*

Kindle版が無料だったので、ものすごく今更だが漫画『島耕作』シリーズを読んでみた

公開日: : 最終更新日:2014/12/07 オススメ漫画

最も有名なサラリーマン漫画といってもいいだろう『島耕作』シリーズ。僕自身はまったく読んだことなかったんだけれども、現在Kindle版で「ヤング」編から「社長」編まで、各シリーズの第1巻がすべて無料ということだったので、ちょっと読んでみた。

 

shimakosaku

 

この期間限定キャンペーンというのは、「この漫画(の売り方と売れ方)がすごい:おすすめKindleコミック『幽麗塔』」でも書いたように、とても効果的なキャンペーンだと思う。無料だからこそ最初の1巻を手軽にとってみて、そして気軽に読んでみたら思いがけずはまってしまい、ついには有料の第2巻以降もまとめて大人買いしちゃったというのが、超オススメ漫画『幽麗塔』での僕の実体験なのである。そして、この『島耕作』のように、各シリーズでそれなりに完結するストーリーの場合には、現在のキャンペーンのようにシリーズ毎に第1巻を無料にすることができる。ただ僕自身は、今回の島耕作では第2巻以降を買っちゃうほどには、はまりませんでしたが。

 

いずれにしろ、このキャンペーンによって、どのシリーズが人気なのかが明確に分かるだろうし、今後は人気度によってシリーズ作品の値段を変えてくる、ということもありえない話ではない。というプライシングという観点から考えても、電子書籍・漫画というのは非常に興味深い対象なのである。しょっちゅう作品が入れ替わっている、Kindleの「おすすめ無料コミック」キャンペーンは、いろいろな面で目が離せないわけなのだ。

 

ちなみに、その待望の『幽麗塔』最新第8巻がようやくKindleで出ましたね!紙版と電子版でこれだけ発売日をずらすというのは、そろそろ止めにしてもらいたいものだけれども。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ

手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』。モグリの医者をダークヒーローとし、命とは、生きるとは、そして金

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1東村アキコ編

NHKでこの秋放送されていた「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっただろうか?これがものすごく面白

記事を読む

中央アジアを舞台とした傑作漫画『乙嫁語り』|最新刊の精緻な描写が素晴らしい

待望の『乙嫁語り』の最新第10巻が発売された。さっそく読んだのだが、これまた素晴らしい生活描写と風景

記事を読む

white jack

現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家

『海猿』や『ブラックジャックによろしく』でお馴染みの人気漫画家・佐藤秀峰によるエッセイ漫画『漫画貧乏

記事を読む

手塚治虫の夢と野望と欲望と嫉妬:アトムとAKIRA

先日のNHK番組「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」をご覧になっただろうか?テーマは「手塚治虫

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1『ゴルゴ13』さいとう・たかを編

先日「NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1「東村アキコ」編」で書いたように、現代の人気漫

記事を読む

人生で大切なことは『アドルフに告ぐ』にも学んだ

先日「人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ」と言った舌の根も乾かぬうちに訂正させてくれ。『ア

記事を読む

若き冒険家のアメリカ|植村直己『青春を山に賭けて』

NHK-BS で放送されている「ザ・プロファイラー|夢と野望の人生」をご覧になっているだろうか?以前

記事を読む

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

おすすめ漫画『乙嫁語り』最新巻と中央アジアの遊牧民たち

漫画『乙嫁語り』の最新第7巻が登場!これは以前に「おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑