*

若き冒険家のアメリカ|植村直己『青春を山に賭けて』

公開日: : 最終更新日:2015/12/20 オススメ書籍, オススメ漫画, オススメ番組・映画・ドラマ

NHK-BS で放送されている「ザ・プロファイラー|夢と野望の人生」をご覧になっているだろうか?以前に「手塚治虫の夢と野望と欲望と嫉妬:アトムとAKIRA」で書いたように、この番組が取り上げた手塚治虫の回が僕には衝撃的であった。漫画の神として君臨したあの手塚治虫がこんなにも、石ノ森章太郎や大友克洋の若き才能に嫉妬していただなんて!

 

というように、NHKのこの番組は日本および世界の天才・奇才・異才の人生に迫る内容なのだが、「夢と野望の人生」という副題が示すように、世界中の人々に夢と希望と感動を与えたという正の側面だけでなく、その背景に隠し持っていた野望や欲望や嫉妬という負の一面にまで踏み込んだ点に、極めて優れた番組視点が感じられる。

 

everest

Photo by Lloyd Smith

 

その先週の放送が、「“死ぬも生きるも、ただ一人だ”~冒険家・植村直己~」であった。

人類史上初めて、五大陸の最高峰を制覇するという偉業を達成した冒険家・植村直己。しかも、そのうちの4つは、たった一人での「単独行」だった。その植村が、次に向かったのは、何と“北極”。イヌイットと暮らし、犬ぞりの技術を身につけた植村は、北極点への単独行という、またしても人類史上初の偉業を成し遂げる。だが、それも植村にとっては、心に秘めた本当の冒険への序章に過ぎなかった。植村が目指したものとはいったい?

 

この番組を今回もまた大変興味深く視聴したのだが、その中でも個人的に印象に残ったのが、ヨーロッパの山々に挑戦する前に植村がまず最初に向かったのがアメリカだったということだ。1964年、大学を卒業した植村は、横浜港を出港する移民船に乗り込んでロサンゼルスへと向かう。そして到着した豊かな国アメリカで、まずは登山資金を稼ごうと農園で仕事を始める。それはメキシコからの移民たちと一緒に、照りつける太陽の下、腰をかがめてブドウを一日中刈り取るような重労働の連続であった。

 

しかし、植村の表情はいつも明るい。それは彼にはいつも、世界の山々に登るという夢と野望があったから。だから、現地の警察に不法就労で捕まった際にも、その熱意を伝えることで何とか日本への強制送還を免れることができたのである。そんな植村のアメリカ時代は、著書『青春を山に賭けて』にも描写されているように、農園で知り合った女性との淡い恋も含め、まるでアメリカ西海岸の気候そのままに、突き抜けるほどに明るく清々しい。これはもう、藤原正彦『若き数学者のアメリカ』に比肩するほどの、青春記の傑作と言えるだろう。

 

 

 

もうひとつ、今回のNHK「ザ・プロファイラー」で興味をもったのが、ゲストとして登場した石塚真一のコメントだった。「最強のクライマー夫婦物語『凍』と、山岳救助漫画『岳』」でも書いたように、山岳漫画の傑作『岳』。その作者である石塚は、漫画の主人公・三歩のモデルとなっているのが、じつは植村直己なのだと解説する。これは全く知らなかったのだが、それほど石塚に鮮烈な印象を残したのが、冒険家・植村の数々の挑戦だったそうなのである。

 

 

 

というように、毎回興味深い人物を取り上げ、関連の深いゲストを招き、そして歴史の裏側に光を当てるこの番組、次回放送は「俺は“英雄”なんかじゃない~アラビアのロレンス~」。これも間違いなく面白くなりそうな企画ではないか。ぜひお楽しみに。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

【おすすめ英語テキスト】あの「語源図鑑」に待望の続編が登場|英単語を語源から根こそぎ理解する

ついに出ましたね、あのベストセラー『英単語の語源図鑑』に第二弾の続編が! これ、ものすごくおススメな

記事を読む

puma

サッカー・データ革命の時代に読んでおくべきこの5冊

データ革命が加速する世界最先端の現代サッカー 「ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカ

記事を読む

東京五輪と同時開催していた「数学オリンピック」でも日本代表がゴールドメダル|この漫画がスゴい

東京オリンピックが閉会した。日本代表選手が獲得したメダルの数や色に一喜一憂するのは当然かも知れないが

記事を読む

この漫画がすごい『数学ゴールデン』が描く数学オリンピックの世界

Amazon では Kindle 電子書籍の大規模セールをしばしば開催しているが、こうしたキャンペー

記事を読む

国語辞典ベストセラーランキングに見る人気辞書|中学生以上は新明解、小学生はドラえもんかチャレンジか

国語辞典というのは大変におもしろい。実に個性豊かであるにも関わらず、その特徴は必ずしもきちんと伝わっ

記事を読む

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は

記事を読む

宗教と科学の壮大な人間ドラマ|漫画『チ。―地球の運動について―』がめちゃくちゃ面白い

第1集が出版されたときから異色の傑作漫画になると思って注目してきた『チ。ー地球の運動についてー』が、

記事を読む

kuzushi shougi

日本将棋マネーリーグ|今年も賞金ランク首位は豊島将之竜王、藤井二冠は?

先日は毎年恒例の「欧州サッカー・マネーリーグ」が発表され、今年もスペインのFCバルセロナが収入ランキ

記事を読む

東大医学部合格者の6割が通う進学塾|受験エリートと塾歴社会

先日、雑誌AERAの特集を読んだ。「東大理III合格者の6割が所属 受験エリートの“秘密結社”」とい

記事を読む

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように、昨今にわかに昆虫ブームなのは

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑