*

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

公開日: : 最終更新日:2014/11/17 オススメ, 南魚沼・新潟

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味を生み出している。全国一の酒蔵数を誇り、県内錚々たる酒造が一堂に介したイベントが、あの「にいがた酒の陣」である。昨年僕も初めて参戦してきた様子は、「日本酒の一大イベント『にいがた酒の陣』に行ってきた」でレポートした通りだ。

 

2014-03-15 10.20.53_tn

 

 

新潟県産おすすめの日本酒で紹介したように、朝日酒造の「久保田」、八海山醸造の「八海山」、宮尾酒造の「〆張鶴」あたりは、多くの人が聞いたことがあるはずの全国ブランドであり、新潟の酒を飲み始めるなら、まずはこの辺りからスタートするのがいいだろう。そして新潟県広しと言えども、やはり中越地方の日本酒は抜群に美味しく、ここ国際大学が位置する南魚沼市にモダンな社屋を構える八海山醸造と、長岡市を拠点とする県内最大の酒蔵・朝日酒造は、100ある県内メーカーの中でも別格の存在となっている。

 

僕は八海山も朝日酒造も、個人的にもう何度も訪れているし、せっかく買うならと蔵元に直接日本酒を買いに行くことが多い。しかしながら先日は、なんと朝日酒造の夕食会なるものに初めて参加する機会を得たのである。これがあまりにも素敵で贅沢な時間だったものだから、これも今回あわせてレポートしておこうと思う。

 

会場となったのが、長岡市の朝日酒造本社横に立地する和食処「あさひ山・蛍庵」。今回はこの夕食会に参加する人だけのための貸し切りとなり、コース料理に銘酒がふるまわれたのである。

2014-10-03 18.15.39

 

 

最初から複数のグラスが用意され、気分も高揚する。なにしろこの日は、なんと日本酒だけでなく焼酎やブランデーまでが振る舞われ、確かに新しいグラスがいくつも必要になったのである。

2014-10-03 18.16.20

 

 

先付けの自家製蕎麦豆腐。上品な味に、ああ今日来てよかったと心底思う瞬間。

2014-10-03 18.19.36

 

 

続けて、酒粕クリームチーズ等々が登場し、上がったテンションがさらに加速する。もちろん、料理一品一品に合わせて日本酒も注がれているのは言うまでもない。

2014-10-03 18.22.12

 

 

さあ続々と登場した日本酒の数々。これが吟醸の「千寿」に純米吟醸の「紅寿」ですよ!

2014-10-03 18.32.31

 

 

そしてこちらが、純米大吟醸の「萬寿」に、季節限定の生酒「翠寿」だ! やっべえほどに美味い。酒も料理も。

2014-10-03 18.34.48

 

 

しかもこの晩は、僕を含めた朝日酒造のファンの人たちが、杜氏を始めとする蔵人の人たちと同じ席につき、談笑しながら会食できるという何とも粋な計らいがなされていたのである。そのため、酒造りのプロセスから朝日酒造ならではのこだわり、そして新酒にかける思い等々、普段では絶対に聞けない話をとてもフランクに聞け、そりゃあますますファンになりますって。

 

この他にも、「久保田」に次ぐシリーズとなっている「越州」や、焼酎にブランデー、そしてゆず酒まで、実に豊富なラインナップで楽しませてくれた。こんなにも素敵で贅沢な時間を過ごせるとは思ってもいなかっただけに、これはとても嬉しいサプライズ。しかし、この後も、驚きはまだまだ続いたのである。

 

とくに、会食がお開きになった後のお土産には、これまた日本酒がセットで配られたのだが、それだけではなく、何とテーブルには用意されたものの栓が開けられなかった日本酒の数々までお持ち帰り下さいという。まじですかっ!という嬉しい悲鳴を上げつつ、本日の参加者の皆さんと喜んで分けあって帰ってきたのである。ちなみに私は、大変ありがたいことに、今回味わった中でも最も高級な純米大吟醸「久保田・萬寿」を頂いちゃいました!

 

日本酒といえば何と言っても新潟。そしてその中でも、朝日酒造の久保田はやっぱり旨い。日本酒が美味しいこの季節だからこそ、ぜひとことん、そしてじっくりと味わってくれ。

 



 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典 「アカデミックライティングにおすすめの英語辞典|コロ

記事を読む

iPhone 6 ケースとして超おすすめできる、パワーサポート製エアージャケット

先日、iPhone 5 から iPhone 6 に乗り換えた。最初はサイズが大き過ぎるのではないかと

記事を読む

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既にご覧になった方もいるだろうが

記事を読む

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、錦織の4回戦、5時間を超える壮

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭のテニスをデータ観戦しよう

さあ、いよいよ注目の一戦が始まるぞ。2017年の全豪オープンテニス4回戦で、錦織圭がロジャー・フェデ

記事を読む

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読

記事を読む

「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もうご存知ですよね、新潟県燕三条地

記事を読む

日本のクラフトビールは新潟がアツいんです。ご存じでした?

さて、昨日書いた「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」の続編。じつは日本のクラフトビールは

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭と大坂なおみの全米オープンテニス2019

さて、いよいよ始まった今年の全米オープンテニス。錦織圭は、相手選手の途

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、

これは経費で落ちません|経理部が見つめる人間模様

NHKで現在放送中のドラマ「これは経費で落ちません!」が面白い。多部未

歌舞伎町ホストの帝王・ローランドの言葉にみる至極真面目なプロ意識

現代ホスト界における圧倒的カリスマ、歌舞伎町の夜の帝王、そしてこの世に

組織を動かす実行力|結果を出す仕組みの作り方

新刊『実行力』を興味深く読んだ。本書は、ご存知橋下徹が、これまで大阪府

海外で研究者になる|知られざる就職活動その舞台裏

日本人が数多く海外留学していることに比べると、海外で就職する例はまだま

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

PAGE TOP ↑