*

好きなことだけを仕事にした、新潟県三条市の世界的アウトドアメーカー「スノーピーク」の経営

公開日: : 最終更新日:2016/07/11 オススメ書籍, 南魚沼・新潟

新潟県三条市に、あのアップルも見学に来る企業があるのをご存知だろうか?それがアウトドアブランドの「スノーピーク」である。昨年末にマザーズに上場したとはいえ、従業員200名、売上高50億円の地方中小企業の一つにすぎない。だが、そんな会社がいま、数多くの熱狂的ファン「スノーピーカー」に支えられた優良企業と広く認識されるようになっている。その様はまさに、「マック信者」に囲まれたアップルを連想させるようではないか。

 

テントから調理器具、そして様々なアウトドアギアまでを自社オンラインショップで扱う同社だが、なんといってもそのクオリティの高さを証明したのが、テント用のペグだろう。

 

snowpeak

 

 

 

スノーピーク社の山井社長自身が根っからのアウトドア実践者でもあり、ヘビーユーザとして自分が絶対に満足できる品質を作るという哲学で同社製品は企画されているが、そのなかでもテント用のペグの評価はずば抜けて高い。もちろん他社に比べてお値段も高いのだが、「品質に、情熱を。」という言葉の通り、火傷しそうなほどの熱量でものづくりに取り組んでいるのが、このスノーピークなのである。

 

 

 

そんな熱い会社が同じ県内にあるのだから、これは見学しに行かねばならぬと先日行ってきたところなので、ここで紹介しておきたい。新潟県は三条市のはずれの山の麓にある広大な敷地、それがこのスノーピークの本社「ヘッドクォーターズ」である。全国にいる数多のスノーピーカーにとっての「聖地」でもある場所なのだ。

snowpeak1

 

 

2011年に完成した社屋は一面ガラス張りでじつに綺麗で清々しい。景観を壊さないようにという配慮も伺える設計となっている。ちなみに、ここでは実際に社内見学をすることもでき、開発スタッフが新商品を企画している様子や、商品の製造工程などものぞき見することが出来てしまうのである。ファンにとってはたまらないサービスと言えるだろう。

snowpeak2

 

 

社屋にはショップも併設されており、ウェアから各種器具まで、ひととおりそろえることが出来る。聖地でこそ購入したいという人にとっては外せない場所だ。

snowpeak3

 

 

そして、一番の売りがこの社屋裏手に広がる広大なキャンプ場。そう、ここはつまり本社脇にキャンプ場を作りましたというレベルではなく、広々とした敷地のキャンプ場の中に本社を建てました、という位置づけとなっているのだ。さすが世界のアウトドアメーカーである、その視線ははるかに高く遠くまで見通しているようだ。僕が行った当日も、何組もの家族連れでにぎわっていた。キャンプ場予約はオンラインで可能なので、来年の夏はぜひお越し下さい。

snowpeak4

 

 

というように、僕はこのスノーピークの本社をおとずれてすっかり同社のファンになってしまったのである。アウトドアをやるなら、絶対にスノーピーク製品にしたい、そう思わせるほどの魅力が確かにこの企業に、そしてこの土地にはある。それを実感することができた、非常にステキな時間をここで過ごすことができたのである。そしてその思いは、山井社長が書いた初めての著書を読み、ますます強くなったと言わざるを得ない。ぜひご一読頂き、既にスノーピーカーの方々はますますファンに、これまで知らなかったひとはぜひその名前を覚えて欲しいと思う。

 

熱狂的なファンのいるアウトドア用品メーカー、スノーピークの山井太社長による初の著書です。スノーピークは世界に先駆け、SUVで自然の中に出かける「オートキャンプ」のスタイルを生んだ会社として知られます。「自分たちが本当にほしい製品」だけを作ることで、それまでなかった「自然の中で豊かで贅沢な時間をすごすアウトドアの楽しみ方」を確立してきました。

山井社長は年間30~60泊をキャンプのテントですごし、星空の下で五感を研ぎ澄ませながら、スノーピークのビジネスモデルを磨きます。燕三条発で世界ブランドとなった今も、キャンプ場でユーザーと焚火を囲んで語り合います。本書はスノーピークが培ってきた開発から販売までの具体的な手法とそれを支える考え方、ブランドづくりの歩みまでを一気に公開。「新しい会社の姿やワークスタイル」が浮かび上がります。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Kindle電子書籍『クラウドソーシングの衝撃』は、成長著しい市場を概観する希少な業界本

『クラウドソーシングの衝撃』(比嘉・井川著)がKindle電子書籍が大幅に値下げされている。本書は現

記事を読む

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点

また今年も科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。今月から来月にかけては、日本にいる数多く

記事を読む

[おすすめ数学テキスト]政治学・社会学のための数学基礎講座

経済学Ph.D.課程の多くでは、夏の間に新入生向け の数学基礎講座(通称 Math camp)を開講

記事を読む

申請者必携のハンドブック『科研費獲得の方法とコツ』に最新第4版が登場|採択率を上げる書き方

今年もまた科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。多くの研究者が申請するこの科研費だが、も

記事を読む

2016年のベストセラー書籍トップ10冊

2016年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位10点紹介し

記事を読む

日本のクラフトビールは新潟がアツいんです。ご存じでした?

さて、昨日書いた「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」の続編。じつは日本のクラフトビールは

記事を読む

林業男子と林業女子:Wood Jobs!

「少年よ、大木を抱け。WOOD JOB!」で書いたように、『舟を編む』の著者三浦しをんによる『神去な

記事を読む

史上最年少プロ棋士・藤井聡太の初勝利と『将棋の子』たち

史上最年少のプロ棋士が誕生したと話題となったのが2016年9月のこと。それから3か月が経ち、今度は若

記事を読む

博士号だけでは不十分!研究者として生き残るために

先日懐かしく読み返した Economist 誌の記事 "Doctoral degrees: The

記事を読む

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも書いたように、2017年の受賞

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

日本美術展史上最大のフェルメール展ついに始まる|事前に読んでおきたいおすすめ5冊

さて、先週からいよいよ上野の森美術館で「フェルメール展」が始まった。現

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム

japanese dictionaries 1
三省堂『辞書を編む人』が、今年の新語を募集中

時を経て社会は変容し、そして言葉も変遷する。いつの時代もワカモノの言葉

レギュラー化決定NHKの新番組「ろんぶ~ん」は最高のアカデミック・エンターテインメント

さて先週から始まったNHK-Eテレの新番組「ろんぶ~ん」をご覧になりま

植物はスゴい!と語る山田孝之がもっとスゴかった

先日放送されたNHK-Eテレの「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深

『ヤバい統計学』他で学ぶ数字のセンス|統計リテラシー入門におすすめの4冊

以前にも「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」で紹介した

PAGE TOP ↑