*

雪国・南魚沼と、消雪パイプシステム

公開日: : 最終更新日:2014/11/17 南魚沼・新潟

国際大学のある南魚沼市は新潟県の中越に位置するが、このエリアは長岡や越後湯沢を含め、日本のというか世界でも有数の豪雪地帯である。

 

大学後方に聳える越後三山(八海山(1,778m)・越後駒ヶ岳(2,003m)・中ノ岳(2,085m) )は、今はもちろん綺麗に雪化粧されている。

冬の公園

 

近所の公園はこんな感じの白銀世界。まだ誰にも踏まれていない、真白のパウダースノーが美しい。

冬の八色公園

 

そういう雪国の暮らしでは、積雪に対しどう除雪・圧雪するかというのが非常に重要な問題となっており、マイホームを持っている人にとっては特に、玄関や駐車場の雪かき、そして屋根の雪下ろしといったものが日々の重労働となっているのも事実である。

 

一方の市内道路は、消雪パイプというシステムのお陰で、雪が積もったそばから溶かされていき、車の運転で困るということはあまりない。以下の写真が示すように、このシステムは、道路中央から地下水を噴出させ、それによって道路上の雪を「消雪」するというものである。雪を除くという点では、トラック/ブルドーザー等で除雪・圧雪するよりも遥かにこのシステムが活躍している。

冬の消雪パイプ

 

そんな消雪パイプシステムを開発したのが、南魚沼市のお隣・長岡市であり、昭和36年のことだ。こういう開発物語は、NHKの「プロジェクトX」でも取り上げて欲しかったなあ。もう番組自体が終わってしまったけど。詳しくは、長岡市の以下のホームページで紹介されているので、ぜひご覧くだされ。

  1. 消雪パイプ誕生物語
  2. 消雪パイプはどうなっているの?
  3. 地盤沈下をふせぐには?

 

消雪パイプシステムの説明

(リンク:長岡市

 

ところで、地下水を汲み上げ道路に散水するこの消雪パイプだが、このシステムのポイントは、撒いた水が凍らないという点にあると思う。上の写真を見ても分かるように、道路上の雪を消した水はそのまま水として流れていく。雨が降った時と同じような感じで地面が濡れるだけである。もしもこれが、水が凍ってしまうようなことがあると、今度は道路上の氷で車がスリップするといった事態が発生してしまう。もしくはそれ以前に、ポンプやパイプが凍って水が出なかったり破裂してしまったり、ということもあるだろう。

 

ここ南魚沼では確かによく雪が降る。しかし思っていたほど寒くはないのである。今年も大寒波が来ていたアメリカ北東部のあの寒さと比べたら、そりゃあもう「暖かい」と言ってしまってイイくらいのものである。雪は降るけど、水が氷になるほど、つまりは零下になるほど気温は下がらない、というのが南魚沼の冬のようだ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

新潟県内地域図

越前・越中・越後と、上越・中越・下越

新潟県の面積はなかなかに大きいのだが、さて、日本の都道府県の面積を大きい順に5番目くらいまで正確に言

記事を読む

定点観測して気づいたが、稲の成長速度がものすごく速い

さてご存じの通り、ここ南魚沼一帯はコシヒカリの一大産地である。というわけで、コメの作付けから稲刈りま

記事を読む

今年も地元南魚沼で開催の裸祭りに(服を着て)行ってきた

3月3日は雛祭り、というのはあまりにもガールズ目線過ぎる。男ならここはやはり年に一度の一大イベント「

記事を読む

「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もうご存知ですよね、新潟県燕三条地

記事を読む

3年に一度のアートの祭典|越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」は今週末まで

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」でも紹介したように、今年は三年

記事を読む

春の一大イベント・新潟淡麗「酒の陣」が今年も開幕|県内90の蔵元と500種類の日本酒が勢揃い

今週の土曜と日曜日の二日間は、いよいよ日本酒党が待ちに待った年に一度のお祭り「酒の陣」ですよ!200

記事を読む

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

minami uonuma library 3

リニューアルオープンしたばかりの南魚沼市図書館に行ってきた

今月リニューアルオープンした南魚沼市図書館に、早速行ってきたぞ。六日町駅前に立地しているこの図書館。

記事を読む

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、

記事を読む

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦が本当にこの夏日本にやって来た

今年の夏は忙しかった。何に忙殺されていたかと言えば、それが実は「アメリカで最もお世話になったあの老夫

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑