*

Evernote と連携した富士通 ScanSnap(スキャンスナップ)がスゴイ:保存すべき紙資料が激減した

公開日: : 最終更新日:2014/12/12 オススメ

昨年着任して以来、少しずつ研究室の設備を充実させてきたのだが、その中でのベスト・アイテムが、最近購入したこちらの 富士通ScanSnap(スキャンスナップ)というスキャナだ(富士通公式サイト)。友人にオススメされて購入したものだが、これが予想以上にスゴかった。大ヒット商品らしいのでご存知の方も多いだろうが、これがもうめちゃくちゃ便利なのである。

 

まずは本体だが、サイズは意外と小さく、オフィスデスクの上に置いても困らない。スキャナというのはその場ですぐに使いたいものだから、コンパクトなサイズというのは実はとても助かる、重要なポイントだと思う。

2014-07-18 15.58.13

 

 

書類を載せるとこんな感じ。A4用紙50枚までOK。そして一番肝心のスキャン速度は、スペック上では両面用紙で毎分25枚(50面)ということだが、もちろん測ったことなどないからよく分からない(笑)。ただし、何度も使ってみて思うが、体感スピードとしては「ものすごく早い」である。遅くてイライラすることが全くない、という点で十分過ぎる実用スピードだと思う。

 

2014-07-18 15.59.08

 

 

そして、このスキャンスナップならではの機能が、Evernote との連携である。数あるスキャナの中からこのアイテムを選ぶ理由のすべてが、ここにあるといっても過言ではない。『Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド』のようなガイドブックでも紹介されているが、今やEvernote は様々な仕事で必要不可欠のツールとなっている。

 

僕自身もEvernote を使うようになってもうしばらく経つが、Evernote が仕事で不可欠のツールになればなるほどに、Evernote との連携が重要になってくるのである。このスキャンスナップの素晴らしさは、スキャンした紙資料がPDF化され、そのPDFファイルが自動的にEvernote に転送される、という点にある。ボタン1つ押すだけで、それが可能となったこと、しかもそのスピードが想像していたよりもずっと速かったこと、それがこのアイテムが現在の僕の研究室で、最も活躍している理由である。

 

さらには、PDF化された文字は検索可能なものなので、後からいくらでもキーワード検索することができる。だから、紙でもらった資料をとりあえずスキャンスナップ→Evernote と放り込んでおけば、気になったタイミングで後々簡単に取り出すことができるのだ。

 

ペーパーレスが進んできたとはいえ、実生活の中ではまだまだ紙資料は多い。例えば各種会議で配布された資料などは、保存しておくべきものも多いため捨てられずに困るというのはよくあることだ。それらを綺麗にファイリングできる人はいいだろうが、そこまで整理に時間をかけられない人にとっては、このスキャンスナップは一度使ったら間違いなく手放せなくなる便利さを提供してくれる。そしてもっと言えば、書類整理等にかける時間を削り、本来の仕事の効率を上げるためにも、大いに役立つアイテムとなっているのである。オフィス仕事が多い人、紙資料が多い人に特におすすめの機器だと思う。

 


 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

新しい Kindle Paperwhite を4,000円オフのキャンペーン価格で買った|電子書籍専用リーダーはやっぱり快適

長いこと愛用してきた Kindle Paperwhite だが、ついに先月新製品が発売され、しかもそ

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニス準々決勝|対ジョコビッチ戦の敗戦をデータで振り返る

先日「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白

記事を読む

マイクロソフト製ワイヤレス・キーボード Sculpt Ergonomic がスゴイ:手首が疲れないおすすめのデザイン

前回「ScanSnapがスゴイ」で書いたように、僕が最近購入した研究室アイテムのうち、ベストは富士通

記事を読む

新潟県内最大級のイベント「新潟淡麗にいがた酒の陣」本日開幕

北陸新幹線の開業に沸く本日3月14日。新潟で今年もいよいよ始まりましたよ、酒の陣!これは10万人以上

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る全米オープンテニス

思わず早朝からWOWOWで生中継を見てしまった本日の全米オープンテニス。ついに錦織がやってくれて大興

記事を読む

この夏こそ、日本の美味いクラフトビールを飲もう!ヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」がいいぞ

「夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲んでみて」で紹介したように、アメリカのビール市場はこの

記事を読む

春の一大イベント・新潟淡麗「酒の陣」が今年も開幕|県内90の蔵元と500種類の日本酒が勢揃い

今週の土曜と日曜日の二日間は、いよいよ日本酒党が待ちに待った年に一度のお祭り「酒の陣」ですよ!200

記事を読む

大学入学おめでとう|Amazon Student 大学別会員数ランキングと春のキャンペーン

新入学生におすすめの Amazon Student プログラム 今春大学に入学した皆様、おめでとう

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑