*

おすすめKindleコミック『幽麗塔』(原作は『幽霊塔』):この漫画の売り方と売れ方がすごい

公開日: : 最終更新日:2014/12/17 オススメ漫画

これまで漫画を読むこともそれほど多くなかった僕だが、「Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった」でも書いたように、Amazonキンドルのせいで、思わずおもいっきりKindleコミックにはまってしまったのである。

 

そんな僕がいまイチオシのマンガがこの『幽麗塔』だ。「医龍」の作者としても知られる乃木坂太郎によるこの一作は、スリリングでスピーディな展開で読ませる珠玉の作品だ。今ならポイント30%還元セール中だ。僕なんか思わず、第1巻から最新刊まで一気読みしてしまったくらいなのである。知らなかったなあ、こんなに面白い漫画があったなんて。

 

時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・。

 

すでにご存知の方も多いだろうが、漫画自体はめちゃくちゃ面白く、物語はいよいよ佳境。続きが気になって仕方がない珠玉のミステリーだ。それと同時に、この漫画の売り方と売れ方が大変に興味深かったので、以下に報告しておきたい。

 

まずはKindleコミックの売れ筋ランキングだ。本作品の無料お試し版がリリースされて間もない頃のものだが、下図の右側「無料Top100」の上位3作品が、なんとすべて『幽麗塔』で独占されているのだ。まあ、ここまではそれほど不思議ではないかも知れない。期間限定とはいえ、なにしろ第3巻までが全部無料だったんですから。ちなみに第4位には、先日「現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家」でも紹介した『漫画貧乏』がランクインしている。

 

kindle-comic-ranking
より興味深いのが、上図の左側「有料Top100」のランキングだ。なんとなんと上位4作品が、『幽麗塔』の続編である4-7巻で、こちらの有料Kindleランキングまでもが独占されているのである!もちろんこの背景には、無料試し読みでハマってしまい、続きが気になって思わず続きの有料版をポチってしまった僕やその他大勢のカスタマーがいるわけである。(実際にAmazonのカスタマーレビュー欄でも、今回の無料試し読みをきっかけにハマったというコメントがいくつも見られる。)それとともに、続編4巻以降の有料版が現在30%のポイント還元セールを実施中というのも見逃せないだろう。

 

そういう一連の施策(主にプライシング)によってこれだけのカスタマーを惹きつけているのが、個人的には大変に興味深いのだ。しかも僕のようなコミックのライトユーザーであり、乃木坂太郎という原作者の名前すら知らなかった人を、有料版を買わせるまで持っていくこの素晴らしきマーケティング!漫画を読んで大満足したからぜんぜん文句なんてないんだけれども、その鮮やかな手腕に思わず唸ってしまったのである。

 

いまものすごく(ビジネス面での)研究が進んでいるのが、このKindleコミック(もっと広く言えば電子書籍)の売り方だろう。その先駆者の一人が鈴木みそであり、彼の大ヒット作『限界集落(ギリギリ)温泉』、そしてそのビジネス的成功の背景を生々しく描いた傑作『ナナのリテラシー』であるのは、僕自身が「鈴木みそにハマった」経験で紹介したとおりだ。

 

さらに、今回の『幽麗塔』ではもう一つ興味深いことがあった。それはなんと、漫画『幽麗塔』の原作である『幽霊塔』までもがランキング1位に躍り出ているところだ。以下は(コミックではなく)Kindle本のベストセラーだが、右側「無料Top100」の最上位に『幽霊塔』が輝いているのが見て取れる。

 

kindle-yureitou

 

つまり数多くのカスタマーが、次のようなステップでこの『幽麗塔』(および原作『幽霊塔』)の世界へとのめり込んでいっているのである。

  1. Kindleコミック無料キャンペーンで試し読み
  2. 思わずハマって有料コミックを購入
  3. さらにハマって原作を読む(←僕はいまココ)

 

コンテンツが素晴らしいからこそ、ここまで読者を惹きつけて離さないわけなのだが、それを後押しするプライシングやキャンペーン自体も極めて効果的だったと言える。電子書籍・コミックをどう売るかというのはまだまだ実験段階であり、これからも数多くの漫画家や出版社が試行錯誤を重ねていくだろう。

 

僕は漫画のライトユーザーではあるが、しかしながらそんなライトな読者をも獲得する力が電子書籍にはある。ますます加速するこの電子化の流れと、そのなかでどういう売り方が確立されていくのか、どんな予想もしない売れ方が見られるのか、これからも興味深くウォッチしていきたい。それにしても、この『幽麗塔』マジで面白かったわ。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

2014-12-14 13.57.10

Kindleコミック:おすすめ無料・格安漫画の探し方

「電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか」にも詳しく書いたように、この一

記事を読む

kindle-kingdom

大ヒット漫画『キングダム』の人気の秘密|作者・原泰久の研究者気質とサラリーマン哲学

現代における大人気漫画の最高峰『キングダム』を読んでいますか?単行本の累計発行部数は2600万部を突

記事を読む

white jack

現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家

『海猿』や『ブラックジャックによろしく』でお馴染みの人気漫画家・佐藤秀峰によるエッセイ漫画『漫画貧乏

記事を読む

bokumachi

大注目コミック『僕だけがいない街』待望の最新巻発売とアニメ化決定

現在連載中のコミックの中では、個人的には『進撃の巨人』等よりもずっとハマっているのが三部けい『僕だけ

記事を読む

shoku-no-gunshi

至高のグルメ(ギャグ)漫画『食の軍師』を、TOKYO MX がまさかのドラマ化

『孤独のグルメ』で新たなグルメ漫画のあり方を提示した久住昌之が、さらなるイノベーションをもたらしたの

記事を読む

medium_5531340604

[Kindleコミックセール]おすすめグルメ漫画『食の軍師』は『孤独のグルメ』よりも味わい深い

Kindle書籍・漫画の大規模セールが次々と登場し、思わず色々と買わされてしまうから恐ろしい。電子書

記事を読む

medium_8603078776

おすすめKindleコミック『ナナのリテラシー』に待望の第2巻が登場!漫画家・鈴木みそはキンドル界のスーパースター

鈴木みそという名前の漫画家が一体全体どれくらい知られているのか、コミックに詳しくない僕には未だよく分

記事を読む

otoyome-manga-2014

おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014年のマンガ大賞受賞作

2008年に始まったマンガ大賞。ご存知でしょうか?過去には錚々たる作品がノミネートされ受賞しているこ

記事を読む

amazon box

Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった

昨年Amazon キンドルを買って以来、もう完全に手放せないアイテムとなっているのだが、その最大の理

記事を読む

everest

若き冒険家のアメリカ|植村直己『青春を山に賭けて』

NHK-BS で放送されている「ザ・プロファイラー|夢と野望の人生」をご覧になっているだろうか?以前

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

kowai-e
ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

nobel-economics-2017
今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、

kouba1
「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もう

428px-Johannes_Vermeer_-_Het_melkmeisje_-_Google_Art_Project
盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史

先日NHK-BS で放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『フ

shougi_old_board
NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

medium_8822210920
辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いた

PAGE TOP ↑