*

ヒマラヤの山麓、ブータンの春、そしてツェチュ祭:世界で一番美しい瞬間

公開日: : 最終更新日:2014/06/09 海外

NHK-BSの番組「世界で一番美しい瞬間(とき)」。先日特集されたのが「満月の夜 祈りのとき ブータン・パロ」だった。この番組を通して、ブータンの実に美しい景色と祭りをご覧になった方も多かったのではないだろうか。

ヒマラヤの桃源郷と言われる仏教王国ブータン。第2の都市パロでは、春の訪れを祝いツェチュ祭が行われる。人々が心待ちにするのは、開祖・グルリンポチェが描かれた巨大仏画「トンドル」ご開帳の瞬間。トンドルを目にすると、人はこころに光がさしたような感動を抱くのだという。祈りと共に生きる人々。国の発展と伝統文化を守ることのはざまでゆれる教師の卵。母となったばかりの人気女優。人々の心の中の一番美しい瞬間を探す旅

 

僕がブータンを訪れたのが今年3月のこと。それはつまり、残念ながらこのツェチュ祭にはまだちょっぴり早い時期であったのである。

  1. ちょっとブータンまで行ってきた。
  2. ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き
  3. 西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ
  4. ブータン仏教の聖地・タクツァン僧院に行ってきた

 

 

しかし、僕が訪れた当時、この最大の祭りを一ヶ月後に控えた寺院の多くでは、僧侶たちが準備に勤しみ踊りの練習に励んでいる風景を数多く見かけた。その本番がこれなのかと、NHKの番組を見ながら僕は思わず溜息をついた。その余りにも美しい様に対して。

 

medium_3434992592photo credit: Bhutan-360 via photopin cc

 

medium_3989514355photo credit: Bhutan-360 via photopin cc

 

medium_3989521383photo credit: Bhutan-360 via photopin cc

 

medium_8535422735photo credit: 10b travelling via photopin cc

 

祭りの時期のブータンは観光のハイシーズンとなるため、世界中から観光客が押し寄せる。といってもブータンの国自体が人口約70万人の小国なので、年間観光客数も15万人程度なのだが。ただ、外国人向けのホテルなどはまだまだ数が少なく整備が進んでいないため、祭りの時期にはホテルやガイド等も大幅に値上げされるということだ。

 

でも、こんなに美しい映像をNHKに見せつけられてしまったら、こりゃあもう一度行きたくなるではないか。それくらいブータンというのは、その国固有の伝統文化に溢れ、訪れる者を常に異世界へと誘う、とんでもない魅力に溢れた場所なのである。ぜひ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

中央アジア訪問記:遊牧民の末裔キルギス

先日の安倍首相の中央アジア歴訪に続き、今度は米国ケリー国務長官が中央アジア五か国を訪問している(NH

記事を読む

中央アジア訪問記:シルクロードの要衝ウズベキスタン

報道の通り、先週から安倍首相がモンゴルおよび中央アジア5ヶ国を訪問している(NHKニュース)。しかし

記事を読む

おすすめ漫画『乙嫁語り』最新巻と中央アジアの遊牧民たち

漫画『乙嫁語り』の最新第7巻が登場!これは以前に「おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014

記事を読む

中央アジア訪問記:天然資源に恵まれた大国カザフスタン

先日の安倍首相の訪問に続いて、米国ケリー国務長官も同地域を訪れるなど、「中央アジアで新たなパワーゲー

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2016年版

さて今年もこのシーズンがやってきましたね。ニューヨーク・タイムズ紙が発表する「今年絶対に行きたい世界

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き

というわけで「ちょっとブータンまで行ってきた。」の続き。ブータンは王国であり、現在は若き国王と王妃が

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、2021年版「愛すべき世界の52か所」

ニューヨーク・タイムズ紙による、年始の恒例特集 "52 Places to Go" だが、コロナ禍に

記事を読む

海外で研究者になる|知られざる就職活動その舞台裏

日本人が数多く海外留学していることに比べると、海外で就職する例はまだまだ少ないと言えるだろう。とくに

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き水中考古学者の海底探検記|ガラクタから宝物そして遺跡新発見

「水中考古学」なる学問分野をご存知だろうか? もちろん考古学なら知って

真理探究に命を懸けて|科学と宗教を描いた異色漫画ついに完結

これまで何度もイチオシしてきたこの漫画『チ。―地球の運動について―』が

科研費獲得の方法とコツ|戦略的な申請書執筆ノウハウ

さて、今年もまた科研費の応募締切が近づいてきた。採択された場合に翌年4

映画『マイスモールランド』とクルド難民の現在地

現在上映中の映画『マイスモールランド』をご存知だろうか? これはもとも

NHKの異色数学番組『笑わない数学』第2回は「無限」の魅力と魔力に迫る

さて、初回が放送されたばかりのNHK『笑わない数学』、ご覧になりました

NHKの異色エンタメ『笑わない数学』が歴史的超難問を大真面目に解説する

NHKには『レギュラー番組への道』という大変とがった企画を集めた番組が

【Kindle特大セール】7月の月替わりセール注目の統計データ分析3冊

Amazonは今月は年に一度の最重要イベント「プライムセール」を実施す

連邦最高裁判事9人が形づくるアメリカの歴史

下の写真がアメリカ連邦最高裁判所だ。各種ニュース等での報道の通り、今回

PAGE TOP ↑