*

ヒマラヤの山麓、ブータンの春、そしてツェチュ祭:世界で一番美しい瞬間

公開日: : 最終更新日:2014/06/09 海外

NHK-BSの番組「世界で一番美しい瞬間(とき)」。先日特集されたのが「満月の夜 祈りのとき ブータン・パロ」だった。この番組を通して、ブータンの実に美しい景色と祭りをご覧になった方も多かったのではないだろうか。

ヒマラヤの桃源郷と言われる仏教王国ブータン。第2の都市パロでは、春の訪れを祝いツェチュ祭が行われる。人々が心待ちにするのは、開祖・グルリンポチェが描かれた巨大仏画「トンドル」ご開帳の瞬間。トンドルを目にすると、人はこころに光がさしたような感動を抱くのだという。祈りと共に生きる人々。国の発展と伝統文化を守ることのはざまでゆれる教師の卵。母となったばかりの人気女優。人々の心の中の一番美しい瞬間を探す旅

 

僕がブータンを訪れたのが今年3月のこと。それはつまり、残念ながらこのツェチュ祭にはまだちょっぴり早い時期であったのである。

  1. ちょっとブータンまで行ってきた。
  2. ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き
  3. 西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ
  4. ブータン仏教の聖地・タクツァン僧院に行ってきた

 

 

しかし、僕が訪れた当時、この最大の祭りを一ヶ月後に控えた寺院の多くでは、僧侶たちが準備に勤しみ踊りの練習に励んでいる風景を数多く見かけた。その本番がこれなのかと、NHKの番組を見ながら僕は思わず溜息をついた。その余りにも美しい様に対して。

 

medium_3434992592photo credit: Bhutan-360 via photopin cc

 

medium_3989514355photo credit: Bhutan-360 via photopin cc

 

medium_3989521383photo credit: Bhutan-360 via photopin cc

 

medium_8535422735photo credit: 10b travelling via photopin cc

 

祭りの時期のブータンは観光のハイシーズンとなるため、世界中から観光客が押し寄せる。といってもブータンの国自体が人口約70万人の小国なので、年間観光客数も15万人程度なのだが。ただ、外国人向けのホテルなどはまだまだ数が少なく整備が進んでいないため、祭りの時期にはホテルやガイド等も大幅に値上げされるということだ。

 

でも、こんなに美しい映像をNHKに見せつけられてしまったら、こりゃあもう一度行きたくなるではないか。それくらいブータンというのは、その国固有の伝統文化に溢れ、訪れる者を常に異世界へと誘う、とんでもない魅力に溢れた場所なのである。ぜひ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Druk Airline

ちょっとブータンまで行ってきた。

久しぶりの更新となってしまったが、先日までブータンに行っていたのである。中国とインドに挟まれた人口約

記事を読む

central-asia-field

おすすめ漫画『乙嫁語り』最新巻と中央アジアの遊牧民たち

漫画『乙嫁語り』の最新第7巻が登場!これは以前に「おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014

記事を読む

IMG_1564

中央アジア訪問記:天然資源に恵まれた大国カザフスタン

先日の安倍首相の訪問に続いて、米国ケリー国務長官も同地域を訪れるなど、「中央アジアで新たなパワーゲー

記事を読む

credit: Damiano Cecchelin via FindCC

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

IMG_1745

中央アジア訪問記:遊牧民の末裔キルギス

先日の安倍首相の中央アジア歴訪に続き、今度は米国ケリー国務長官が中央アジア五か国を訪問している(NH

記事を読む

IMG_0597

ブータン仏教の聖地・タクツァン僧院に行ってきた

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

8469196557_c31f9eb9e4_z

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2016年版

さて今年もこのシーズンがやってきましたね。ニューヨーク・タイムズ紙が発表する「今年絶対に行きたい世界

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

photo credit: marcoderksen via photopin cc

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

IMG_1909

中央アジア訪問記:シルクロードの要衝ウズベキスタン

報道の通り、先週から安倍首相がモンゴルおよび中央アジア5ヶ国を訪問している(NHKニュース)。しかし

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

6550520_64aeb7bd3c
英語をイメージと塊で捉える『英会話イメージリンク習得法』

先日放送されたテレビ番組「情熱大陸」の主役は、通訳者・橋本美穂。ピコ太

PAGE TOP ↑