*

おすすめ漫画『乙嫁語り』最新巻と中央アジアの遊牧民たち

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 オススメ漫画, 海外

漫画『乙嫁語り』の最新第7巻が登場!これは以前に「おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014年のマンガ大賞受賞作」でも書いたように、中央アジアの遊牧民を主役に据えたストーリー。その秀逸な着眼点と、ユニークな物語、そして精緻な描写が築きあげる漫画の世界観が実に素晴らしいのである。いまイチオシのコミックと言えるだろう。

 

 

central-asia-horse

 

 

ただ、中央アジアって一体どこ?という方には、作者がマンガ大賞受賞メッセージ に寄せた以下のイラストが参考になるだろう。具体的には、カザフスタン、キリギス、ウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタンの5ヶ国を指すことが多い。余り馴染みのないこれらの国だが、サッカー日本代表がワールドカップ予選でカザフやウズベクと戦った際などで、メディアで見聞きしたことを思い出す人も多いのではないだろうか。

 

otoyome-manga-2014

 

 

central-asia-field

 

 

さて本学では、「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国」でも紹介したように、実はこれら中央アジアの国々からの政府派遣留学生が結構な数を占めているのである。そんな彼らにこの漫画『乙嫁語り』の絵を見てもらったところ、かなり忠実に再現しているというコメントだったのも、以前に紹介したとおりだ。

 

彼らの現代の暮らしはもちろん漫画とは全く異なるモダンな都市型のものである。それでもなお、この地域で遊牧という暮らし方が長年続けられてきたこと、そして彼ら自身がその末裔であるということに、とても印象深いものを感じるのだ。

 

日本においても過去に何度かのシルクロード・ブームがあったが、この中央アジア一体は、その東西交易で栄えた数多くのオアシス都市を有し繁栄したわりには、日本人にはまだ馴染みが薄い地域と言わざるをえない。しかし、この地の歴史と地理を学ぶたびに、これほどまでに魅力あふれた地域なのかと思うのもまた事実なのである。そんな風に僕が感じるようになった最初のきっかけが、この漫画『乙嫁語り』であり、そしてそれを後押ししたのが本学の留学生から学んだ彼の地の文化や伝統なのである。中央アジアにぜひとも行ってみたいと思う。

 

 

credit: Iman Fattah via FindCC

credit: Iman Fattah via FindCC

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Kindle版が無料だったので、ものすごく今更だが漫画『島耕作』シリーズを読んでみた

最も有名なサラリーマン漫画といってもいいだろう『島耕作』シリーズ。僕自身はまったく読んだことなかった

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

おすすめKindleコミック『幽麗塔』(原作は『幽霊塔』):この漫画の売り方と売れ方がすごい

これまで漫画を読むこともそれほど多くなかった僕だが、「Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだ

記事を読む

至高のグルメ(ギャグ)漫画『食の軍師』を、TOKYO MX がまさかのドラマ化

『孤独のグルメ』で新たなグルメ漫画のあり方を提示した久住昌之が、さらなるイノベーションをもたらしたの

記事を読む

中央アジアとシルクロードを舞台にしたおすすめの漫画『乙嫁語り』の細かい描写が素晴らしい

ついに出ましたね、『乙嫁語り』最新第8巻。今回はパリヤさんの結婚物語。いやぁ今回も楽しく読ませて頂い

記事を読む

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ

手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』。モグリの医者をダークヒーローとし、命とは、生きるとは、そして金

記事を読む

ヒマラヤの山麓、ブータンの春、そしてツェチュ祭:世界で一番美しい瞬間

NHK-BSの番組「世界で一番美しい瞬間(とき)」。先日特集されたのが「満月の夜 祈りのとき ブータ

記事を読む

【おすすめコミック】賭博と心理の傑作『カイジ』のスピンオフ漫画『中間管理録トネガワ』が最高すぎる

ギャンブル漫画としてのみならず、その心理戦の描写が実に素晴らしいご存知『カイジ』。このシリーズに敵役

記事を読む

ブータン仏教の聖地・タクツァン僧院に行ってきた

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

【Kindle特大セール】幻冬舎の電子書籍が半額以下の大キャンペーン|おすすめ8作品

幻冬舎による大型キャンペーン【50%ポイント還元】幻冬舎フェア が期間

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑