*

Kindle電子書籍で(不)真面目に読める、おすすめ英語テキスト19冊

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 Kindle, 英語

Kindleで安く手軽に読める英語テキスト。まずオススメしたいのは、何と言っても越前敏弥の『日本人なら必ず間違う』シリーズ。これ、実にコンパクトにまとめられているものだから、あっさり簡単な内容なのではないかと思うかも知れないが、実は恐ろしくレベルが高い。だからこそ書籍の帯にある「英語自慢の鼻をへし折る」のコピーが光るのである(参考「越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊」)。もし英語に自信がないなら、まだ読まない方がいいだろう。もしそれなりに自信があるのなら、まずは最初の一問か二問に挑戦してみてはどうだろか。多分、かなりの確率で鼻をへし折られると思うから。というわけで本シリーズ3冊、大キャンペーン中の今こそ取り組んでみて欲しいものだ。

 

続いておすすめしたいのは、これも過去何度も推薦してきたドクター・ヴァンスの著作。「ワンランク上の英語を目指したおすすめテキストで、英語の思考法とパワー単語を学ぶ」でも紹介したように、僕が本書およびその他の彼の一連の著書から学んだことは、1点目は、リズム・トーン・メロディの強弱と切替であり、そして2点目が、その強弱の強にさらに力を加えるということ。とてもタメになった一冊として推薦したい。まだKindle化されていない彼の著書『パワー英単語』も、非常に使える単語集として紹介しておきたい。

 

次に紹介したいのは、関谷英里子の英単語シリーズ。「リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング」にも書いたように、上記ヴァンスの『パワー英単語』と同様に、ちょっと言い換えるだけで英語の文章が見違えるように力強く変貌する、そんな英単語を紹介した単語帳なのである。これはスピーキングでもライティングでも使えるものばかりなので、本書シリーズで紹介されている英単語を、全部おさえておくとよいと思う。

 

そんな単語の「言い換え」が出来るようになると、今度は微妙な「ニュアンスの違い」にまで気を配りたくなるだろう。つまり、単純に自動的に英単語を置き換えるのではなく、時と場合に応じてぴったりの英単語を自ら選び取るということ。その word choice の際に極めて参考になるのが、以下の『類語使い分け辞典』である。似たような英単語は多々存在するが、それらにどんな違いがあってどのように使い分けるべきなのか、そういうことを解説してくれるユニークにして実にプラクティカルな辞書なのである。

 

英文ライティングに関しては、「日本語で書かれたおすすめテキスト『発信型英語スーパーレベルライティング』が待望のKindle版で登場」でも紹介したように、植田一三の『発信型英語スーパーレベルライティング』がイチオシだ。僕自身、留学前にはこの本に大変お世話になった。「英文ライティングの新定番テキスト」等でも書いてきた通り、洋書ではライティングのテキストは良質のものが多々あるが、日本語で書かれたクオリティの高いものは驚くほど少ない。だからこそ本書はそんな希少な一冊としておすすめできるものなのである。

 

それ以外のライティング書でおすすめしたいのが、いまや古典的名著といえる『理科系のための英文作法』。そしてブルーバックスで出版されている「英語ライティング」シリーズ。いずれも「理科系のため」と銘打たれているが、もちろん英作文の本質に理系・文系の違いはない。理科系の分野の方がより研究の作法が世界で共通化されているからこそ、英語ライティングにおいてもこれらのテキストがとても役立つのである。

 

斎藤兆史の『英語達人塾』と『英語達人列伝』も面白く読めて参考になる書籍だ。とくに達人として登場するのが岡倉天心や白洲次郎なのだが、彼らのエピソードを読むたびに、「英語を話す」ではなく、英語で「何を話す」かが大事だと改めて思わさせる。

 

英単語や英文法の単純なナゼに明快に応えてくれるのが以下の二冊。「世にもおもしろい英語|あなたの知識と感性の領域を広げる英語表現」でも紹介したように、小泉牧夫の『世にもおもしろい英語』は読んでいて、へぇ~となるほど~の連続で、英語という言語の奥深さを感じさせてくれる。里中哲夫の『英語の質問箱』も同様に、英語を勉強する上での素朴な疑問に回答する形で、英語の豊かさや面白さをさらに教えてくれる優れた一冊となっている。

 

最後に極めてユニークな3冊を紹介しよう。まずは、「ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?」でも紹介したキレッキレのJOJO英語。人生で一度だった使うことのないあんな台詞を英語で学べるなんてッ!そして二冊目は、「学校では教えてくれない、正しいFUCKの使い方」で紹介した f-word 英語。人生で一度も使わないだろうあの表現をきちんと勉強できるなんてッ!最後の三冊目は極めつけ、『出ない順 試験に出ない英単語』である。こんなに非実用的な英語テキストが続々と出版される日本の英語学習マーケットというのは、ある意味ものすごく成熟したものだよね。

 

以上が手軽に楽しく、でも真面目に読めるKindleおすすめの英語テキスト19選。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

dictionary-english

【Kindle大セール】英語おすすめテキスト26選がお買い得

現在開催中の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンには、数多くの英語テキストも含まれてい

記事を読む

new york times building

ニューヨーク・タイムズと朝食を

前回「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介した "Lunch with the FT" のインタ

記事を読む

credit: permanently scatterbrained via FindCC

Kindle電子書籍で手軽に読む高野秀行の探検記シリーズは、フィクションかと思うほどの強烈ノンフィクション

高野秀行という作家はものすごく強烈な個性を放っている。「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクショ

記事を読む

medium_6659298473

越前敏弥の『日本人なら必ず誤訳する英文~あなたはこれをどう訳しますか?』は、英語自慢への挑戦状

「越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊」で紹介したように、このシリ

記事を読む

pens for writing

英語論文の書き方:よりモダンでクリアな英作文テキスト3選

「英文ライティングここから始める」で書いたように、そこで紹介したテキスト4冊は英文ライティングのため

記事を読む

paper editing

英語論文の書き方:アカデミック・ライティングの決定版テキスト

僕が学生の論文を指導するにあたって、まずは徹底的に読み込むようアドバイスしているのが、前回紹介した英

記事を読む

credit: JKim1 via FindCC

日本語で書かれたおすすめテキスト『発信型英語スーパーレベルライティング』が待望のKindle版で登場

なんと、植田一三の『発信型英語スーパーレベルライティング』が、Kindle版で登場しているではありま

記事を読む

restaurant wine glasses

フィナンシャル・タイムズと昼食を

フィナンシャル・タイムズのコラム "Lunch with the FT" を毎週楽しみに読んでいる。

記事を読む

kindle-sale-comic-1506

【Kindle大セール】傑作漫画『僕だけがいない街』ついに完結|おすすめKindleコミック12作品がすべてセール中

僕だけがいない街 ついに最終話!ひさしぶりに胸を踊らせながら読み続けていた『僕だけがいない街』が、

記事を読む

2015-07-04 09.26.36

新しい Kindle Paperwhite を4,000円オフのキャンペーン価格で買った|電子書籍専用リーダーはやっぱり快適

長いこと愛用してきた Kindle Paperwhite だが、ついに先月新製品が発売され、しかもそ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

credit: carlaarena via FindCC
【Kindle日替わりセール】高野秀行の最新探検記『恋するソマリア』で学ぶアフリカ現地情勢

本日のKindle日替わりセールに、あの高野秀行の『恋するソマリア』が

kindle-1605
【Kindle特大セール】光文社の新刊ベストセラーが早くも半額キャンペーン

始まったばかりの「【50%ポイント還元】光文社キャンペーン」が素晴らし

kindle-sale-150812
【Kindle特大セール】角川書店50%オフの大キャンペーン|おすすめはこの26冊だ

角川書店の Amazon Kindle 電子書籍4,000冊以上が50

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑