*

売れっ子プロデューサー川村元気の本気の「仕事。」論

公開日: : オススメ書籍

川村元気。この名前をどこで聞いたか覚えていますか?大ヒット映画『電車男』のプロデューサーとして?ベストセラー小説『世界から猫が消えたなら』の作者として?それともさらなる世界的アニメ映画となった『君の名は。』のプロデューサーとして?

 

そう、それくらい現代のエンタメ業界において話題作を生み出し続ける人物、それが川村元気であり、その名は至るところで聞くはずだ。そんな彼が業界の重鎮たちに「若いころにどんな姿勢で仕事に取り組んでいましたか?」と尋ね歩いて作ったインタビュー集が、最近新たに文庫化された本書『仕事。』である。

「私と同じ年の頃、何をしていましたか?」。大人になってからのほとんどの時間、僕らは仕事をしている。だとしたら僕は人生を楽しくするための仕事がしたい―。映画プロデューサー、作家として躍進を続ける川村元気が、仕事で世界を面白くしてきた12人の巨匠に聞いた「壁を乗り越え、一歩抜け出す」唯一無二の仕事術!

 

 

具体的なインタビュー相手は次の12人である。この顔ぶれを見ただけでもう読みたくなるようなものでしょう。そしてこれらの相手から、これまた素晴らしい話を引き出しているのである、この人にこの話題について聞いてみたい、という絶妙のアプローチで。例えば、沢木耕太郎とは「旅はひとりで行くことに意味があるのか」と語り合う。倉本聰には、NHK大河ドラマの脚本を降板し北海道へと移住した挫折について忌憚なく問いかける。秋元康とは、ローカルなアイドルがグローバルに受け入れられた背景について、といった具合だ。

 

そして、川村元気本人が、本気でこうした巨匠に学びたいという気持ちを持っているから、本書の中でまとめられている、インタビュー前の「予習」と、対話後に何を学んだのかを振り返る「復習」が実に生き生きとしているのである。

●山田洋次――批判する頭のよさよりいいなぁと惚れ込む感性が大事です。
●沢木耕太郎――僕はあらゆることに素人だったし素人であり続けた。
●杉本博司――やるべきことは自分の原体験の中にしかないんです。
●倉本聰――世間から抜きんでるにはどこかで無理をしないといけない。
●秋元康――時に判断を間違えるのは仕方ない。大切なのは、間違いを元に戻す力だ。
●宮崎駿――何でも自分の肉眼で見る時間を取っておく。作品を観ることと、物を見ることは違うんです。
●糸井重里――人間は仕事の一部分でしかない。だから、どうやって生きるかを面白くやれ。
●篠山紀信――世界をどうにかしようなんて、おこがましい。大事なのは受容の精神です。
●谷川俊太郎――人類全体の無意識にアクセスできる仕事であればいいんじゃないかな。
●鈴木敏夫――最近はみんな丁寧に物をつくるから、完成したときには中身が時代とズレちゃう。
●横尾忠則――自分が崩落していく感覚の先に新たな道を見つけることも多いと思います。
●坂本龍一――勉強とは過去の真似をしないためにやるんです。

 

 

こうした12人の若い頃の仕事ぶりはもちろん多種多様だ。しかしそこから大きな共通点とメッセージを探すならば、若い時期の一定期間なにかに集中して取り組むことの大切さ、それが作業ではなく全身全霊を傾けられるものであること、そしてその仕事がうまくいくか失敗するかは問題ではなく、それを糧に次につなげることの重要性、ではないだろうか。

 

本書は、いまや各界の重鎮・巨匠となったお偉い方々の自慢話を集めたもの、では決してない。そうではなく、そうしたエライ人たちが、いまいち元気のない若者に対して叱咤激励する一冊、でももちろんない。本書は、彼らにもかつては無名の時代があり、そのときの数々の失敗や挫折や後悔にめげずに、自分の目指す作品をつくるべき仕事を続けてきた軌跡であり、そしてさらに今後もより良い作品を作りたいという思いに満ちた極めてピュアな対談集なのである。

 

川村元気が本書で触れる漫画『スラムダンク』のエピソードがまたいいのだ。安西先生の名セリフ「あきらめたらそこで試合終了ですよ」は、仕事でも同じだと指摘する。そして不良としてブランクのあった三井寿が安西先生の前で涙を流しながら「バスケがしたいです」と告白するシーンを踏まえ、「仕事がしたいです」と言い続けたいと述べる。そう、本書は、売れっ子プロデューサーとなった今も、いや今だからこそ、もっと真摯に、より真剣に、次の仕事に取り掛かりたいという、川村元気にとってもピュアな思いから構想された珠玉のインタビュー集なのである。想定読者は若手ビジネスパーソンとなるのだろうが、これから就職活動が始まるという大学生にとっても、非常に示唆に富む内容となろう。仕事に対する心構えを、これだけの顔ぶれから学ぶよい機会となるはずだ。Kindle版は今なら30%のポイント還元とお得です。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったな

記事を読む

chess board

米ソ冷戦に翻弄された天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯

日曜日夜にNHK-BSで放送された「天才ボビー・フィッシャーの闘い~チェス盤上の米ソ冷戦~」をとても

記事を読む

今年のクリスマスもまたアメリカ現代社会の象徴「メガチャーチ」を思い出す

今年もいよいよクリスマス。そしてこの時期、毎年のように思い出すのがアメリカのメガチャーチである。「現

記事を読む

博士号だけでは不十分!研究者として生き残るために

先日懐かしく読み返した Economist 誌の記事 "Doctoral degrees: The

記事を読む

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読ん

記事を読む

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見が世界中で話題となった。「ブラ

記事を読む

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こした一冊『Born to Ru

記事を読む

「貧困不良少年」が経済学のスターになった!

という東洋経済オンラインの記事。取り上げているのはハーバード大学経済学部教授のローランド・フライヤー

記事を読む

申請者必携のハンドブック『科研費獲得の方法とコツ』に最新第4版が登場|採択率を上げる書き方

今年もまた科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。多くの研究者が申請するこの科研費だが、も

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

PAGE TOP ↑