなファンを掴める漫画家は電子書籍にすごくフィットする。鈴木みそがそうであったように。

 

紙市場では採算が取れないと出版社側が判断したとしても、電子書籍市場では成り立つことは十分に可能だ。そしてまた値段が安いからこそ、熱心な漫画ファンではなかった僕みたいな消費者だって、ちょっと買ってみようかなという気にもなるのである。本漫画『ナナのリテラシー』は、そういう電子書籍の現代事情と裏事情が漫画家の視点から描かれる傑作。いま時代が大きく変わりつつあるのだということが、漫画家鈴木みその実体験を元に綴られる圧倒的なリアリティに僕はハマってしまい、次作第二巻を今か今かと待っているワケなのである。

 

限界集落(ギリギリ)温泉

そしてこの、『限界集落(ギリギリ)温泉』こそが、鈴木みそを電子漫画界の第一人者に押し上げた作品である。田舎の寂れた温泉街を舞台に、自意識過剰なアイドル崩れのコスプレイヤーと、その取り巻きとしてのゲームクリエイターや各種オタクたち、そして一発当てようという怪しげなプロデューサーが様々なイベントを仕掛けていく。という、どう紹介しても一般受けするような作品ではない(笑)。

 

そんな本作がなんと大当たりしてしまったのである。いやあ漫画って、ビジネスって、ほんと分からないね。とくに漫画家の観点で考えた時の本作のユニークさは、価格設定を相当考えて作りこんでいる点。第一巻は100円という設定で試読気分で読める。だから、ファンはもちろん、僕のように鈴木みそを知らない人にとっても、気軽に買えるのである。

 

続けて第二巻から最終第四巻までは、400円という価格設定。つまり、第一巻で試してもらって、気に入ったらもう少しお金出して最後まで読んでね、という仕掛けになっているのだ。で僕自身はといえば、第一巻で見事ハマってしまい、もちろん最終巻まで全巻買いましたよ!まさに作者の戦略通りですね(笑)

 

そして鈴木みそのユニークさは、こういう電子書籍出版の実体験を逐次公式ブログで報告してきたこと。第一巻購入者のうち第二巻購入者はぐっと少なくなるのだが、そこは想定通り。著者も驚いたのは、第二巻を購入した層のほとんどが、なんと最終第四巻まで連続して購入しているということ。

 

こういう実体験があるからこそ、価格設定において最初の敷居を低くし、内容に満足してもらえたら、それ以降ちょっぴり多額を出しても買い続けてくれる、という鈴木みそならではのリアルな電子書籍攻略法が生まれてくるわけである。で、そういう彼の学びをふんだんに盛り込んだのが、先の漫画『ナナのリテラシー』というわけだ。商売うまいな(笑)

 

というわけで、いま電子書籍が面白いというのはまさにその通りなのだが、僕はいよいよ電子漫画のアツさに触れてしまったのである。とくに、今回の鈴木みそのように漫画家のビジネスという側面から考えた時の電子書籍の破壊力というのは衝撃的だ。そして、今年はますます電子書籍が浸透するだろう。今までは読者側の視点で語られることが多かったこの市場が、鈴木みそのような創作者側のビジネスとしてより一層語られるのではないだろうか。小説やノンフィクションや学術書といった分野においても、新たなサクセスストーリーが生まれる、そんな期待が高まっている。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

大ヒット漫画『キングダム』の人気の秘密|作者・原泰久の研究者気質とサラリーマン哲学

現代における大人気漫画の最高峰『キングダム』を読んでいますか?単行本の累計発行部数は2600万部を突

記事を読む

Kindle版が無料だったので、ものすごく今更だが漫画『島耕作』シリーズを読んでみた

最も有名なサラリーマン漫画といってもいいだろう『島耕作』シリーズ。僕自身はまったく読んだことなかった

記事を読む

Kindleコミック:おすすめ無料・格安漫画の探し方

「電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか」にも詳しく書いたように、この一

記事を読む

おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014年のマンガ大賞受賞作

2008年に始まったマンガ大賞。ご存知でしょうか?過去には錚々たる作品がノミネートされ受賞しているこ

記事を読む

大注目コミック『僕だけがいない街』待望の最新巻発売とアニメ化決定

現在連載中のコミックの中では、個人的には『進撃の巨人』等よりもずっとハマっているのが三部けい『僕だけ

記事を読む

中央アジアとシルクロードを舞台にしたおすすめの漫画『乙嫁語り』の細かい描写が素晴らしい

ついに出ましたね、『乙嫁語り』最新第8巻。今回はパリヤさんの結婚物語。いやぁ今回も楽しく読ませて頂い

記事を読む

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

若き冒険家のアメリカ|植村直己『青春を山に賭けて』

NHK-BS で放送されている「ザ・プロファイラー|夢と野望の人生」をご覧になっているだろうか?以前

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1東村アキコ編

NHKでこの秋放送されていた「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっただろうか?これがものすごく面白

記事を読む

【おすすめコミック】賭博と心理の傑作『カイジ』のスピンオフ漫画『中間管理録トネガワ』が最高すぎる

ギャンブル漫画としてのみならず、その心理戦の描写が実に素晴らしいご存知『カイジ』。このシリーズに敵役

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑