*

若き冒険家のアメリカ|植村直己『青春を山に賭けて』

公開日: : 最終更新日:2015/12/20 オススメ書籍, オススメ漫画, オススメ番組・映画・ドラマ

NHK-BS で放送されている「ザ・プロファイラー|夢と野望の人生」をご覧になっているだろうか?以前に「手塚治虫の夢と野望と欲望と嫉妬:アトムとAKIRA」で書いたように、この番組が取り上げた手塚治虫の回が僕には衝撃的であった。漫画の神として君臨したあの手塚治虫がこんなにも、石ノ森章太郎や大友克洋の若き才能に嫉妬していただなんて!

 

というように、NHKのこの番組は日本および世界の天才・奇才・異才の人生に迫る内容なのだが、「夢と野望の人生」という副題が示すように、世界中の人々に夢と希望と感動を与えたという正の側面だけでなく、その背景に隠し持っていた野望や欲望や嫉妬という負の一面にまで踏み込んだ点に、極めて優れた番組視点が感じられる。

 

everest

Photo by Lloyd Smith

 

その先週の放送が、「“死ぬも生きるも、ただ一人だ”~冒険家・植村直己~」であった。

人類史上初めて、五大陸の最高峰を制覇するという偉業を達成した冒険家・植村直己。しかも、そのうちの4つは、たった一人での「単独行」だった。その植村が、次に向かったのは、何と“北極”。イヌイットと暮らし、犬ぞりの技術を身につけた植村は、北極点への単独行という、またしても人類史上初の偉業を成し遂げる。だが、それも植村にとっては、心に秘めた本当の冒険への序章に過ぎなかった。植村が目指したものとはいったい?

 

この番組を今回もまた大変興味深く視聴したのだが、その中でも個人的に印象に残ったのが、ヨーロッパの山々に挑戦する前に植村がまず最初に向かったのがアメリカだったということだ。1964年、大学を卒業した植村は、横浜港を出港する移民船に乗り込んでロサンゼルスへと向かう。そして到着した豊かな国アメリカで、まずは登山資金を稼ごうと農園で仕事を始める。それはメキシコからの移民たちと一緒に、照りつける太陽の下、腰をかがめてブドウを一日中刈り取るような重労働の連続であった。

 

しかし、植村の表情はいつも明るい。それは彼にはいつも、世界の山々に登るという夢と野望があったから。だから、現地の警察に不法就労で捕まった際にも、その熱意を伝えることで何とか日本への強制送還を免れることができたのである。そんな植村のアメリカ時代は、著書『青春を山に賭けて』にも描写されているように、農園で知り合った女性との淡い恋も含め、まるでアメリカ西海岸の気候そのままに、突き抜けるほどに明るく清々しい。これはもう、藤原正彦『若き数学者のアメリカ』に比肩するほどの、青春記の傑作と言えるだろう。

 

 

 

もうひとつ、今回のNHK「ザ・プロファイラー」で興味をもったのが、ゲストとして登場した石塚真一のコメントだった。「最強のクライマー夫婦物語『凍』と、山岳救助漫画『岳』」でも書いたように、山岳漫画の傑作『岳』。その作者である石塚は、漫画の主人公・三歩のモデルとなっているのが、じつは植村直己なのだと解説する。これは全く知らなかったのだが、それほど石塚に鮮烈な印象を残したのが、冒険家・植村の数々の挑戦だったそうなのである。

 

 

 

というように、毎回興味深い人物を取り上げ、関連の深いゲストを招き、そして歴史の裏側に光を当てるこの番組、次回放送は「俺は“英雄”なんかじゃない~アラビアのロレンス~」。これも間違いなく面白くなりそうな企画ではないか。ぜひお楽しみに。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

今さらだけど、新海誠監督の新作アニメ映画『君の名は。』がものすごくよかった

新海誠の最新作『君の名は。』が大ヒット上映中という以下のニュース記事。 新海誠『君の名は。』

記事を読む

Kindle電子書籍でエキサイティングに読もう、今あらためて宇宙論がおもしろい

僕は大栗博司『重力とは何か』を2年ほど前に読み、「この宇宙論はおもしろいよ!」と書いたのだが、その気

記事を読む

【おすすめ経営書】ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか

話題の経営書『ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか』を、とても興味深く読んだ。著者はピータ

記事を読む

【超おすすめ】サンキュータツオの名著『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』が待望の文庫化

あのサンキュータツオをご存知だろうか?早稲田大学大学院文学研究科の博士課程に学び、一橋大学で非常勤講

記事を読む

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は

記事を読む

町山智浩最新作『言霊USA2016』は、シリーズ最高の現代アメリカ社会批評だ

以前に、「町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評」と絶賛したように、町

記事を読む

WOWOW人気「連続ドラマW」シリーズ、8月の新作サスペンス『石の繭』明日スタート

WOWOWの人気ドラマシリーズ「連続ドラマW」をご覧になったことがあるだろうか?圧倒的なクオリティは

記事を読む

食肉偽装とWOWOW連続ドラマW『震える牛』のリアル

中国の工場で発生した期限切れ鶏肉の事件だが、これは別に、同工場もしくは同国の衛生管理技術の水準が低か

記事を読む

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

japanese dictionaries 1

国語辞典業界最大の謎がいま明らかにされる|辞書になった男ケンボー先生と山田先生

近年まれにみるほどの傑作ノンフィクション『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』が、待望の文庫化・

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑