*

【おすすめ経営書】ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか

公開日: : オススメ書籍, ビジネス・経営者

話題の経営書『ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか』を、とても興味深く読んだ。著者はピーター・ティール。米国でペイパルを創業した起業家であり、フェイスブック最初の外部投資家である。また、リバタリアンの “Big thinker” でもあり、多額の政治献金をする等、彼の言動・行動に世界中の注目が集まっているのは、「フィナンシャル・タイムズと昼食を」や、「チャーター・シティーと独立精神と『マイ国家』」でも書いた通りだ。(日本語なら、週刊東洋経済の解説が詳しくプロフィール紹介している)

 

また、ペイパル創業時の仲間たちがその後も次々と起業・投資をし、シリコンバレー界隈で「ペイパル・マフィア」と呼ばれていること、そのマフィアには今をときめくイーロン・マスクも含まれていること、そして何よりも本書著者のピーター・ティールがそのマフィアの「ドン」と目されていることも、彼が各方面から注視される所以である。このマフィアとそのメンバーについては、以下の記事が詳しい。

 

 

そんなピーター・ティールが、起業について、投資について、そして技術とイノベーション、さらには未来について語るというのだから話題にならないわけがない。それが本書が発売前から大きな注目を浴びていた最大の理由である。

 

medium_12171661666photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

 

 

さて、そんな話題の一冊だが主張は極めて明快だ。今の世界ではあまりにも多くの人が「1 から 2」を、より一般的には「1 から n」を作り出すことに汲々としているのではないか。しかし本当に世界に価値を創り出すとはすなわち「0 から 1」を生むことであり、そのためには、まだ誰も気づいていないチャンスを発見する視点と、ブレイクスルーを実現するための圧倒的技術、そして独占的シェアを獲得するための戦略が絶対に欠かせないと説く。

 

だから、投資家としてのティールは常に次の質問を起業家に投げかける。「賛成する人のほとんどいない、大切な真実とは何か?」。ここからも分かるように、彼は常識に囚われず、まだ誰も見ていない未来を描くことができるような、世間的には異端児や反逆者と呼ばれるようなアントレプレナーを探している。それはまさにApple のCMにあったように、彼自身もまた、「クレイジーな人たち」こそが、つまり「自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから」と信じ、かつそれを実践しているのである。

 

本書を起業とイノベーションに関する経営書と捉えるのは狭い。この一冊がそもそも執筆された契機が、スタンフォード大学で行われた講義であったことを考えると、これはティールから若き学生へのキャリアに関するアドバイスでもあるのだ。本書内でも詳しく語られるのだが、ティールがスタンフォードのロースクールを優秀な成績で卒業し、そのときは法曹界のエリートとなるキャリアパスを描いていたが、残念ながらその夢はあえなく砕ける。人生で初めての大きな挫折を経験した彼がそこから学んだのが、競争のない世界、自分が圧倒的にナンバーワンになれる世界を探すということ。そして結果的に辿り着いたのが起業であり、そしてその学びが現在の投資方針にもなっているというのは大変に興味深い。

 

人生も投資である。しかし、勝てる投資はポートフォリオなどでリスクヘッジするのではなく、勝負を見極め、そこに全力を投じることであるというティールの考えは、実に大胆で勇気を要するものである。だからこそ彼自身も、投資案件は極めて少なくし細心の注意を払ってその事業と人材を精査している。そして若き学生を前にして言う、学歴や資格ばかりを気にするリスク回避では人生という最大の投資に負けるぞと。

 

そしてまた、研究も投資である。ティールは漸進主義やリーン・スタートアップでは世界は変えられないと言う。しかし、いかに多くの人が一歩ずつ、少しずつの改善・改良に執心していることか。研究者の世界でも同様に、「これが終身在職権を得るまでずっと続いていく。だから、学者たちは新たな分野に挑戦する代わりに、ありふれた論文を量産することになる」と手厳しい。

 

本書は、いかにインパクトを出すかを考え続ける起業家や投資家はもちろん、専門分野の選択からキャリアパスの決断に対してまで、示唆に富む。自分が勝負すべき場所とタイミングとその方法について、この一冊が解を出してくれるわけではもちろんない。しかし、これらの意思決定をどういうフレームワークで捉え、どういう視点で評価すべきなのか、それを実例を踏まえて学ぶには最適の内容といえるだろう。

 

最後にもう一つ本書で注目したいのが、日米で同じタイミングでの出版であったこと、そして両国において紙書籍・電子版ともに同時発売であったこと、さらには両国の間で価格差がほとんどないことである。具体的にみると、米国ではハードカバーが$16.20 に、Kindle が$11.99。一方の日本では、ハードカバーが¥1,728 に、Kindle が¥1,235となっている。

 

本書が起業やイノベーションを語ったものとして話題になるのに対し、書籍販売の戦略に対する言及はほとんどない。しかし、電子書籍が一層普及し、そして経営書のような旬のテーマ(即ち翻訳にかかる時間コスト)を考えるならば、そしてまた本書でティールがプロダクトやサービスの販売の重要性について何度も強調していることを考慮するならば、この書籍の価格・販売戦略そのものが、極めて優れてそして時宜を得たイノベーションだと言えるのではないだろうか。間違いなくおすすめの一冊。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

shinkansen

なぜ日本の新幹線は世界最高なのか?定刻発車と参勤交代

"Why Japan's high-speed trains are so good" というEco

記事を読む

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位25点紹介し

記事を読む

盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史

先日NHK-BS で放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『フェルメール盗難事件 史上最大の

記事を読む

いまこそ将棋がおもしろい|人工知能と不屈の棋士

先月出版されたばかりの『不屈の棋士』を読み終えたところなのだが、これが実に読み応えのある一冊だった。

記事を読む

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は、とくにランナーにはおすすめ。

記事を読む

夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲もう!

アメリカのビールと言えばバドワイザー。そのイメージは正しい。なにしろ下図が示すように、市場シェアで圧

記事を読む

シンガポール建国50周年|エリート開発主義国家の光と影の200年

先日で建国50周年を迎えたシンガポール。Economist や、Wall Street Journa

記事を読む

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深く読んだ。出版から2年で30万

記事を読む

好きなことだけを仕事にした、新潟県三条市の世界的アウトドアメーカー「スノーピーク」の経営

新潟県三条市に、あのアップルも見学に来る企業があるのをご存知だろうか?それがアウトドアブランドの「ス

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

日本美術展史上最大のフェルメール展ついに始まる|事前に読んでおきたいおすすめ5冊

さて、先週からいよいよ上野の森美術館で「フェルメール展」が始まった。現

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム

japanese dictionaries 1
三省堂『辞書を編む人』が、今年の新語を募集中

時を経て社会は変容し、そして言葉も変遷する。いつの時代もワカモノの言葉

レギュラー化決定NHKの新番組「ろんぶ~ん」は最高のアカデミック・エンターテインメント

さて先週から始まったNHK-Eテレの新番組「ろんぶ~ん」をご覧になりま

植物はスゴい!と語る山田孝之がもっとスゴかった

先日放送されたNHK-Eテレの「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深

『ヤバい統計学』他で学ぶ数字のセンス|統計リテラシー入門におすすめの4冊

以前にも「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」で紹介した

PAGE TOP ↑