*

町山智浩の『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』と、ハズレのない現代米国社会批評シリーズ

公開日: : 最終更新日:2016/11/02 アメリカ, オススメ書籍

「教科書に載っていないし、知ってても全く偉くもないUSA語録」でも紹介したように、町山智浩のエッセイは大変に面白い。あまりにも読ませるものだから、最近の僕なぞは、本エッセイが連載されている「週刊文春」を見かけたら思わずこの部分だけ読んじゃうもんね。そんな週刊誌なんて今までぜんぜん読んだこともなかったというのに。町山のアメリカ社会を観察する視点はそれくらい鋭く可笑しいのである。イチオシです。

 

 

さて、この2冊で思わず町山ワールドにハマっちゃった、という人に次にお勧めしたいのがこの一冊『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』だ。

この本は15年間アメリカに暮らした私が「スゴい!」「カッコいい!」と感動したアメリカ女性たち55人について書いたエッセイ集です。ただ、ヒラリー・クリントンとかレディ・ガガとか、日本でも既によく知られている女性たちよりも、「もっと日本の女性にも知って欲しい」と思った女性たちを多めにしました。 また、最初から恵まれている人よりも、多くの障害を乗り越えた人を多く取り上げました。女性というだけでなく、人種、民族、貧困、身体障害、親によって絶望的に未来を阻まれたが、 逆にそれによって誰よりも強くなった人々です。

 

本書ではある程度は名の知られた女性から、それこそ全く無名の市井の一人まで、様々なバックグラウンドの女性たちが紹介されていく。「下ネタもいける、アメリカの黒柳徹子」とか「全盛期の勝間和代とみのもんたを足してパワーアップさせたような、ライフスタイルの教祖」といった、町山独特の形容が楽しめると同時に、「日系女性といえば礼儀正しくて大人しくて……というステレオタイプを徹底的に破壊したのが彼女のいちばんの功績」といった町山ならではの評価に思わずはっとする。その一つ一つが実に興味深いのだ。

 

町山が映画評論家だからこそ、テレビや映画関係者を数多く取り上げているのは確かだが、僕が「アンジェリーナ・ジョリーと乳がん予防とリスク観」で書いたこととは全く異なった見方を披露していたりと、大いに勉強になる。個人的にとくに興味を持って読んだのが、失業中の元教師が転じて名インタビュアーとなったテリー・グロース、大家も容赦なくぶった切る超辛口書評価ミチコ・カクタニ、未婚の母からハーバード出の政治家となったウェンディ・ディヴィス、小学校乱射事件を食い止めた帳簿係アントワネット・タフといった人たちの物語だ。

 

あぁアメリカらしいなと思う話から、あぁそんなアメリカもあるのかという驚きまで、様々な読み方ができる55人の人生譚だ。一つ一つのストーリーは短いが、そのどれもが味わい深い。Kindle書籍は今なら紙版の約半額とお値段も安く、ぜひこの機会にもう一度町山ワールドをご堪能あれ。

 

 

そして、さらに町山中毒になってしまった人たちには、ぜひその先まで爆進して欲しい。数々の町山作品の書名からも分かるように、町山のエッセイはどれもがアメリカ人の間抜けさを笑い、米国社会が含有する下品さを暴露し、それらの醜さをとことん指摘する。しかしそれは決して、日本がそして読者が賢く上品で美しいということでは全くない。そうではなく、気を緩めた瞬間や品のない話にこそ、その人や国の本性が如実に現れることを町山は知っており、それと同時に町山は、それを嗤っているお前こそが下品で下劣なんだよと読者に突きつけてくるのだ。そう、それこそが町山の狙いなのである。いや、知らないけどね。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

the-ball-488718_640

欧州サッカー「データ革命」|スポーツを科学する最前線ドイツからの現地レポート

先日書いた「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKER

記事を読む

shougi_old_board

いまこそ将棋がおもしろい|人工知能と不屈の棋士

先月出版されたばかりの『不屈の棋士』を読み終えたところなのだが、これが実に読み応えのある一冊だった。

記事を読む

medium_79571458

『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの予測学』のネイト・シルバーがおすすめする2冊の絵本がステキ

「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」で紹介したうちの一冊が、ネイト・シルバーの『

記事を読む

photo credit: djwtwo via photopin cc

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

echigo-tsumari2

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

best-seller-158885_640

2015年ことしのベストセラー|電子書籍編

さて2015年も残りわずか。ということで今年も、本ブログ経由でよく読まれた本をランキングしてみよう(

記事を読む

medium_2388310523

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自然科学系の研究者にとってはもち

記事を読む

travel suitcase

留学前に読んでおきたいこの6冊

先日書いた「留学前に。」の続き。留学前にできることは色々とあるだろうが、留学に対するイメージをよりク

記事を読む

6190716045_bb9c5a2f20_z

スタンフォード大学に集まる若き経済学者たち

先週のニューヨーク・タイムズ紙の記事 "How Stanford Took On the Giant

記事を読む

tennis-ball

テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果たした錦織圭。その後の凱旋ツアー

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kindle-1611-gentosha
【Kindle特大セール】幻冬舎の電子書籍が半額以下の大キャンペーン|おすすめ8作品

幻冬舎による大型キャンペーン【最大50%OFF】幻冬舎電本フェス が期

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

kindle-1605
【Kindleセール】ゴルフ・データ革命ほか、おすすめ6冊

Kindle 今月の日替わりセールが一新されたが、その中での一番のおす

medium_8822210920
辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いた

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

PAGE TOP ↑