*

南魚沼の名門老舗旅館「龍言」と将棋タイトル王座戦

公開日: : 最終更新日:2014/02/24 南魚沼・新潟

軟派な諸兄には「南魚沼といえば美女旅」だが、硬派な諸氏には「南魚沼といえば将棋と龍言」と覚えて頂きたい。ひとつよろしく。というわけで、外は今日も雪ですが、いま南魚沼が静かにアツい、という将棋にまつわるエピソードを紹介したい。

 

これまで何度か書いてきたように、僕は棋士・羽生善治の著書を新刊が出るたびに読んできた。毎回読ませる内容なのはもちろんなのだが、読み続けてきて今感じるのは、年齢を重ねた羽生の勝負に対する構え方に円熟味が一層色濃く出てきたということ。

 

以前であれば凄味とか気迫といったものが前面に出ていたところ、いまはむしろ達観というか余裕というか、勝負に対して一歩引いて見ている、そんな姿勢を感じるのである。それは絶対に負けられない戦いで負けた苦い経験を持つ、サッカー岡田監督と相通づるものでもある。

 

japanese chessphoto credit: BlueAndWhiteArmy via photopin cc

 

それが最も顕著に現れているのは、羽生が著書の中で「負けること」について語るくだりだろう。どんなに将棋が上手くなり強くなり経験を重ねても、まだ負ける。どんなに振り返り勉強し改善を重ねても、まだまだ負ける。しかも、2008年の竜王戦では、渡辺竜王に3連勝した後の4連敗という、羽生の将棋人生はもちろんのこと、将棋の歴史においても滅多に見ることができない大大大逆転で敗北を喫した。

 

「この『三連敗四連勝』で私の棋士としての人生観にも変化が訪れたのであった。」と、羽生は著書『大局観』の中で赤裸々に語る。負けることについて思考を深めた結果、彼が辿り着いた結論は、「若い頃の勢いを取り戻そうと考えるより、現在、四十歳の自分ができることをやる方が、健全だと考えるようになった。」ということ。だからこそ、「今は経験を積んだ『大局観』でさまざまな角度からアプローチできるようにと思う。」という境地に至ったのだろう。

 

 

より新しい著書『捨てる力』の中では、負けることに対する姿勢をさらに一歩進めているようにも感じる。無数の棋譜を勉強し、次々に生み出される定石を覚え、その対抗策を練る、そういうストイックなまでの思考力と記憶力においては、成長著しい若手棋士には敵わない。それでは棋士としての老いとも戦っていかねばならない羽生は、こうした若手にどう立ち向かえばよいのか。

 

それが、羽生が『捨てる力』の中で述べる「忘れることは、次に進むための大事な境地」。負けられない一戦で負け、悔しくて夜も眠れなかったのは今や昔。一方でそれは、忘れたいことだけを忘れるというのとは一線を画する。羽生にとっての栄光の記録や起死回生の一手、そうした経験や知識さえも積極的に忘れていこう、そうでなければ次の時代に対応していけないという危機感が、いまの羽生を突き動かしている。「続けることこそが才能」と言い続ける彼にとって、忘れること・捨てることは、続けていくために絶対に必要なことなのである。

 

そんな羽生が昨年10月に王座戦第四局を戦ったのが、実はここ南魚沼にある名門老舗旅館の「龍言」なのである。毎年のように、将棋タイトル戦の対局場となっており、一昨年は渡辺竜王対丸山九段の竜王戦が開催されている。以下の写真をご覧いただければ分かる通り、まさに将棋タイトル戦の会場に相応しい風格漂う豪農の宿なのだ。

 

普段は宿泊客しか中に入れないが、年に何回か開催されるイベントでは入場可能。その他、将棋タイトル戦開催時には、プロ棋士を呼んだ昼食付きの解説が行われる。今年はその会に参加し、ぜひともライブでタイトルマッチを見守りたいと、僕は今から楽しみにしているのである。

 

2013-10-06 10.59.31_tn

2013-10-06 10.59.53_tn

2013-10-06 11.00.27_tn

2013-10-06 11.01.21_tn

2013-10-06 11.03.04_tn

2013-10-06 11.05.38_tn

2013-10-06 11.06.23_tn
 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

アートで生まれ変わった清津峡渓谷トンネル|越後妻有アート・トリエンナーレ「大地の芸術祭」の舞台へ

9月の連休を皮切りに、これから秋の行楽シーズンがはじまる。もちろん今年はコロナ禍でこれまでと同じよう

記事を読む

新潟県内地域図

越前・越中・越後と、上越・中越・下越

新潟県の面積はなかなかに大きいのだが、さて、日本の都道府県の面積を大きい順に5番目くらいまで正確に言

記事を読む

「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もうご存知ですよね、新潟県燕三条地

記事を読む

スノボ平野選手の出身地・新潟県村上市に行ってみたら鮭と酒の町だった

スノーボード男子ハーフパイプ、見事な技で銀メダルを獲得した平野歩夢選手。スノボでは日本人初のメダルに

記事を読む

南魚沼の「雪国まいたけ」が5年ぶりに再上場|その背景で創業者はなんとカナダで再挑戦

新潟県南魚沼に本社を構える企業でもっとも有名なのが、この「雪国まいたけ」ではないだろうか? みなさん

記事を読む

今年も地元南魚沼で開催の裸祭りに(服を着て)行ってきた

3月3日は雛祭り、というのはあまりにもガールズ目線過ぎる。男ならここはやはり年に一度の一大イベント「

記事を読む

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、

記事を読む

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦が本当にこの夏日本にやって来た

今年の夏は忙しかった。何に忙殺されていたかと言えば、それが実は「アメリカで最もお世話になったあの老夫

記事を読む

bijotabi winter hakkaisan

君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に

「国際大学(IUJ)の紹介:ロケーション」で書いたように、本学がキャンパスを構えるのが新潟県南魚沼市

記事を読む

裸の男衆がつくる厳寒の異空間|越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭に行ってきた

ご存じの方は皆無だと思うが、越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭という祭りがある。上半身裸の男衆が「サンヨ!」

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

将棋名人がAIに負けた日|人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

いま、将棋がめちゃくちゃ面白い。藤井聡太という若き天才プロ棋士が、長い

100年目の国勢調査|本日の締切おわすれなく

現在実施中の国勢調査は、5年に一度実施される最も重要な統計調査である。

いよいよ始まったNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」|人気漫画家の創作ドキュメンタリー

この秋大注目のテレビ番組がいくつかあるのだが、その最たるものがこのNH

日本人の9割が間違えちゃう英語表現と英語常識

以前にも紹介したキャサリン・A・クラフト著『日本人の9割が間違える英語

【Kindleセール】月替わりキャンペーンおすすめの7冊

さて2020年度も早くも上半期が過ぎ、下半期の10月がスタートした。そ

将棋王将戦・挑戦者決定リーグが超豪華メンバーでついに開幕

やばい、ヤバい、超やばい。というくらい大興奮なのが、ついに始まった第7

誰もいなくなった東京にそして人が戻り始めた|中野正貴が切り撮るTOKYOの空気

9/27土曜日のTBS「情熱大陸」をひさしぶりに観た。今回どうしてもこ

アメリカ連邦最高裁判事9人<ザ・ナイン>が歴史をつくる「この国のかたち」

米連邦最高裁判事ギンズバーグの死去とその後任選びで、目前に控える米国大

PAGE TOP ↑