*

手塚治虫の夢と野望と欲望と嫉妬:アトムとAKIRA

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 オススメ漫画

先日のNHK番組「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」をご覧になっただろうか?テーマは「手塚治虫 マンガの神様は究極の欲ばり」と、手塚漫画ファンにとっては、絶対に見逃せない内容だったのである。しかも、ゲストには何と浦沢直樹が登場し、日本漫画史における手塚の位置づけを解説する他、即興で手塚漫画のキャラクターを描画実演する等々じつに見所豊富。こんな注目の番組を見損なったなんていう人は日本全国皆無だと信じたいけれど、もしも万が一にも逃しちゃっていたならば、来週火曜日の再放送は絶対に見てね。

 

photo credit: Debris2008 via photopin cc

photo credit: Debris2008 via photopin cc

 

本番組でも、個人的に最も興味深く視聴したのが、手塚治虫の歳を重ねても果てることない欲望と、それゆえの若き才能に対する絶え間ない嫉妬である。漫画界の第一人者を自認する手塚は、読者が常に自分の作品についてくることを望んだ。その欲望が彼の創作の源泉でもあったわけだが、しかしながらそのエネルギーはしばしば、他の漫画家や他の作品に対する粘着的な嫉妬へとつながった。

 

よく知られるところだが、石ノ森章太郎の登場は手塚にとって最初の大きな衝撃となった。『サイボーグ009』を始めとする作品群で日本中の読者を熱狂させたばかりか、その詩的な描画スタイルは天才漫画家・手塚治虫に対しても鮮烈な印象を与えた。自分にはない新しい手法で新しい作品を生み出し、そして新しいファンを獲得していく石ノ森章太郎の才能に、手塚は猛烈に嫉妬する。そしてその結果・・・。

 

 

続いて手塚の前に現れたのが、大友克洋だった。ご存じ『AKIRA』が描いた世界観はこれまでの漫画とは一線を画し、その精緻なデッサンは読者を驚かせた以上に、同業の漫画家たちにショックを与えた。その衝撃をまともに受けたのが、もしくは自ら真正面から受けて立とうとしたのが、他ならぬ手塚治虫だったのである。「あのくらい、自分にも描ける」と大友作品を当初一蹴した手塚だったが、後年自らが認めるように「あんな画を描かれては降参するより仕方ない」ほどに、大友の存在は手塚の自信と自負を打ち砕いたのだ。

 

 

ちなみに、同じくNHKでは以前の番組で「~アトムとAKIRA~大友克洋が語る手塚治虫」という素晴らしい特集を放送しているのだが、ご覧になっただろうか?日本史における二人の巨人の関係に迫った傑作であり、大友がなぜ自分の師匠でもない手塚治虫に対し、AKIRA完結編の最後で謝辞を述べたのか、その理由が大変に印象深い。こちらもぜひご覧頂きたい番組だ。

 

最後に、今回の「ザ・プロファイラー」にゲスト出演していた浦沢直樹の解説を紹介しておきたい。彼はいま大学で漫画について講義しているのだが、日本漫画史を振り返る中で、革命的記念碑となった作品が過去2つ存在するという。その一つが手塚治虫の『新宝島』であり、もう一つが大友克洋の『童夢』なのである。浦沢が述べるように、日本漫画史がそれまで『新宝島』の以前と以後で分けられていたものが、今度は『童夢』以前と以後で分けられようとしている。それくらい革新的だった大友の登場に、自分が頂点に君臨して築いてきた燦然と輝く日本漫画史が完全に塗り替えられようとしていると、手塚本人の恐怖はどれだけのものだったことか。

 

 

しかし、大友自身が自分の言葉で述べるように、漫画家にとって手塚治虫とはいまなお圧倒的な巨人であり、現代の作家にとってもその巨人の肩の上に乗っているからこそ、その先へと進むことができている。そんな手塚の作品が、今なお新鮮に読めるというのは、現代の読者にとってものすごく幸せなことだと言えるだろう。以前にも紹介したが、Kindle電子書籍の手塚治虫特集の充実ぶりには目を見張るものがある。ぜひ今こそもう一度、手塚作品を味わいたいところである。

 

tezuka-kindle2

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

おすすめKindleコミック『幽麗塔』(原作は『幽霊塔』):この漫画の売り方と売れ方がすごい

これまで漫画を読むこともそれほど多くなかった僕だが、「Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだ

記事を読む

Kindle版が無料だったので、ものすごく今更だが漫画『島耕作』シリーズを読んでみた

最も有名なサラリーマン漫画といってもいいだろう『島耕作』シリーズ。僕自身はまったく読んだことなかった

記事を読む

おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014年のマンガ大賞受賞作

2008年に始まったマンガ大賞。ご存知でしょうか?過去には錚々たる作品がノミネートされ受賞しているこ

記事を読む

[Kindleコミックセール]おすすめグルメ漫画『食の軍師』は『孤独のグルメ』よりも味わい深い

Kindle書籍・漫画の大規模セールが次々と登場し、思わず色々と買わされてしまうから恐ろしい。電子書

記事を読む

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

人生で大切なことは『アドルフに告ぐ』にも学んだ

先日「人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ」と言った舌の根も乾かぬうちに訂正させてくれ。『ア

記事を読む

中央アジアとシルクロードを舞台にしたおすすめの漫画『乙嫁語り』の細かい描写が素晴らしい

ついに出ましたね、『乙嫁語り』最新第8巻。今回はパリヤさんの結婚物語。いやぁ今回も楽しく読ませて頂い

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1東村アキコ編

NHKでこの秋放送されていた「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっただろうか?これがものすごく面白

記事を読む

刑務所の医師不足と漫画『ムショ医』

先日のNHK News Web でも報道された通り、現在日本の刑務所における医者不足が極めて深刻な問

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑