*

マイクロソフト製ワイヤレス・キーボード Sculpt Ergonomic がスゴイ:手首が疲れないおすすめのデザイン

公開日: : 最終更新日:2014/12/12 オススメ

前回「ScanSnapがスゴイ」で書いたように、僕が最近購入した研究室アイテムのうち、ベストは富士通のスキャナ「ScanSnap(スキャンスナップ)」である。これはもう間違いない。もっと早く買っておけばよかった、と思える逸品だ。

 

しかしながら、それに勝るとも劣らないアイテムがこちら、マイクロソフトのワイヤレス・キーボード Sculpt Ergonomic である(メーカー公式サイト)。その使い心地の素晴らしさと同時に、マイクロソフト社が製造していることに二度驚いた。マイクロソフトはもうキーボード専業メーカーになった方がユーザに支持されるんじゃなかろうか、と思ってしまったほどである(笑)

 

さて、そんな Sculpt Ergonomicは、以下のような特徴的なデザインをしている。最初に目を引くのが、左右のキーボードが割れるように配置されていることだろう。だが、このデザインの使いやすさに慣れてしまうと、これがいかに手首と腕に自然にフィットしているのかが分かる。それが顕著に現れるのが、ノートPCを利用するときだ。今まで何の疑問も持たずに使っていた従来のキーボードだが、一旦エルゴノミクス・デザインに慣れると、従来のデザインがいかに不自然に手首を固定していたか、それゆえいかにタイピングしていて疲れるのかが比較すると明らかなのである。

2014-07-18 16.00.24

 

 

そんなエルゴノミクスデザインを横から見た写真が以下のもの。全体が滑らかな曲線を描いていること、そして前面に向かって緩やかな下りを描いていることがよく分かるだろう。これが手首に疲れを残さないデザインなのだ。それからもう一点見逃せないのが、このパームレスト。クッション性がある素材がじつに手首に優しくフィットする。汗がたまることもなく、従来のプラスチック製に比べて大幅な性能アップとなっている。

2014-07-18 16.00.54

 

 

最後にこのマウスがまた特徴的なのだ。通常よく見るマウスよりも背が高く、全体が球状に近い形をしている。親指を置く位置が深く窪んでいるのも目を引くだろう。これもやはり手首全体で自然にマウスを包み込むようにデザインされた結果実現したものなのだ。キーボードと同様に、これも一旦この形に慣れてしまうと、もう従来のものには戻れない、それくらい素晴らしい使い心地なのである。

2014-07-18 16.02.10

 

 

本製品を使う前、家電量販店に置いてあるキーボードをそれこそ端から端まで触って試打して使い比べてみたのだが、はっきり言ってこの製品がずば抜けて素晴らしかった。文句なしで選んだアイテムである。実際に使い始めてからは慣れるまでに少しの時間がかかったのだが、一方で予想以上に早く慣れるものだなというのが実感である。

 

PC作業が多く、キーボードを叩く時間が長い人にとっては、いかに手首に疲れを残さないかというのは、仕事の生産性を高める上で考え続けなくてはならない課題である。その答えの一つとして、手首が疲れにくいデザインのキーボードというものがあり、数ある製品の中でのベストとして僕が個人的に選んだのが、このマイクロソフト社製の Sculpt Ergonomic だったのだ。こういうのはまさに百聞は一見にしかず、というか一打にしかず、というものだと思う。ぜひ実際に触って試し打ちしてみてはどうだろうか。これまでのキーボードには、もう戻れなくなりますよ。

 

 


Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

okb48-2014

もちろんご存知ですよね?ついに開幕、第四回OKB48選抜総選挙。センター推しは、三菱鉛筆ユニボール・シグノだ!

いよいよ第四回目となった「OKB48選抜総選挙」、熱い闘いが今年も始まった。もちろんOKBとは「お気

記事を読む

spring-sale-anker

おすすめPC・スマホ周辺機器|Anker製品のクオリティが圧倒的に素晴らしい

Amazon の「春のタイムセール祭り」、いよいよ本日が最終日。  

記事を読む

2014-10-03 18.34.48

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味

記事を読む

amazon-kaitori

Amazon買取サービスが面白い|古本業者にとっての新たな脅威

この秋の大きな話題の一つとして、動画配信サービスを各社が一斉に開始したことが挙げられるだろう。各種報

記事を読む

photo credit: marcoderksen via photopin cc

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

jakuchu-2016-1

生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう

さて先日から東京都美術館で始まった「若冲展」。生誕300年を記念した大回顧展ということもあって、NH

記事を読む

wowow-shizumanu

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読

記事を読む

aooni

クラフトビール業界ナンバーワン・ヤッホーブルーイング自慢のIPA「インドの青鬼」の苦みが最高に旨い

今年もまたビールが旨い季節がやって来た。もちろん、クラフトビール飲んでますよね?数年前から盛り上がり

記事を読む

us-open-2016-wowow

錦織圭の全米オープンテニスをデータ生中継で応援しよう|初のグランドスラム優勝を目指して

全米オープンテニスに出場している錦織圭が見事に4回戦を突破し、2年ぶりのベスト8進出を決めた。ビッグ

記事を読む

8469196557_c31f9eb9e4_z

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2016年版

さて今年もこのシーズンがやってきましたね。ニューヨーク・タイムズ紙が発表する「今年絶対に行きたい世界

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑