*

マイクロソフト製ワイヤレス・キーボード Sculpt Ergonomic がスゴイ:手首が疲れないおすすめのデザイン

公開日: : 最終更新日:2014/12/12 オススメ

前回「ScanSnapがスゴイ」で書いたように、僕が最近購入した研究室アイテムのうち、ベストは富士通のスキャナ「ScanSnap(スキャンスナップ)」である。これはもう間違いない。もっと早く買っておけばよかった、と思える逸品だ。

 

しかしながら、それに勝るとも劣らないアイテムがこちら、マイクロソフトのワイヤレス・キーボード Sculpt Ergonomic である(メーカー公式サイト)。その使い心地の素晴らしさと同時に、マイクロソフト社が製造していることに二度驚いた。マイクロソフトはもうキーボード専業メーカーになった方がユーザに支持されるんじゃなかろうか、と思ってしまったほどである(笑)

 

さて、そんな Sculpt Ergonomicは、以下のような特徴的なデザインをしている。最初に目を引くのが、左右のキーボードが割れるように配置されていることだろう。だが、このデザインの使いやすさに慣れてしまうと、これがいかに手首と腕に自然にフィットしているのかが分かる。それが顕著に現れるのが、ノートPCを利用するときだ。今まで何の疑問も持たずに使っていた従来のキーボードだが、一旦エルゴノミクス・デザインに慣れると、従来のデザインがいかに不自然に手首を固定していたか、それゆえいかにタイピングしていて疲れるのかが比較すると明らかなのである。

2014-07-18 16.00.24

 

 

そんなエルゴノミクスデザインを横から見た写真が以下のもの。全体が滑らかな曲線を描いていること、そして前面に向かって緩やかな下りを描いていることがよく分かるだろう。これが手首に疲れを残さないデザインなのだ。それからもう一点見逃せないのが、このパームレスト。クッション性がある素材がじつに手首に優しくフィットする。汗がたまることもなく、従来のプラスチック製に比べて大幅な性能アップとなっている。

2014-07-18 16.00.54

 

 

最後にこのマウスがまた特徴的なのだ。通常よく見るマウスよりも背が高く、全体が球状に近い形をしている。親指を置く位置が深く窪んでいるのも目を引くだろう。これもやはり手首全体で自然にマウスを包み込むようにデザインされた結果実現したものなのだ。キーボードと同様に、これも一旦この形に慣れてしまうと、もう従来のものには戻れない、それくらい素晴らしい使い心地なのである。

2014-07-18 16.02.10

 

 

本製品を使う前、家電量販店に置いてあるキーボードをそれこそ端から端まで触って試打して使い比べてみたのだが、はっきり言ってこの製品がずば抜けて素晴らしかった。文句なしで選んだアイテムである。実際に使い始めてからは慣れるまでに少しの時間がかかったのだが、一方で予想以上に早く慣れるものだなというのが実感である。

 

PC作業が多く、キーボードを叩く時間が長い人にとっては、いかに手首に疲れを残さないかというのは、仕事の生産性を高める上で考え続けなくてはならない課題である。その答えの一つとして、手首が疲れにくいデザインのキーボードというものがあり、数ある製品の中でのベストとして僕が個人的に選んだのが、このマイクロソフト社製の Sculpt Ergonomic だったのだ。こういうのはまさに百聞は一見にしかず、というか一打にしかず、というものだと思う。ぜひ実際に触って試し打ちしてみてはどうだろうか。これまでのキーボードには、もう戻れなくなりますよ。

 

 


Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

新潟県内最大級のイベント「新潟淡麗にいがた酒の陣」本日開幕

北陸新幹線の開業に沸く本日3月14日。新潟で今年もいよいよ始まりましたよ、酒の陣!これは10万人以上

記事を読む

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニス準々決勝|対ジョコビッチ戦の敗戦をデータで振り返る

先日「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織と大坂|データで観戦する全米オープンテニス

現在熱戦が繰り広げられている今年の全米オープンテニス、錦織圭と大坂なおみのそれぞれベスト8進出をかけ

記事を読む

科研費に採択されたら使いたい、研究と事務を効率化するクラウドサービスおすすめ2選

研究者にとって4月は特別な季節。それはもちろん日本のほとんどの大学で新しい学年が始まるから、だけでは

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2017年版

毎年恒例のイベントといってもよいだろう、それがこのニューヨークタイムズ紙が選ぶ「今年絶対に行きたい世

記事を読む

生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう

さて先日から東京都美術館で始まった「若冲展」。生誕300年を記念した大回顧展ということもあって、NH

記事を読む

もちろんご存知ですよね?ついに開幕、第四回OKB48選抜総選挙。センター推しは、三菱鉛筆ユニボール・シグノだ!

いよいよ第四回目となった「OKB48選抜総選挙」、熱い闘いが今年も始まった。もちろんOKBとは「お気

記事を読む

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピーク・シーズンである。だからこ

記事を読む

起業家視点の戦略的ボードゲーム「カタンの開拓者たち」|世界的ベストセラーがシリコンバレーで盛り上がる

今年の冬休みこそボードゲームを楽しもう ことしもまた冬休みが近づいてきた。クリスマスや正月休暇を、

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

【Kindle日替わりセール】工学部助教授にしてベストセラー作家・森博嗣の『作家の収支』|論文執筆スキルを応用してミステリを量産する

先日は多数の電子書籍が期間限定で大幅値下げされており、僕自身も随分と買

【Kindleセール】おすすめ英語テキスト3冊が大幅値引きキャンペーン

Amazon のキャンペーン「冬のKindle本セール」から、大幅に値

【Kindleセール】おすすめ経済学書3冊が半額以下のキャンペーン

現在開催されている「冬のKindle本セール」から、おすすめの経済学書

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

PAGE TOP ↑