*

雪国・南魚沼と、消雪パイプシステム

公開日: : 最終更新日:2014/11/17 南魚沼・新潟

国際大学のある南魚沼市は新潟県の中越に位置するが、このエリアは長岡や越後湯沢を含め、日本のというか世界でも有数の豪雪地帯である。

 

大学後方に聳える越後三山(八海山(1,778m)・越後駒ヶ岳(2,003m)・中ノ岳(2,085m) )は、今はもちろん綺麗に雪化粧されている。

冬の公園

 

近所の公園はこんな感じの白銀世界。まだ誰にも踏まれていない、真白のパウダースノーが美しい。

冬の八色公園

 

そういう雪国の暮らしでは、積雪に対しどう除雪・圧雪するかというのが非常に重要な問題となっており、マイホームを持っている人にとっては特に、玄関や駐車場の雪かき、そして屋根の雪下ろしといったものが日々の重労働となっているのも事実である。

 

一方の市内道路は、消雪パイプというシステムのお陰で、雪が積もったそばから溶かされていき、車の運転で困るということはあまりない。以下の写真が示すように、このシステムは、道路中央から地下水を噴出させ、それによって道路上の雪を「消雪」するというものである。雪を除くという点では、トラック/ブルドーザー等で除雪・圧雪するよりも遥かにこのシステムが活躍している。

冬の消雪パイプ

 

そんな消雪パイプシステムを開発したのが、南魚沼市のお隣・長岡市であり、昭和36年のことだ。こういう開発物語は、NHKの「プロジェクトX」でも取り上げて欲しかったなあ。もう番組自体が終わってしまったけど。詳しくは、長岡市の以下のホームページで紹介されているので、ぜひご覧くだされ。

  1. 消雪パイプ誕生物語
  2. 消雪パイプはどうなっているの?
  3. 地盤沈下をふせぐには?

 

消雪パイプシステムの説明

(リンク:長岡市

 

ところで、地下水を汲み上げ道路に散水するこの消雪パイプだが、このシステムのポイントは、撒いた水が凍らないという点にあると思う。上の写真を見ても分かるように、道路上の雪を消した水はそのまま水として流れていく。雨が降った時と同じような感じで地面が濡れるだけである。もしもこれが、水が凍ってしまうようなことがあると、今度は道路上の氷で車がスリップするといった事態が発生してしまう。もしくはそれ以前に、ポンプやパイプが凍って水が出なかったり破裂してしまったり、ということもあるだろう。

 

ここ南魚沼では確かによく雪が降る。しかし思っていたほど寒くはないのである。今年も大寒波が来ていたアメリカ北東部のあの寒さと比べたら、そりゃあもう「暖かい」と言ってしまってイイくらいのものである。雪は降るけど、水が氷になるほど、つまりは零下になるほど気温は下がらない、というのが南魚沼の冬のようだ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

bijotabi winter hakkaisan

君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に

「国際大学(IUJ)の紹介:ロケーション」で書いたように、本学がキャンパスを構えるのが新潟県南魚沼市

記事を読む

裸の男衆がつくる厳寒の異空間|越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭に行ってきた

ご存じの方は皆無だと思うが、越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭という祭りがある。上半身裸の男衆が「サンヨ!」

記事を読む

南魚沼の名門老舗旅館「龍言」と将棋タイトル王座戦

軟派な諸兄には「南魚沼といえば美女旅」だが、硬派な諸氏には「南魚沼といえば将棋と龍言」と覚えて頂きた

記事を読む

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、競争倍率激しい抽選をぶじに勝ち

記事を読む

南魚沼発のコンセプト観光案内「美女旅」が、岩手県遠野・花巻に飛び火

「君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に」で紹介したから、もうご存知ですよ

記事を読む

sakeno jin 2014

新潟の冬、日本酒の冬、「酒の陣」へいざ出陣

ご存知のように新潟は全国指折りの酒処。県全体で90を超える蔵が今も酒を造り続けており、この数は都道府

記事を読む

春の一大イベント・新潟淡麗「酒の陣」が今年も開幕|県内90の蔵元と500種類の日本酒が勢揃い

今週の土曜と日曜日の二日間は、いよいよ日本酒党が待ちに待った年に一度のお祭り「酒の陣」ですよ!200

記事を読む

愉しく美味しく走ろう!南魚沼グルメマラソンを応援してきた

本日のKindleセール商品は、『ウルトラマラソンマン 46時間ノンストップで320kmを走り抜いた

記事を読む

今年も地元南魚沼で開催の裸祭りに(服を着て)行ってきた

3月3日は雛祭り、というのはあまりにもガールズ目線過ぎる。男ならここはやはり年に一度の一大イベント「

記事を読む

美女と稲刈り:魚沼産コシヒカリ、新米できました

さてさて収獲の秋、味覚の秋、そして食欲の秋。今年も魚沼産のコシヒカリの新米ができましたよっ!以前に「

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

経済学と統計学のオススメ2冊が半額以下の注目セール

Kindle本日の日替わりセールに、山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学

クラウド会計「freee」が大型上場|確定申告と研究費管理に役立つ画期的サービス

先日は、クラウド会計サービスを手がける freee (フリー) が東証

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように

今年のM-1優勝はミルクボーイ|松本人志はじめ審査員の採点と評価コメントにこそ大注目

2019年、令和最初のお笑い王座を決める M-1グランプリは、決勝初出

数学者たちの異常な日常|世にも美しき最後の秘境

以前に「あたなの知らない、世にも美しき数学者たちの日常」でも紹介した、

ワールドカップ決勝へ|ラグビー名将エディー・ジョーンズの勝負哲学

ラグビー・ワールドカップが面白い。まったくもってニワカなんですが、ルー

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセ

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2019年版

今年もまた、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自然科学

PAGE TOP ↑