*

もちろんご存知ですよね?ついに開幕、第四回OKB48選抜総選挙。センター推しは、三菱鉛筆ユニボール・シグノだ!

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 オススメ, ニュース

いよいよ第四回目となった「OKB48選抜総選挙」、熱い闘いが今年も始まった。もちろんOKBとは「お気に入りボールペン」の略である。三菱鉛筆製の「チームM」、パイロット製の「チームP」等々、合計48本の国民的アイドルボールペンが、筆箱のセンターポジションをかけてファン投票に臨むわけである。

 

okb48-2014

 

 

一部報道では「謎イベント」などと紹介されているがとんでもない、この総選挙には握手会(試し書き会)まで用意されている、まさに「紙に誓って、今年もガチです!!」な、文房具ファンにとっての真剣勝負の舞台なのである(笑)。前回第三回の選抜総選挙は、書籍『グッとくる文房具』で紹介されているように、第1位に三菱鉛筆ジェットストリーム、第2位に三菱鉛筆ユニボールシグノ、そして第3位にぺんてるノック式エナージェル、という投票結果だった。

 

 

その中でも他のメンバーを圧倒しているのが、絶対的エースの三菱鉛筆ジェットストリームだ。何しろ過去3回の総選挙をすべてトップで制した不動のセンターなのだから。分かる、よく分かるよ、ジェットストリームの書き味いいもんね。

 

 

 

しかしながら、僕個人の推しペンはジェットストリームではない。第1回総選挙4位、第2回総選挙2位、そして第3回総選挙2位とあと一歩頂点に届かない、三菱鉛筆ユニボールシグノこそが、ぼくのイチ推しペンなのである。ゲルインクペンであり、とくに「太字」ペンは実に滑らかな書き心地。それこそすらすらとメモが取れるからこそ、アイデア出しとかラフスケッチにはもってこいの一本となっている。

 

僕自身はすべてのペンをこれに切り替えた。黒・青・赤の3色それぞれを箱買いで揃えているほど。とくに赤は「添削・チェック用」と銘打たれているように、確かに試験問題の採点や、論文添削なんかにはピッタリなのである。僕が今年も担当している統計学も、来週が中間試験となり、採点作業はそれなりに大変なんだけれども、今年はこのペンがあるから少しは楽になると期待したい。そう、僕はちょっと前に、このユニボールシグノに推し変してしまっただ。それくらいイイぞ、この書き味。というわけで、文房具ファンなら、OKB総選挙の投票もお忘れずにね。

 




 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

今年の卒業祝い・入学祝いにおすすめ|これまで以上に思い出に残る国語辞典をプレゼントしよう

新型コロナウィルスの蔓延で、いまや全国の学校が休校となり、すでに簡易的な卒業式を終えたところもあれば

記事を読む

今年の確定申告こそ電子申請で|クラウド会計とe-Tax の合わせ技で手続き簡略化

今年も確定申告の時期がやってきた。あす2月16日から申告期間が始まり、例年であれば3月15日までのと

記事を読む

他大学で非常勤講師をすると確定申告が必要|提出締切は3月15日

毎年1月から3月にかけては確定申告の季節。一般的には2/16から受付開始で締切が3/15と認識されて

記事を読む

美女と稲刈り:魚沼産コシヒカリ、新米できました

さてさて収獲の秋、味覚の秋、そして食欲の秋。今年も魚沼産のコシヒカリの新米ができましたよっ!以前に「

記事を読む

うんち終了2日前:おすすめ企画展「トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」

「この夏休みどこか1か所出かけるとしたら、ここでしょ!」と、僕が激推しした「トイレとうんち展」が、い

記事を読む

ミャンマーの歴史と地政学|アジアの超大国・中国とインドをつなぐ十字路

ミャンマーがいま政治的に揺れている。日本との歴史的関係も長いこの国は、僕自身も何度か訪れたことがある

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、2021年版「愛すべき世界の52か所」

ニューヨーク・タイムズ紙による、年始の恒例特集 "52 Places to Go" だが、コロナ禍に

記事を読む

この夏こそ、日本の美味いクラフトビールを飲もう!ヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」がいいぞ

「夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲んでみて」で紹介したように、アメリカのビール市場はこの

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑