*

人工知能と人間の未来、囲碁対決のその先へ|今週末のNHKスペシャルを見逃すな

公開日: : 最終更新日:2016/05/18 オススメ番組・映画・ドラマ

NHKスペシャル「天使か悪魔か|羽生善治 人工知能を探る」

今週日曜日に放送されるNHKスペシャル「天使か悪魔か|羽生善治 人工知能を探る」がもんのすごく面白そうだ。

 

nhk-ai

 

2016年3月、グーグルの開発した囲碁の人工知能が、世界最強と言われる韓国人の棋士に圧勝し、世界に衝撃が走った。囲碁は、人類が発明した最も複雑なゲームと言われ、人工知能が人間を凌駕するのはまだ10年はかかると言われる中での出来事だった。このまま人工知能が進化していけば、どんな未来が到来するのか。番組のリポーターとして世界各地を取材していくのは、将棋界・最高の頭脳、羽生善治さん。圧倒的な思考のスピードと深さで将棋界に君臨し、日々、「人間にしかできないことは何か」を考え続けている。囲碁の人工知能を開発したイギリスの天才研究者、専門医にも判断できないガンを、画像から精緻に見分ける人工知能を発明したアメリカのベンチャー企業、人工知能に感情を持たせる研究を続ける日本企業など、人工知能開発の最前線を取材。人工知能が人間に何をもたらすのかを探っていく。

 

 

上記の番組紹介にもあるように、米グーグルの研究部門であるGoogle DeepMindが開発した「アルファ碁」と、韓国のプロ棋士イ・セドルの対決は、アルファ碁が3連勝して頂上決戦を制し、第4戦でイ・セドルが一矢を報いたものの、最終的には4勝1敗でアルファ碁が圧勝する結果となった。人工知能の前に人類最高の頭脳が敗れたと、世界中でセンセーショナルな話題となったのはまだ記憶に新しい。

 

プロ棋士・羽生善治の思考力と決断力

今回、その最先端の人工知能に迫るのが、日本が誇る最高の頭脳、プロ棋士・羽生善治なのだから、これはもう今週末のNHKスペシャルは絶対に見る、そして録画して後日また見直すべき、そんな番組になるのではないかと今から興奮しているのである。

 

もはや言うまでもないが、長い長い将棋の歴史をひとりで尽く塗り替えてきた羽生善治。1996年には空前絶後のタイトル7冠同時制覇を達成し、日本中で大きな話題となった。その後さすがに全タイトルを保有し続けることはできないものの、いまなお最強の棋士であり続け、他を寄せ付けない圧倒的な凄みを有する。

 

そんな羽生のこれまでの記録を振り返りながら、そして本人へのインタビューを通して、羽生の頭脳とその変容を明らかにしようというのが、こちらの『羽生善治 闘う頭脳』だ。もしも万が一にもまだ読んでないというのなら、今回のNHKスペシャル前に目を通しておきたい内容だ。もちろん、羽生の考え方をもっと奥深く知ろうというのなら、本人がその思考過程についてつづった名著『決断力』がベストだろう。

 

15歳でプロ棋士になってから30年、将棋界のトップランナーとして走りつづける天才・羽生善治。その卓越した思考力、勝負力、発想力、人間力、持続力はどこから湧き出るのか―。勝負と格闘してきた日常より生まれた彼の言葉は、将棋の枠だけには収まりきらない深い含蓄に溢れている。ビジネスにも通じる発想のヒントが満載です。

 

 

 

woman-506322_640

 

 

人工知能とディープ・ラーニング

そして人工知能が大きな話題となっている昨今、僕自身このテーマについてもっと知りたいと思って読んだのが以下の2冊だ。この分野の関連書は最近も出版が相次いでいるが、素人が基礎的な知識をざっと収集するという目的なら、東大で人工知能研究に取り組む松尾豊の『人工知能は人間を超えるか』、そしてジャーナリスト小林雅一の『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』がそれに応えてくれる内容と言えるだろう。ぜひこの2冊で人工知能・ディープラーニングという技術をしっかり予習して、万全の体制で今週末のNHKスペシャルに備えようではないか。どうぞよい週末を。

 

ディープラーニングの特徴をひと言で言えば、コンピュータが人間のように「気づき」を得るしくみのこと。これまで「人工知能」と呼ばれていたものは、たとえ同じ計算を10万回やっても、1回目と10万回目のやり方は基本的に同じで、もっと早く計算できる方法」に自ら気づけない。コンピュータの計算能力は飛躍的に上がったが、それは根本解決ではないのだ。しかし、その状況がディープラーニングによって革命的に変わる。

本書では、人工知能学会で編集委員長・倫理委員長なども歴任、日本トップクラスの研究者の著者が、これまで人工知能研究が経てきた歴史的な試行錯誤を丁寧にたどり、その未来像や起きうる問題までを指摘。情報工学・電子工学や脳科学はもちろん、ウェブや哲学などの知見も盛り込み、「いま人工知能ができること、できないこと、これからできるようになること」をわかりやすく解説する。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

WOWOW「連続ドラマW」今月の新作『予告犯』がスリリングに始まった

毎月心待ちにしているWOWOWの「連続ドラマW」シリーズ。「大人におすすめの本格的社会派ドラマ」とし

記事を読む

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

WOWOW「連続ドラマW」傑作揃いの医療ドラマ|移植手術をめぐるサスペンスとヒューマン

新作医療サスペンス『死の臓器』 先日「WOWOW「連続ドラマW」今月の新作・医療サスペンス『死の臓

記事を読む

いよいよ始まったNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」|人気漫画家の創作ドキュメンタリー

この秋大注目のテレビ番組がいくつかあるのだが、その最たるものがこのNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」だ

記事を読む

データで分析するリオ五輪|柔道とバドミントンの金メダルの舞台裏

先日のNHK-BS「スポーツ データ・コロシアム|五輪特集」をご覧になっただろうか?この番組は、以前

記事を読む

NHK短編ドラマ・星新一の不思議な不思議な世界

7/4月曜から始まるNHKの短編ドラマは大注目だ。なにしろ、あのショートショートの傑作をこれまで千編

記事を読む

行動経済学者ダン・アリエリー|お金と感情と意思決定の白熱教室

NHK『お金と感情と意思決定の白熱教室』再放送決定 先日放送されたNHK『数学ミステリー白熱教室』

記事を読む

WOWOWドラマ『華麗なる一族』の鮮やかで艶やかなる演技の競演

現在放送中のWOWOW連続ドラマW『華麗なる一族』がものすごく面白い。ご存知のとおり、山崎豊子原作の

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1『ゴルゴ13』さいとう・たかを編

先日「NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1「東村アキコ」編」で書いたように、現代の人気漫

記事を読む

言葉にできない、そんな夜。|その気持ち、言葉のプロならどう表現する?

気持ちが揺れ動いたあの瞬間。表現したいのにボキャブラリーが追いつかない!言葉のプロの脳内を通したら、

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑