*

国民栄誉賞受賞|将棋永世7冠羽生善治と囲碁7冠井山裕太

公開日: : ニュース

将棋と囲碁という伝統ある世界において、大きなニュースとなったのが、長い将棋の歴史の中で初の永世7冠を達成した羽生善治と、こちらも長い長い歴史がある囲碁で初めて7冠独占を2回も成し遂げた井山裕太の偉業だろう。そんな二人に国民栄誉賞が授与されたことに、何ら異論はないだろう。

 

kuzushi shougi

 

 

僕自身、将棋も囲碁も、見るのも好きだし指すのも好きであり、とくにこの二人からはずっと目が離せないでいた。以前にも「あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生」と書いたように、羽生の勝負はいつも魅力的だ。そしてまた若き囲碁棋士・井山裕太についても、「囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手」で書いたように、実にユニークな方法で鍛えられてきたと感嘆するばかりだ。

 

japanese igophoto credit: Ken Reppart via photopin cc

 

 

そんな二人が国民栄誉賞という大きな賞を受け、今後ますます将棋界・囲碁界が盛り上がってくることを期待したい。とくに将棋界では、AI将棋の圧倒的な進化と、一方では藤井聡太のような若き天才が現れ、実に話題も豊富で華やかだ。一方の囲碁界では、将棋よりもずっと世界的なゲームであり裾野の広さを特長とする一方で、日本人棋士がなかなか世界レベルで勝てない状況が続いている。そしてもちろん、囲碁界でもAIの発展はすさまじく日進月歩で進化し続けている。

 

そんな魅力的な将棋と囲碁の世界を、これまた実にエキサイティングな時代に楽しめることを喜びたいし、ぜひ今後とも応援し続けたいと個人的に思っているところだ。ちなみに、羽生善治のこれまでの圧倒的な活躍を振り返るならば、この『羽生善治 闘う頭脳』が最高に素晴らしい一冊だ。

 

また、羽生本人による名著が多い中、まずは一冊選ぶならこの『決断力』がいいだろう。羽生が何を考え、何を思い、どう決断してきたのか、その思考回路を解説する本書はじつに興味深く、将棋ファンはもちろん、そうでない人にとっても大変参考になる一冊だ。天才と呼ばれ続けたその人の頭脳を垣間見ることができる、貴重な機会となるはずだ。

また、今の将棋界における最大のトピック人工知能について知るならばこの一冊が素晴らしい。なにしろ現在最高の人工知能であるポナンザの開発者が自らその過程を語っているのである、これが面白くないはずないのだ。出版されたすぐに読んだけど、めちゃくちゃ興奮する一冊としてぜひ強くおすすめします。

 

 

若き囲碁棋士・井山裕太には確かに羽生善治ほどの著書はまだない。しかし昨年出版されたばかりの本人による著書『勝ちきる頭脳』では彼の考えを知ることができるし、またとくにおすすめしたいのが、井山の師匠・石井邦生による一冊だ。先にも述べたように、大変ユニークな育て方をしたのがこの石井であり、だからこそ今の井山があるのかと思うと、伸び伸びとした囲碁を指すよう自由に育てた背景にあらためて思いを強くするのである。天才が生まれるその裏には、当然その天才を育てる名師匠がいるわけであり、そんな二人の絆を感じることができる名著としてこちらもおすすめしたい。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

六本木ウィスキーヒルズに行ってきた。

昨年末、六本木ヒルズで開催されたイベント「Whisky Hills」に行ってきた。なにしろ「マッサン

記事を読む

日本のクラフトビールは新潟がアツいんです。ご存じでした?

さて、昨日書いた「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」の続編。じつは日本のクラフトビールは

記事を読む

史上最年少プロ棋士・藤井聡太の初勝利と『将棋の子』たち

史上最年少のプロ棋士が誕生したと話題となったのが2016年9月のこと。それから3か月が経ち、今度は若

記事を読む

今年のM-1優勝はミルクボーイ|松本人志はじめ審査員の採点と評価コメントにこそ大注目

2019年、令和最初のお笑い王座を決める M-1グランプリは、決勝初出場にして史上最高点を叩き出した

記事を読む

クラウド会計「freee」が大型上場|確定申告と研究費管理に役立つ画期的サービス

先日は、クラウド会計サービスを手がける freee (フリー) が東証マザーズに上場し、その規模が今

記事を読む

シンガポール建国50周年|エリート開発主義国家の光と影の200年

先日で建国50周年を迎えたシンガポール。Economist や、Wall Street Journa

記事を読む

TSUTAYA運営の市立図書館に続き、今度は学習塾ノウハウを公教育に導入:いま話題の佐賀県武雄市に行ってきた

佐賀県武雄市がまた新しい取り組みを始めたようだ。 (NHKニュース)佐賀県武雄市は、来年の春から公

記事を読む

中央アジア訪問記:シルクロードの要衝ウズベキスタン

報道の通り、先週から安倍首相がモンゴルおよび中央アジア5ヶ国を訪問している(NHKニュース)。しかし

記事を読む

林業男子と林業女子:Wood Jobs!

「少年よ、大木を抱け。WOOD JOB!」で書いたように、『舟を編む』の著者三浦しをんによる『神去な

記事を読む

サッカー日本代表W杯開幕戦:日本のサッカーを強くする25の視点

あと数時間で、日本対コートジボワール戦のキックオフ。おそらく今回も相当大勢の日本人が、このときばかり

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

【Kindleセール】経済学書などの高額書籍が半額キャンペーン

Amazon Kindle電子書籍の、「最大50%OFF 高額書籍キャ

Amazonワインストアセール|ソムリエに聞こう、おすすめスパークリング&白ワイン

先日も書いたように、いまAmazonワインストアが熱い。電子書籍Kin

kuzushi shougi
初タイトル目指す藤井聡太七段の連勝と、将棋棋士の獲得賞金・対局料

先日も書いたけど、いま将棋がめちゃくちゃ面白いね。コロナ禍で約2ヵ月間

Amazon専属ワインソムリエに直接聞いてみた、今回のまとめ買いセールでおすすめの6本

Amazonソムリエサービスを初めて使ってみた 以前に「Amazon

天才・奇才のおうち時間|日本に残る最後の秘境・東京藝術大学生の華麗な日常

NHKで放送中の「金曜日のソロたちへ」という番組をご存知だろうか? こ

将棋竜王戦ランキング戦決勝|杉本八段と藤井七段の師弟対決が素晴らしかった

前回、「藤井聡太七段が先勝|現役最強棋士・渡辺棋聖とのタイトル戦」でも

介護士からプロ棋士へ、今泉健司四段「3度目の逆転人生」

Yahoo! ニュースにも掲載された記事「藤井聡太七段を撃破!介護士か

Amazonワインストアで初めて注文してみた|本日まで大幅セール中

先日も紹介したように、いまのAmazonは、ワインストアに注力してたり

PAGE TOP ↑