*

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

公開日: : 最終更新日:2019/08/17 南魚沼・新潟

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、競争倍率激しい抽選をぶじに勝ち抜き、信濃川河川敷のマス席で見学してきました。毎年のように見ているけど、やはりこれがないと夏じゃない、そしてこれを観たらもう他の花火大会なんて見られないかもよ、くらいの大迫力花火の連続なのだ。

 

 

 

特に今年は、日程が金曜・土曜の二日間となったため、史上最高の人出となったそうだ。ちなみに、長岡のこの花火大会は、毎年8月2日・3日に開催されると決まっている。つまり、平日開催となることもしょっちゅうなのである。それはひとえに、この花火が、太平洋戦争における長岡大空襲(1945年8月1日夜)の慰霊・復興・そして平和を願うものだからである

 

来年は日曜と月曜の2日間の開催となるが、当然観客が多くなるのが日曜日だ。周辺ホテルの予約はすでに始まっており、すでに満室となっているところもある。予定を立てるならぜひお早めに、そしてぜひとも一度はこの長岡大花火をご堪能ください!

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もうご存知ですよね、新潟県燕三条地

記事を読む

好きなことだけを仕事にした、新潟県三条市の世界的アウトドアメーカー「スノーピーク」の経営

新潟県三条市に、あのアップルも見学に来る企業があるのをご存知だろうか?それがアウトドアブランドの「ス

記事を読む

裸の男衆がつくる厳寒の異空間|越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭に行ってきた

ご存じの方は皆無だと思うが、越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭という祭りがある。上半身裸の男衆が「サンヨ!」

記事を読む

カブトムシと祭りと日本の夏

ままま、マジですかっ!家の裏でカブトムシを発見しました!いやぁ、カブトムシってデパート以外にもちゃん

記事を読む

新潟県内地域図

越前・越中・越後と、上越・中越・下越

新潟県の面積はなかなかに大きいのだが、さて、日本の都道府県の面積を大きい順に5番目くらいまで正確に言

記事を読む

minami uonuma library 3

リニューアルオープンしたばかりの南魚沼市図書館に行ってきた

今月リニューアルオープンした南魚沼市図書館に、早速行ってきたぞ。六日町駅前に立地しているこの図書館。

記事を読む

今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!

3年に一度開催される国際芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレをご存知だろうか?この「大地の芸術祭」は

記事を読む

日本のクラフトビールは新潟がアツいんです。ご存じでした?

さて、昨日書いた「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」の続編。じつは日本のクラフトビールは

記事を読む

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、

記事を読む

定点観測して気づいたが、稲の成長速度がものすごく速い

さてご存じの通り、ここ南魚沼一帯はコシヒカリの一大産地である。というわけで、コメの作付けから稲刈りま

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

瀧本哲史『僕は君たちに武器を配りたい』

瀧本哲史『僕は君たちに武器を配りたい』は、2019年に亡くなった著者の

5月25日は「広辞苑の日」って知ってましたか?

「ことばは、自由だ。」というキャッチフレーズでも知られる、岩波書店の「

ノーベル経済学賞受賞者の著作が半額キャンペーン|おすすめの6冊

これはすごい、日本経済新聞社および日経BP社の書籍が、そろいもそろって

3大学で1か月オンライン授業して気づいた遠隔講義に必要な準備|おすすめのやり方と問題点

各大学でオンライン授業が始まる 日本でも新型コロナウイルスの感染拡大

そして誰もいなくなった東京|中野正貴の TOKYO NOBODY の世界

緊急事態宣言が発令され、そして街から人が消えた。以下の写真は新宿駅南口

科研費に採択された研究者に絶対おすすめのクラウドサービス2選

科研費採択おめでとう さて、いよいよ4月の新学期が始まった。多くの大

フェルメールになりすまし、ナチスをだました男|20世紀最大の贋作事件

4/7にNHK-BSプレミアムで再放送予定の「ダークサイドミステリー」

さらに充実した国語辞典を|中型の岩波『広辞苑』と三省堂『大辞林』が大幅改訂

さて、卒業・入学のシーズンがやってきた。そして、そんな季節の定番の贈り

PAGE TOP ↑