*

この国語辞典がおもしろい|比べて愉しい辞書のディープな読み方・遊び方

公開日: : オススメ書籍

これはこれは大変に興味深い本が出版されていましたね。その名も『比べて愉しい 国語辞書ディープな読み方』である。岩波、三省堂、角川などなど、各出版社から出されるありとあらゆる国語辞典を細かく比較検討し、それぞれの個性を引出そうという本書、これが面白くないわけないのである。

 

 

それにしても、比較内容が実に細かい。例えば以下の写真にあるように、それぞれの辞書で新語が載っているか、外来語は、語釈は、等々と、様々な視点から斬り込み、どの辞書がどのような点で特徴的なのかをあぶりだす。辞書はどれも同じでしょ、なんて思っていた人にこそ読んで欲しい一冊であり、これがあれば間違いなく、それぞれの国語辞典の狙いや特色が手に取るように分かることだろう。

 

 

 

なるべく公平な視点で評価したいという、単なる辞書ファンと称する著者だからこそ、とくに推しの辞書を挙げることなく、比較分析に徹底しようという姿勢だ。それでも、やはり三省堂の明解国語辞典に対する評価は手堅い。そりゃそうだ、なにしろいま日本で一番売れている辞書であり、しかもその語釈がちょっぴりユニークで面白さに溢れていたりするのだから。よく注目されるのは、「恋愛」や「公僕」といった言葉の解説だ。う~ん、確かにクセが効いてるよね!ちなみに、こうした言葉の解釈には時代背景も色濃く反映されるため、例えば恋愛も過去には男女間の感情という表現が一般的であったところ、いまは同性愛も包括した語釈に変化してきている。

 

 

もうひとつ、本書で推しを感じた辞書が、明鏡国語辞典である。これも分かるわ~、僕自身もこれはイチオシの、日本語の誤用解説に強みのある一冊なのだ。新明解も明鏡も、それぞれ約10年ぶりの大幅改訂を終え、最新の現代事情も反映させつつ編纂された、現時点におけるベスト・オブ・ベストの国語辞典といってよいだろう。本来であれば2冊とも揃え、それぞれの違いを楽しんでみて欲しいところだが、どちらか一冊ということであれば、本当に、どちらを選んでも間違いない、おすすめの定番辞書なのである。

 

 

それにしても、こんなにマニアックな国語辞典解説本が出版されるなんて、あの名著サンキュータツオ『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』以来ではなかろうか。こちらもめちゃくちゃおすすめの一冊なので、ぜひとも合わせて読んで欲しいところだ。

 

 

 

ちなみに、僕個人のおすすめ国語辞典は以下に解説したとおりだ。ぜひこちらもご参考ください。

 

これら一連のエントリでお伝えしたかったメッセージとは、国語辞典にはそれぞれに個性があり、自分に最適なものを選ぼう、ということだ。使い方や個人的好みで選べば十分だと思うが、とくにおすすめの4冊の特長をひとことでまとめると次のようになる。ぜひどうぞ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだろう。NHKでも特集番組となり

記事を読む

あの藤井聡太が5回負けた|プロ棋士最終関門・奨励会地獄の三段リーグ

今回のスポーツ総合誌Number、将棋特集第2弾はこれまた読み応えのある記事が多数揃っており、非常に

記事を読む

NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!将棋会館」と題された今回は、東

記事を読む

【おすすめ経営書】ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか

話題の経営書『ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか』を、とても興味深く読んだ。著者はピータ

記事を読む

ラグビー日本代表が強くなった理由|エディー・ジョーンズのコーチング

冬のスポーツ風物詩と言えば、箱根駅伝に加えて高校サッカー、そして大学ラグビーである。そんなラグビーの

記事を読む

日本語の誤用をとことんを考える『明鏡国語辞典』が10年ぶりに大刷新|新しい「問題な日本語」

今年も国語辞典の話題が多かったが、最新のトピックとして最も注目すべきなのは、やはりこちら、『明鏡国語

記事を読む

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

今年のノーベル経済学賞はアメリカの労働経済学者3名が共同受賞

今年のノーベル賞受賞者が発表されるなか、いよいよ経済学賞の受賞者が明らかとなった。それは、「『自然実

記事を読む

クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニークな視点

佐藤雅彦ほど「クリエイター」という表現が似合う人はいないのでは、と個人的に思っている。アーティストで

記事を読む

writing a research paper

英語論文アカデミック・ライティング絶対おすすめできる18冊

以下のエントリ・シリーズで詳述しているように、これまで僕自身が多種多様の英語ライティングテキストを読

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

これは面白いピタゴラス的発想!|「解きたくなる数学」をビジュアルで考える

以前に「クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニー

海をわたって不可能を可能に|大谷翔平メジャーリーグMVP

大谷翔平、満場一致で最高栄誉のMVPを獲得。投打の二刀流で大活躍のシー

【おすすめ英語テキスト】重要単語を因数分解|語源から根こそぎ完璧に理解する

現在開催中のKindle本ストア 9周年キャンペーン。本日はこの中から

父親の経済力と母親の狂気で決まる中学受験|異端の問題作『二月の勝者』がおもしろい

激変する受験界に舞い降りた、最強にして最悪のスーパー塾講師を主人公に据

寝苦しい今夜も嫁を口説こうか|珠玉の芸人エッセイ3冊

以前にも何度かおすすめしてきたように、お笑い芸人が書くエッセイには、な

会計のベストセラーおすすめの4冊はこれだ|僕は本当に「さおだけ」を買っちゃいました

会計というものはとても面白い。その専門的内容がおもしろいというだけでな

第69期将棋タイトル王座戦五番勝負最終第5局、新潟県南魚沼市で開幕せず!

さてさて、永瀬拓矢王座に木村一基九段が挑戦する第69期王座戦五番勝負、

今年のノーベル経済学賞はアメリカの労働経済学者3名が共同受賞

今年のノーベル賞受賞者が発表されるなか、いよいよ経済学賞の受賞者が明ら

PAGE TOP ↑