*

2015年ことしのベストセラー|電子書籍編

公開日: : 最終更新日:2017/04/08 オススメ書籍

さて2015年も残りわずか。ということで今年も、本ブログ経由でよく読まれた本をランキングしてみよう(昨年のランキングもご参考まで)。まずは電子書籍編から。

第1位 ヤバい統計学

今年一年間の第1位に輝いたのは、なんと『ヤバい統計学』でした!2014年から続く統計学ブームはまだまだ衰えていないようだ。そして、こうした手軽に読める一冊を機にもう少し本格的に統計学を勉強してみようと思ったら、「今からでも遅くない|しっかり学ぶ統計学おすすめ教科書と関連書15選」に挙げた書籍をめくってみてはいかがだろうか。

 

 

第2位 ナンバーセンス

第2位に選ばれたのは、第1位の『ヤバい統計学』と同じ著者による新作『ナンバーセンス』。人気だな、カイザー・ファング。「『ヤバい統計学』著者による新作『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏」でも紹介したように、大学ランキングをいかに操作するかといった数字にまつわる裏話が大変興味深い一冊だ。まだ読んでいないなら、この冬休みにぜひ。

 

 

第3位 ナナのリテラシー

第3位にランクインしたのは、漫画『ナナのリテラシー』。これは「電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命」でも書いたように、いまや電子コミック業界の第一人者である漫画家・鈴木みそが、自らの成功体験をもとに、これからの漫画家そして出版社は電子書籍化の大革命の中でどう生き残っていけばよいのかを活写した傑作。全3巻で既に完結しているこの『ナナのリテラシー』は、出版業界関係者だけでなく、ビジネスモデルの変え方・作り方に関心があるビジネスマン等にも、もっと広く読まれるべき内容だろう。

 

 

第4位 学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方

第4位に飛び込んできたのは、サンキュータツオの名著『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』である。本書は、「国語辞典を選ぶならこの3冊がおすすめ:現代語に強い三省堂・豊かな語釈の新明解・安定と安心の岩波」でおすすめした国語辞典等を自分で最初に買うとき時などには、中学生から新社会人まで、絶対に事前に目を通しておいた方がよい。「学校で教えて欲しいおすすめ国語辞典の選び方・使い方・遊び方:複数の辞書を比較して使い分けよう」にも書いた通り、各辞典の特長とクセ、使い方と遊び方まで解説した、じつに辞典愛に満ち溢れた一冊なのである。

 

 

第5位

第5位に登場したのは、連載が続く人気漫画『僕だけがいない街』だった。「大注目コミック『僕だけがいない街』待望の最新巻発売とアニメ化決定」にも書いたが、2016年1月7日からのアニメ放送が決まっている作品でもある。ストーリー展開が巧みで、続きが読みたくて読みたくてたまらない、そんな漫画を最近読んでいるだろうか?それくらい読者を惹きつけているのがこの一作なのである。アニメ作品を見る前にぜひとも原作を読んで頂きたい。

 

 

第6位

第6位となったのは、『その問題、経済学で解決できます』。フィールド実験の第一人者である著者らが、これまでの研究成果を一般読者向けにまとめたもの。大変読みやすいながらも、最先端の経済学研究を知ることが出来る一冊だ。例えば、なぜ人は寄付をするのかと興味を持った著者は、寄付を募る文章をすこしずつ変えた手紙を用意し、どんな文言に人びとが反応するのかを探っていく「チャリティの経済学」また、「教育の経済学」においては、幼児教育の効果を測定するためにわざわざ保育園まで新しく設立してしまうあたりが実にアメリカ的であり、そんなアプローチを知ることもできる。経済学ではこんなこともやっているのかという新鮮な驚きが得られるだろう。

 

 

第7位

第7位の羽生善治『決断力』は、著作の多い羽生の中でも会心の一作。どれか一冊選ぶなら間違いなくコレだ。

 

 

第8位

第8位の苅谷剛彦『知的複眼思考法』も名著。思考法に関する書籍は多々出版されているが、まず読むならこの一冊。

 

 

第9位

第9位の『シグナル&ノイズ』も2014年から引き続き売れている一冊。米国の大統領選挙予測をことごとく的中させて、データ・サイエンティストと言えばネイト・シルバーというほどに時の人となった著者。もちろん今から読んでも面白い内容である。

 

 

第10位

第10位の『サッカー データ革命』は、データ・サイエンティストたちが今最も熱心に取り組むサッカーのデータ分析である。「スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析」でも紹介したように、よく知られた野球のデータ活用だけでなく、いまやテニスからバレーボールまで、データ戦略は必要不可欠となっている。野球に比べてデータ活用で遅れていたサッカーだが、だからこそ「サッカー・データ革命の時代に読んでおくべきこの5冊」でも書いたように、今もっともデータ利用に熱心なスポーツとも言えるのだ。そんな最先端の現場を紹介する本書は、サッカーファンはもちろん、データ分析に興味がある人にとっても、エキサイティングに読める一冊となっている。

 

 

 

まとめ

というように、今年一年を振り返っても、実に多くの電子書籍を自分自身でも読んだし、おすすめした上記のような書籍はずいぶんと読まれた。現在も以下のような大規模キャンペーンが展開されており、この年末年始休暇そして来年もまたさらに電子書籍市場が拡大し、電子書籍ライフがより一層充実していくことを期待したい。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

omohide4

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

nasa-astronaut

【応募書類受付中】NASAが宇宙飛行士を新規募集|火星に行く大チャンス

もうご存知と思うが、アメリカの National Aeronautics and Space Adm

記事を読む

text_books

Kindle電子書籍で安く読める、経済学および統計学の教科書

電子書籍の普及がますます加速しているが、大学や大学院で使う教科書はまだまだ電子化が遅れている。しかし

記事を読む

zuru

行動経済学者ダン・アリエリーの最新TEDトーク|How equal do we want the world to be? You’d be surprised

行動経済学者ダン・アリエリーが、TEDトークに登場。これで合計5回目となる彼のトークは、経済学者とし

記事を読む

medium_3066666879

町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評

映画評論家の町山智浩をご存知だろうか?そして、彼の秀逸な現代アメリカ観察記をご存知だろうか?そんな週

記事を読む

credit: 毅 霍 via FindCC

美貌格差:ビジンとイケメンと生まれつき不平等の経済学

労働経済学者 Daniel Hamermesh による一般向け書籍 "Beauty Pays: Wh

記事を読む

photo credit: KrzysztofTe Foto Blog via photopin cc

2014年、本ブログでのベストセラー:Kindle版および書籍版

今年もいよいよ終わり。ということで、この一年間の本ブログ上でのベストセラーを発表しよう。Kindle

記事を読む

marathon-1649905_640

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

今年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまった、そんな人も多かったことだろう。二日に渡るこれだ

記事を読む

emotional highs and lows in facebook

『ヤバい予測学』とフェイスブックデータが示す感情の起伏

フェイスブックのデータ・サイエンティストたちは毎度興味深いデータを見せてくれる。それは「フェイスブッ

記事を読む

sushi-and-beyond

英国一家、最後に日本を食べる&お正月スペシャル

コアな人気を博していたNHK深夜アニメ「英国一家、日本を食べる」。ベストセラーとなった原作も素晴らし

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

credit: carlaarena via FindCC
【Kindle日替わりセール】高野秀行の最新探検記『恋するソマリア』で学ぶアフリカ現地情勢

本日のKindle日替わりセールに、あの高野秀行の『恋するソマリア』が

kindle-1605
【Kindle特大セール】光文社の新刊ベストセラーが早くも半額キャンペーン

始まったばかりの「【50%ポイント還元】光文社キャンペーン」が素晴らし

kindle-sale-150812
【Kindle特大セール】角川書店50%オフの大キャンペーン|おすすめはこの26冊だ

角川書店の Amazon Kindle 電子書籍4,000冊以上が50

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑