*

好きなことだけを仕事にした、新潟県三条市の世界的アウトドアメーカー「スノーピーク」の経営

公開日: : 最終更新日:2016/07/11 オススメ書籍, 南魚沼・新潟

新潟県三条市に、あのアップルも見学に来る企業があるのをご存知だろうか?それがアウトドアブランドの「スノーピーク」である。昨年末にマザーズに上場したとはいえ、従業員200名、売上高50億円の地方中小企業の一つにすぎない。だが、そんな会社がいま、数多くの熱狂的ファン「スノーピーカー」に支えられた優良企業と広く認識されるようになっている。その様はまさに、「マック信者」に囲まれたアップルを連想させるようではないか。

 

テントから調理器具、そして様々なアウトドアギアまでを自社オンラインショップで扱う同社だが、なんといってもそのクオリティの高さを証明したのが、テント用のペグだろう。

 

snowpeak

 

 

 

スノーピーク社の山井社長自身が根っからのアウトドア実践者でもあり、ヘビーユーザとして自分が絶対に満足できる品質を作るという哲学で同社製品は企画されているが、そのなかでもテント用のペグの評価はずば抜けて高い。もちろん他社に比べてお値段も高いのだが、「品質に、情熱を。」という言葉の通り、火傷しそうなほどの熱量でものづくりに取り組んでいるのが、このスノーピークなのである。

 

 

 

そんな熱い会社が同じ県内にあるのだから、これは見学しに行かねばならぬと先日行ってきたところなので、ここで紹介しておきたい。新潟県は三条市のはずれの山の麓にある広大な敷地、それがこのスノーピークの本社「ヘッドクォーターズ」である。全国にいる数多のスノーピーカーにとっての「聖地」でもある場所なのだ。

snowpeak1

 

 

2011年に完成した社屋は一面ガラス張りでじつに綺麗で清々しい。景観を壊さないようにという配慮も伺える設計となっている。ちなみに、ここでは実際に社内見学をすることもでき、開発スタッフが新商品を企画している様子や、商品の製造工程などものぞき見することが出来てしまうのである。ファンにとってはたまらないサービスと言えるだろう。

snowpeak2

 

 

社屋にはショップも併設されており、ウェアから各種器具まで、ひととおりそろえることが出来る。聖地でこそ購入したいという人にとっては外せない場所だ。

snowpeak3

 

 

そして、一番の売りがこの社屋裏手に広がる広大なキャンプ場。そう、ここはつまり本社脇にキャンプ場を作りましたというレベルではなく、広々とした敷地のキャンプ場の中に本社を建てました、という位置づけとなっているのだ。さすが世界のアウトドアメーカーである、その視線ははるかに高く遠くまで見通しているようだ。僕が行った当日も、何組もの家族連れでにぎわっていた。キャンプ場予約はオンラインで可能なので、来年の夏はぜひお越し下さい。

snowpeak4

 

 

というように、僕はこのスノーピークの本社をおとずれてすっかり同社のファンになってしまったのである。アウトドアをやるなら、絶対にスノーピーク製品にしたい、そう思わせるほどの魅力が確かにこの企業に、そしてこの土地にはある。それを実感することができた、非常にステキな時間をここで過ごすことができたのである。そしてその思いは、山井社長が書いた初めての著書を読み、ますます強くなったと言わざるを得ない。ぜひご一読頂き、既にスノーピーカーの方々はますますファンに、これまで知らなかったひとはぜひその名前を覚えて欲しいと思う。

 

熱狂的なファンのいるアウトドア用品メーカー、スノーピークの山井太社長による初の著書です。スノーピークは世界に先駆け、SUVで自然の中に出かける「オートキャンプ」のスタイルを生んだ会社として知られます。「自分たちが本当にほしい製品」だけを作ることで、それまでなかった「自然の中で豊かで贅沢な時間をすごすアウトドアの楽しみ方」を確立してきました。

山井社長は年間30~60泊をキャンプのテントですごし、星空の下で五感を研ぎ澄ませながら、スノーピークのビジネスモデルを磨きます。燕三条発で世界ブランドとなった今も、キャンプ場でユーザーと焚火を囲んで語り合います。本書はスノーピークが培ってきた開発から販売までの具体的な手法とそれを支える考え方、ブランドづくりの歩みまでを一気に公開。「新しい会社の姿やワークスタイル」が浮かび上がります。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

サッカー日本代表W杯開幕戦:日本のサッカーを強くする25の視点

あと数時間で、日本対コートジボワール戦のキックオフ。おそらく今回も相当大勢の日本人が、このときばかり

記事を読む

いま国語辞典がおもしろい|10年ぶりの大幅改訂による最新版あいつぐ

さて、「2020年、本ブログで最も売れたこの1冊」でも紹介したように、昨年の一年間でもっとも売れたの

記事を読む

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これはさまざまな学術分野をその道の

記事を読む

writing a research paper

英語論文アカデミック・ライティング絶対おすすめできる18冊

以下のエントリ・シリーズで詳述しているように、これまで僕自身が多種多様の英語ライティングテキストを読

記事を読む

アメリカ大統領選挙まであと数日|敗者の演説で振り返るステーツマンシップ

ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの、泥仕合のまま迎えることとなりそうな米国大統領選挙。8年前

記事を読む

ビル・ゲイツが2013年のNo.1書籍に選んだ『コンテナ物語』

ビル・ゲイツ氏が選ぶ「2013年に読んだ記憶に残る7冊の本」が昨年末何かと話題となったが、その中でイ

記事を読む

稲垣栄洋の植物論と生き物の死にざま

稲垣栄洋の植物論は大変におもしろい。例えば、『雑草はなぜそこに生えているのか』であれば、そもそも書名

記事を読む

大人になったら国語辞典|ことし成人式を迎える人への最高の贈り物

コロナ感染の再拡大による、全国で成人式の中止や延期が発表されるなど、大変厳しい新年を迎えている。本来

記事を読む

若き天才たちの下北沢青春物語|90年代東京のお笑いがスゴイ

これは、めちゃくちゃ面白い! まだ1月なのに、早くも2022年のベスト・ブック・オブ・ザイヤーに選出

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑