*

将棋の子|奨励会年齢制限と脱サラ棋士のプロ編入という奇跡の実話

公開日: : 最終更新日:2018/09/26 オススメ書籍

映画『泣き虫しょったんの奇跡』が公開されている。まだ観ていないのだが、もちろんこの実話はとてつもなく驚異的であり、そして感動的であるのは、原作を読み終えて感じるところだ。

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

 

 

 

年齢制限により奨励会退会を余儀なくされた瀬川晶司は、サラリーマン生活を経て、そしてプロ棋士の道を一旦は諦めてから10年近くの時が経ち、特例としてアマからプロへの編入試験が認められ、そして見事合格した。これは長い将棋界の歴史に燦然と輝く稀有のサクセスストーリーである。瀬川本人が著した素晴らしい自伝なので、ぜひとも映画を観る前に、もしくは鑑賞後にも読んで頂きたい。

あきらめなければ、夢は必ずかなう!中学選抜選手権で優勝した男は、年齢制限のため26歳にしてプロ棋士の夢を断たれた。将棋と縁を切った彼は、いかにして絶望から這い上がり、将棋を再開したか。アマ名人戦優勝など活躍後、彼を支えた人たちと一緒に将棋界に起こした奇跡。生い立ちから決戦まで秘話満載。

 

 

 

さて、僕がこの本書を読んで改めて感じたのは、プロ棋士への登竜門となる奨励会を突破することの圧倒的な難しさである。以前に「奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門」でも書いたように、プロ棋士の養成所である奨励会では、全国から集まった天才将棋児童たちがしのぎを削る。しかし、タイムリミットである26歳までに四段に昇格できなければ自動的に退会が決まるという「鉄の掟」が存在するのだ。だから、10代の少年たちが年を重ね、20代も半ば近くになると、その年齢制限がまた一つ現実味を増したという意味で、誕生日を迎えるたびにまさに寿命が縮まるような思いをしながら、身も心も削っている場所、それが奨励会なのだ。

 

もちろん、プロ棋士になる条件としての四段昇格は極めて難関であり、だからこそ藤井聡太のように稀にみる天才少年の偉業に大きな注目が集まったのだ。つまり、多くの少年たちは、この奨励会三段リーグを突破できないままに26歳を迎え、そして夢破れてプロ棋士となる道から身を引くのである。しかし、青春のすべての時間を注いだ将棋をあきらめたら、その少年たちに一体何が残るというのか?プロ棋士になることしか考えていなかった彼らが、その道を断たれたいま、どのような人生を歩むのだろうか?そんな、夢破れた神童たちのその後を追ったのが、『泣き虫しょったんの奇跡』に解説を寄せた大崎善生による傑作ノンフィクション『将棋の子』である。

 

藤井聡太のような圧倒的な実力で奨励会を突破する者もいれば、瀬川晶司のように奨励会を去ったのちアマで結果を出し編入でプロになった者もいる。しかし、そうではないその他大勢に光が当たることは一切なく、だからこそ大崎が著したこの一冊は、この題材を選んだ視点の素晴らしさ、そして敗れた元少年たちへの温かい眼差しと相まって、じつに読み応えのある内容となっているのだ。こちらも合わせて読んで欲しい、イチオシの一冊としておすすめしたい。

青春のすべてを一手一局に!天才たちの夢と挫折の物語

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る”トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。第23回講談社ノンフィクション賞受賞作。

 

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

shinkansen

なぜ日本の新幹線は世界最高なのか?定刻発車と参勤交代

"Why Japan's high-speed trains are so good" というEco

記事を読む

japanese dictionaries 1

赤瀬川原平『新解さんの謎』と『辞書になった男』:いま日本で最も売れている「新明解国語辞典」の誕生秘話

これまで何度か、各種おすすめ国語辞典のそれぞれの個性について書いてきたが、その中でも最も「個性的」な

記事を読む

【おすすめ書籍】ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす恋愛ビッグデータの残酷な現実

アメリカでベストセラーとなった一冊 "Dataclysm" がようやく翻訳出版された。これは人気出会

記事を読む

『科研費獲得の方法とコツ』は、科研費申請予定の研究者必携の一冊

研究者にとっての秋は、科学研究費助成事業(科研費)の締切が迫る時期でもある。今年は11月10日が最終

記事を読む

おすすめ新刊『できる研究者の論文作成メソッド』|書き上げるための実践ポイント

以前に「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」でもおススメしたように、ポー

記事を読む

shougi denou sen

永世竜王・渡辺明の『勝負心』は、羽生善治に対する尊敬と憧憬と畏怖

『知ってても偉くないUSA語録』と、『Born to Run~走るために生まれた』に続けて、現在のK

記事を読む

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は

記事を読む

組織を動かす実行力|結果を出す仕組みの作り方

新刊『実行力』を興味深く読んだ。本書は、ご存知橋下徹が、これまで大阪府知事として、そして大阪市長とし

記事を読む

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも書いたように、2017年の受賞

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

経済学と統計学のオススメ2冊が半額以下の注目セール

Kindle本日の日替わりセールに、山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学

クラウド会計「freee」が大型上場|確定申告と研究費管理に役立つ画期的サービス

先日は、クラウド会計サービスを手がける freee (フリー) が東証

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように

今年のM-1優勝はミルクボーイ|松本人志はじめ審査員の採点と評価コメントにこそ大注目

2019年、令和最初のお笑い王座を決める M-1グランプリは、決勝初出

数学者たちの異常な日常|世にも美しき最後の秘境

以前に「あたなの知らない、世にも美しき数学者たちの日常」でも紹介した、

ワールドカップ決勝へ|ラグビー名将エディー・ジョーンズの勝負哲学

ラグビー・ワールドカップが面白い。まったくもってニワカなんですが、ルー

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセ

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2019年版

今年もまた、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自然科学

PAGE TOP ↑