*

上野公園に3時間の大行列|伊藤若冲展に行ってきた

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 アート

「生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう」と書いてから早一ヶ月。今回の若冲展もいよいよ明日5/24(火)で閉幕となる。もしもまだ行ってないと言うのなら、今からでも間に合う。絶対に行っておいた方がいいぞ。ただし、3時間は行列に並ばねばならないのだが・・・。

 

jakuchu-2016-2

 

 

というわけで、僕も先日ようやく東京都美術館まで、今回の展覧会を見に行ってきたところなのである。しかし、美術館入口に到着する前に遭遇したこの大行列で、早くも意気消沈せざるを得ない。朝早く出て来たっていうのに~。

 

2016-05-22 08.48.12

 

 

実際、僕の後ろに並び始めた若いカップルは、10分ほど待ってすでに諦めモードに突入。夕方もう一度来ようと行って去っていったのである。そう、それくらいものすごい行列だったのである。こんなの、ディズニーランドでも並んだことないぞ!

 

2016-05-22 09.00.47

 

 

当日は快晴に恵まれ、抜群の行列日和(苦笑)。ただ、暑い。これだと待ちくたびれて倒れる人もいるのではないかと心配していたが、美術館スタッフの人たちが傘を貸してくれているし、ところどころでは給水所まで設けてくれている。こんなにも来場者に優しい美術館、世界中探したってないだろ!というくらいの親切さだったのである。

 

というわけで3時間も行列に並び、そしてようやく入れた美術館。そこには動植綵絵を始めとする若冲の代表作がずらりと勢ぞろいし、まさに圧巻。その色彩と筆づかい、モチーフと観察眼、一つ一つの作品に目を奪われるばかりであり、館内も大混雑ではあったにも関わらず、しばらくの間、思わず視線をくぎ付けにされてしまう。下写真の図録には、こうした若冲作品が実に綺麗に収録されており、美術館で買ってよかった一冊。

 

2016-05-22 17.05.17

 

 

 

そして、もしもこれから閉幕間際に駆け込みで若冲展に行こうというのなら、美術館で解説を読むのに時間をかけなくて済むように、事前にガイドブックで予習しておくのがよいだろう。おすすめはこの『若冲への招待』。鑑賞ポイントとなる作品をコンパクトに解説してくれる優れた一冊だ。

本書は、若冲の生誕300周年を記念して、初めての人にでも楽しく鑑賞できるポイントを紹介した入門書。名画の謎に迫る「パーフェクト鑑賞講座」では「群鶏図」など5点の絵画を紹介。絵を見るポイントを分かりやすく解説していく。

 

 

一方で、残念ながら今回の若冲展を見逃してしまいそうな方は、今回の美術展企画の目玉である「動植綵絵」について、この美術書を眺めながら、次の機会を待ってもらうより他はない。だから、もしもまだ間に合うなら、ぜひ明日までの若冲展へGO!

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

フェルメールになりすまし、ナチスをだました男|20世紀最大の贋作事件

4/7にNHK-BSプレミアムで再放送予定の「ダークサイドミステリー」は必見である。アート好きにとっ

記事を読む

2020年の夏は2つのバンクシー展が開催

以前に「オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート」と紹介したように、常に

記事を読む

「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もうご存知ですよね、新潟県燕三条地

記事を読む

そして誰もいなくなった東京|中野正貴の TOKYO NOBODY の世界

緊急事態宣言が発令され、そして街から人が消えた。以下の写真は新宿駅南口、いつもならどの時間帯でも人混

記事を読む

生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう

さて先日から東京都美術館で始まった「若冲展」。生誕300年を記念した大回顧展ということもあって、NH

記事を読む

3年に一度のアートの祭典|越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」は今週末まで

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」でも紹介したように、今年は三年

記事を読む

美術大学青春グラフィティーと漫画ブルーピリオド

先日放送されたNHKの番組「ドキュメント72時間」をご覧になっただろうか?個人的に好きな番組のひとつ

記事を読む

今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!

3年に一度開催される国際芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレをご存知だろうか?この「大地の芸術祭」は

記事を読む

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな話題となった一冊『最後の秘境

記事を読む

伊藤若冲生誕300年|今年またこの天才絵師に注目が集まる

昨年末に「伊藤若冲と京の美術」展を見に行ったばかりだというのに、今度は東京ミッドタウンのサントリー美

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑