*

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2017年版

公開日: : 最終更新日:2017/07/03 オススメ

毎年恒例のイベントといってもよいだろう、それがこのニューヨークタイムズ紙が選ぶ「今年絶対に行きたい世界52ヶ所」。“52 Places to Go in 2017” で掲載されている実に美しい写真や動画を確認して欲しいところだが、以下では簡単に今年の注目場所をピックアックしてみよう。

 

今年のランキング第1位に輝いたのが、カナダである。やはりアウトドア派にとっては、これほど冒険しがいのある国もなかなかないのであろう。自然豊かで綺麗な街並み。僕自身アメリカに留学していた時には隣国ということもあり、何度も訪れる機会のあった国だ。そのアメリカが今、次第に外国人にとって暮らしにくい環境となっている中、カナダへの移住や留学を考える人も増えている。これまでアメリカの陰に隠れて地味だったこのカナダという国だが、移民受け入れに積極的なその姿勢が、隣国の超大国アメリカの現在と極めて対照的であり、だからこそカナダの国策がいま大いに注目されている。

 

 

canada-1751464_640

 

 

 

第6位にランクインしたのはドゥブロヴニク(クロアチア)。残念ながら僕はまだ行ったことがないのだが、世界中から観光客を集める人気の世界遺産都市。日本人にとってはとくに、ジブリ映画「魔女の宅急便」のモデルともなった街であるという点が、憧れの場所ともなっている理由だろう。いつか絶対に行ってみたいね。

 

 

 

 

11位にはマラケシュ(モロッコ)が登場。僕もずっと行ってみたいと思っているモロッコだが、なかなか行く機会を見つけられない。しかしここモロッコも、長い歴史と独特の文化があり、それが多数の世界遺産を生んでいる背景にある。世界の多くの都市や国々がどんどんと均質化に向かう中にあって、モロッコという国の独自の特異性は多くの旅行者をひきつける。マラケシュの町が、われわれがイメージするものから変容してしまう前に、見ておかねばならないのかも知れない。

 

 

taj-mahal-366_640

 

 

 

15位には日本の大阪がリストアップされている。訪日外国人数の急増が日々ニュースとなる中、いまやリピーターの外国人の獲得競争が起こっている。北海道ニセコや新潟妙高はスキー客を集める一方で、都市観光とグルメで人気なのがこの大阪なのである。あのコテコテ感は大阪ならではあり、東京やシンガポールやバンコクでは味わえないものだ。実際に本学の留学生の多くも、大阪が大好き。東京に比べて経済の地盤沈下が著しい大阪・関西圏だが、外国人の注目はものすごく高く、そこに今後の可能性を見ているのではないだろうか。

 

lantern-1736702_640

 

 

 

19位にはマダガスカル。いやあ行ったことない場所ばかり並んで、ニューヨークタイムズのこのリストを眺めているだけで、とても旅行したい気分になる。日本人にとって、ガーナと言えばチョコレート、ブルガリアと言えばヨーグルト、と同じくらいに、マダガスカルといえばアイアイ、というのが第一印象だろう。それしかないというのが問題なのだ。それ以上のマダガスカルを見に、今年ははるばるこの島を訪れてみないか?

 

 

sea-1027999_640

 

 

 

26位にカザフスタン。ようやく僕も訪れたことがある場所が登場した。「中央アジア訪問記:天然資源に恵まれた大国カザフスタン」にも書いたように、僕は昨年、中央アジアのこの大国を訪れる機会があった。旧ソビエト連邦に属し、独立後は大統領の強力なリーダーシップのもと、豊富な天然資源を背景に急速な経済成長と遂げてきた。ふるくはシルクロードの交易路として栄えたこの地域が、いまどれだけ変貌したのか、ぜひそれを見にこの国を訪れてみて欲しい。

 

 

almaty-91219_640

 

 

 

49位に米国オレゴン州のポートランド。いまやアメリカで住みたい都市ナンバーワンにも挙げられるこの街は、環境都市としても知られる。ごみの分別とリサイクル、自転車レーンの整備、そして地産地消とオーガニックレストランの数々。そしてここはまたアメリカのクラフトビール革命の中心地でもあるのだ。以前に「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」でも紹介したように、ここで火が付いたこの革命が、いま日本のビール市場に波及しているのである。美味いクラフトビールをぐびりと飲みに、この本場の街へ行ってみないか?

 

 

portland-841428_640

 

 

 

52位に琉球諸島。ずいぶんと前に行ったきりの沖縄。今年の夏くらいはまた行ってみたいと思うよね。青い海と青い空。海外まで行かなくても、沖縄にはそれだけ美しい自然がある。そしてもちろん伝統文化と郷土料理も。価格競争が激しくいまや極めて安価で行ける海外リゾートよりも、沖縄でしっとりとした休日を過ごすこともまた大きな贅沢と言えるだろう。ぜひもう一度行ってみようじゃないか。

 

okinawa-723246_640

 

 

 

というように、毎年毎年ニューヨークタイムズ紙のこの特集を読むたびに、もう一度どこかへ旅してみてくなる。そんな旅情をかきたてる名物特集の本年度版がこの“52 Places to Go in 2017” だ。ぜひお楽しみください。また海外ホテル予約なら、世界最大の旅行予約サイトExpediaか、10泊するたびに1泊無料となるHotels.comがお得でおすすめです。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

nishikori

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

photo credit: djwtwo via photopin cc

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

wowow-1606-sai

Amazonプライムを利用して話題のWOWOW「連続ドラマW」を見る|無料キャンペーン実施中

いまWOWOWドラマが面白い 圧倒的に質が高い大人のための本格作品 これまで何度も紹介してきたよ

記事を読む

power-support-iphone6

iPhone 6 ケースとして超おすすめできる、パワーサポート製エアージャケット

先日、iPhone 5 から iPhone 6 に乗り換えた。最初はサイズが大き過ぎるのではないかと

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

freelancer-process-2

英語論文校正・校閲おすすめサービスの使い方: 世界最大のクラウドソーシング Freelancer.com が早くて安い

クラウドソーシングで英語論文を校正する 過去5回にわたって、英語アカデミック・ライティングのおすす

記事を読む

amazon-kaitori

Amazon買取サービスが面白い|古本業者にとっての新たな脅威

この秋の大きな話題の一つとして、動画配信サービスを各社が一斉に開始したことが挙げられるだろう。各種報

記事を読む

amazon_student_service

大学入学おめでとう|Amazon Student 大学別会員数ランキングと春のキャンペーン

新入学生におすすめの Amazon Student プログラム 今春大学に入学した皆様、おめでとう

記事を読む

sandberg-barnard

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの5月は卒業式のシーズン。そして米国大学の卒業式と言えば、著名人によるスピーチ(Commen

記事を読む

wowow-tennis-australia-2017

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭のテニスをデータ観戦しよう

さあ、いよいよ注目の一戦が始まるぞ。2017年の全豪オープンテニス4回戦で、錦織圭がロジャー・フェデ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑