*

将棋の子|奨励会年齢制限と脱サラ棋士のプロ編入という奇跡の実話

公開日: : 最終更新日:2018/09/26 オススメ書籍

映画『泣き虫しょったんの奇跡』が公開されている。まだ観ていないのだが、もちろんこの実話はとてつもなく驚異的であり、そして感動的であるのは、原作を読み終えて感じるところだ。

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

 

 

 

年齢制限により奨励会退会を余儀なくされた瀬川晶司は、サラリーマン生活を経て、そしてプロ棋士の道を一旦は諦めてから10年近くの時が経ち、特例としてアマからプロへの編入試験が認められ、そして見事合格した。これは長い将棋界の歴史に燦然と輝く稀有のサクセスストーリーである。瀬川本人が著した素晴らしい自伝なので、ぜひとも映画を観る前に、もしくは鑑賞後にも読んで頂きたい。

あきらめなければ、夢は必ずかなう!中学選抜選手権で優勝した男は、年齢制限のため26歳にしてプロ棋士の夢を断たれた。将棋と縁を切った彼は、いかにして絶望から這い上がり、将棋を再開したか。アマ名人戦優勝など活躍後、彼を支えた人たちと一緒に将棋界に起こした奇跡。生い立ちから決戦まで秘話満載。

 

 

 

さて、僕がこの本書を読んで改めて感じたのは、プロ棋士への登竜門となる奨励会を突破することの圧倒的な難しさである。以前に「奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門」でも書いたように、プロ棋士の養成所である奨励会では、全国から集まった天才将棋児童たちがしのぎを削る。しかし、タイムリミットである26歳までに四段に昇格できなければ自動的に退会が決まるという「鉄の掟」が存在するのだ。だから、10代の少年たちが年を重ね、20代も半ば近くになると、その年齢制限がまた一つ現実味を増したという意味で、誕生日を迎えるたびにまさに寿命が縮まるような思いをしながら、身も心も削っている場所、それが奨励会なのだ。

 

もちろん、プロ棋士になる条件としての四段昇格は極めて難関であり、だからこそ藤井聡太のように稀にみる天才少年の偉業に大きな注目が集まったのだ。つまり、多くの少年たちは、この奨励会三段リーグを突破できないままに26歳を迎え、そして夢破れてプロ棋士となる道から身を引くのである。しかし、青春のすべての時間を注いだ将棋をあきらめたら、その少年たちに一体何が残るというのか?プロ棋士になることしか考えていなかった彼らが、その道を断たれたいま、どのような人生を歩むのだろうか?そんな、夢破れた神童たちのその後を追ったのが、『泣き虫しょったんの奇跡』に解説を寄せた大崎善生による傑作ノンフィクション『将棋の子』である。

 

藤井聡太のような圧倒的な実力で奨励会を突破する者もいれば、瀬川晶司のように奨励会を去ったのちアマで結果を出し編入でプロになった者もいる。しかし、そうではないその他大勢に光が当たることは一切なく、だからこそ大崎が著したこの一冊は、この題材を選んだ視点の素晴らしさ、そして敗れた元少年たちへの温かい眼差しと相まって、じつに読み応えのある内容となっているのだ。こちらも合わせて読んで欲しい、イチオシの一冊としておすすめしたい。

青春のすべてを一手一局に!天才たちの夢と挫折の物語

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る”トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。第23回講談社ノンフィクション賞受賞作。

 

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

チェス界のモーツァルト、天才ボビー・フィッシャーの生涯が待望の文庫化

伝説的なチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯を記録した傑作ノンフィクション『完全なるチェス』

記事を読む

【Kindleセール】英語おすすめ書籍がぜんぶ半額キャンペーン

Amazon Kindle で現在実施中の【最大50%OFF】語学関連本キャンペーンが素晴らしい。な

記事を読む

shinkansen

なぜ日本の新幹線は世界最高なのか?定刻発車と参勤交代

"Why Japan's high-speed trains are so good" というEco

記事を読む

若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは言えなくとも、プチブームなのは

記事を読む

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作となったこの映画、もちろん僕も見に

記事を読む

辞書編纂者・飯間浩明の仕事の流儀プロフェッショナル

先日NHKで再放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」をご覧になっただろうか。「言葉の海で、心を編

記事を読む

数学者たちの異常な日常|世にも美しき最後の秘境

以前に「あたなの知らない、世にも美しき数学者たちの日常」でも紹介した、二宮敦人著『世にも美しき数学者

記事を読む

闘う頭脳|将棋棋士・羽生善治VSチェス棋士ガルリ・カスパロフ

今年3月にNHKーETV特集で放送された「激突!東西の天才 将棋名人羽生善治 伝説のチェスチャンピオ

記事を読む

Kindle電子書籍で手軽に読む、勝負師たちの闘う頭脳と揺れない心

Amazon Kindle で電子書籍を出版している数多くの出版社の中でも、KADOKAWA は最も

記事を読む

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。中学生になったら電車も大人運賃

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

英語辞書の決定版|オックスフォード現代英英辞典に最新第10版が登場

オックスフォード現代英英辞典の最新第10版が出版されたのでさっそく購入

南魚沼の「雪国まいたけ」が5年ぶりに再上場|その背景で創業者はなんとカナダで再挑戦

新潟県南魚沼に本社を構える企業でもっとも有名なのが、この「雪国まいたけ

敗れざる者たち|藤井聡太に失冠したトップ棋士たちの言葉

もちろん、もう読みましたよね?藤井聡太二冠を表紙にすえ、初めて将棋を特

【Kindleセール】英語おすすめ書籍がぜんぶ半額キャンペーン

Amazon Kindle で現在実施中の【最大50%OFF】語学関連

アートで生まれ変わった清津峡渓谷トンネル|越後妻有アート・トリエンナーレ「大地の芸術祭」の舞台へ

9月の連休を皮切りに、これから秋の行楽シーズンがはじまる。もちろん今年

【Kindleセール】数学のおすすめ名著が大幅値引きキャンペーン

Amazon Kindle のセールというと、毎日3冊の書籍がリストア

『将棋の渡辺くん』のヨメが書く名人の日常ノンフィクション漫画

将棋・渡辺明名人のオク様は漫画家である。僕は彼女がブログを書いていた頃

君はスポーツとしての将棋をみたか?藤井聡太とナンバー大特集

先日発売された総合スポーツ雑誌『Number』が大変な売れ行きとなって

PAGE TOP ↑