*

売れっ子プロデューサー川村元気の本気の「仕事。」論

公開日: : オススメ書籍

川村元気。この名前をどこで聞いたか覚えていますか?大ヒット映画『電車男』のプロデューサーとして?ベストセラー小説『世界から猫が消えたなら』の作者として?それともさらなる世界的アニメ映画となった『君の名は。』のプロデューサーとして?

 

そう、それくらい現代のエンタメ業界において話題作を生み出し続ける人物、それが川村元気であり、その名は至るところで聞くはずだ。そんな彼が業界の重鎮たちに「若いころにどんな姿勢で仕事に取り組んでいましたか?」と尋ね歩いて作ったインタビュー集が、最近新たに文庫化された本書『仕事。』である。

「私と同じ年の頃、何をしていましたか?」。大人になってからのほとんどの時間、僕らは仕事をしている。だとしたら僕は人生を楽しくするための仕事がしたい―。映画プロデューサー、作家として躍進を続ける川村元気が、仕事で世界を面白くしてきた12人の巨匠に聞いた「壁を乗り越え、一歩抜け出す」唯一無二の仕事術!

 

 

具体的なインタビュー相手は次の12人である。この顔ぶれを見ただけでもう読みたくなるようなものでしょう。そしてこれらの相手から、これまた素晴らしい話を引き出しているのである、この人にこの話題について聞いてみたい、という絶妙のアプローチで。例えば、沢木耕太郎とは「旅はひとりで行くことに意味があるのか」と語り合う。倉本聰には、NHK大河ドラマの脚本を降板し北海道へと移住した挫折について忌憚なく問いかける。秋元康とは、ローカルなアイドルがグローバルに受け入れられた背景について、といった具合だ。

 

そして、川村元気本人が、本気でこうした巨匠に学びたいという気持ちを持っているから、本書の中でまとめられている、インタビュー前の「予習」と、対話後に何を学んだのかを振り返る「復習」が実に生き生きとしているのである。

●山田洋次――批判する頭のよさよりいいなぁと惚れ込む感性が大事です。
●沢木耕太郎――僕はあらゆることに素人だったし素人であり続けた。
●杉本博司――やるべきことは自分の原体験の中にしかないんです。
●倉本聰――世間から抜きんでるにはどこかで無理をしないといけない。
●秋元康――時に判断を間違えるのは仕方ない。大切なのは、間違いを元に戻す力だ。
●宮崎駿――何でも自分の肉眼で見る時間を取っておく。作品を観ることと、物を見ることは違うんです。
●糸井重里――人間は仕事の一部分でしかない。だから、どうやって生きるかを面白くやれ。
●篠山紀信――世界をどうにかしようなんて、おこがましい。大事なのは受容の精神です。
●谷川俊太郎――人類全体の無意識にアクセスできる仕事であればいいんじゃないかな。
●鈴木敏夫――最近はみんな丁寧に物をつくるから、完成したときには中身が時代とズレちゃう。
●横尾忠則――自分が崩落していく感覚の先に新たな道を見つけることも多いと思います。
●坂本龍一――勉強とは過去の真似をしないためにやるんです。

 

 

こうした12人の若い頃の仕事ぶりはもちろん多種多様だ。しかしそこから大きな共通点とメッセージを探すならば、若い時期の一定期間なにかに集中して取り組むことの大切さ、それが作業ではなく全身全霊を傾けられるものであること、そしてその仕事がうまくいくか失敗するかは問題ではなく、それを糧に次につなげることの重要性、ではないだろうか。

 

本書は、いまや各界の重鎮・巨匠となったお偉い方々の自慢話を集めたもの、では決してない。そうではなく、そうしたエライ人たちが、いまいち元気のない若者に対して叱咤激励する一冊、でももちろんない。本書は、彼らにもかつては無名の時代があり、そのときの数々の失敗や挫折や後悔にめげずに、自分の目指す作品をつくるべき仕事を続けてきた軌跡であり、そしてさらに今後もより良い作品を作りたいという思いに満ちた極めてピュアな対談集なのである。

 

川村元気が本書で触れる漫画『スラムダンク』のエピソードがまたいいのだ。安西先生の名セリフ「あきらめたらそこで試合終了ですよ」は、仕事でも同じだと指摘する。そして不良としてブランクのあった三井寿が安西先生の前で涙を流しながら「バスケがしたいです」と告白するシーンを踏まえ、「仕事がしたいです」と言い続けたいと述べる。そう、本書は、売れっ子プロデューサーとなった今も、いや今だからこそ、もっと真摯に、より真剣に、次の仕事に取り掛かりたいという、川村元気にとってもピュアな思いから構想された珠玉のインタビュー集なのである。想定読者は若手ビジネスパーソンとなるのだろうが、これから就職活動が始まるという大学生にとっても、非常に示唆に富む内容となろう。仕事に対する心構えを、これだけの顔ぶれから学ぶよい機会となるはずだ。Kindle版は今なら30%のポイント還元とお得です。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

emotional highs and lows in facebook

『ヤバい予測学』とフェイスブックデータが示す感情の起伏

フェイスブックのデータ・サイエンティストたちは毎度興味深いデータを見せてくれる。それは「フェイスブッ

記事を読む

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments of History" がよう

記事を読む

行動経済学者ダン・アリエリー|お金と感情と意思決定の白熱教室

NHK『お金と感情と意思決定の白熱教室』再放送決定 先日放送されたNHK『数学ミステリー白熱教室』

記事を読む

岡崎所属のレスターシティ奇跡の優勝と、これからのサッカー・データ革命

プレミアリーグ大番狂わせのレスターシティ優勝 ご存知のように、今年の英国プレミアリーグでは、岡崎が

記事を読む

永世竜王・渡辺明の『勝負心』と、あきらめたらそこで試合終了だよ

渡辺明の新著『勝負心』を読み終えたところなのだが、これが実に面白かった。「羽生世代」に続く、将棋界の

記事を読む

【おすすめ経営書】ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか

話題の経営書『ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか』を、とても興味深く読んだ。著者はピータ

記事を読む

dinner table

サンフランシスコ発の口コミ情報サイト「Yelp」が日本上陸

米国の口コミ情報サイト「Yelp」(イェルプ)が日本でサービスを開始したというニュース(日経新聞)。

記事を読む

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしている

記事を読む

秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフィクションばかりなのだが、本書

記事を読む

Kindle電子書籍でエキサイティングに読もう、今あらためて宇宙論がおもしろい

僕は大栗博司『重力とは何か』を2年ほど前に読み、「この宇宙論はおもしろいよ!」と書いたのだが、その気

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

【Kindleセール】高野秀行の傑作ノンフィクション|ミャンマー秘境探検記

本日の Kindle日替りセールに、あの高野秀行の『ミャンマーの柳生一

【Kindleセール】世にも奇妙な論文|知的研究と至高のエンターテインメント

以前に「ヘンな論文を書き続ける動機と勇気」でも紹介した、学者芸人サンキ

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、

【Kindle特大セール】世界トップレベル・プロゲーマーの思考と情熱

現在実施されている【50%ポイント還元】 Kindle本夏のセール が

これは経費で落ちません|経理部が見つめる人間模様

NHKで現在放送中のドラマ「これは経費で落ちません!」が面白い。多部未

歌舞伎町ホストの帝王・ローランドの言葉にみる至極真面目なプロ意識

現代ホスト界における圧倒的カリスマ、歌舞伎町の夜の帝王、そしてこの世に

Kindle半額セール|『実行力』に学ぶ組織と人材のマネジメント

始まったばかりのKindle本夏のセールが、50%ポイント還元と超お買

組織を動かす実行力|結果を出す仕組みの作り方

新刊『実行力』を興味深く読んだ。本書は、ご存知橋下徹が、これまで大阪府

PAGE TOP ↑