*

アートは小説よりも奇なり:盗作と贋作の歴史、美術ノンフィクションが面白い

公開日: : 最終更新日:2017/12/11 アート, オススメ書籍

なんと、僕が好んで読む美術ノンフィクションの傑作が2冊も文庫版として再登場しているではないか。『ギャラリーフェイク』『ゼロ』といった名作漫画のテーマにもなっているように、アートの歴史はミステリーとサスペンスの歴史でもある。とくとご鑑賞あれ。

 

 

フェルメールになれなかった男: 20世紀最大の贋作事件

以前に「寡作と盗作と贋作のフェルメール」で書いた『私はフェルメール』が、文庫版となって再登場。その本書の主役が、稀代の贋作者ファン・メーヘレンだ。完璧とも言える模倣技術を身につけ、次々とフェルメール作品を「創造」していった彼は、しかしその結果ナチスに追われることとなる。自分の命を守るために最後に彼は、自分が偽物であることを自ら告白する。ホンモノのニセモノ作りに命をかけ、動乱の時代を生き抜いた一人の人間の数奇な人生を軸に、美術界のダークな裏側を見せつける本作は、間違いなく美術ノンフィクションの傑作と言える。

 

 

FBI美術捜査官

「アメリカ史上最大の美術品盗難事件、いよいよ解決か」で紹介した本書『FBI美術捜査官』にも、文庫版が出版された。1990年3月18日、ボストンのイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館において、警官を装った2人組が、フェルメールの「合奏」、レンブラントの「ガラリアの海の嵐」、マネの「トルトニ亭にて」等々合計13点の美術作品を奪って逃走した。被害総額は5億ドルに上り、史上最大の盗難事件となった。本書『FBI美術捜査官』は、ガードナー事件において、FBIの組織的へまによって千載一遇の犯人逮捕のチャンスを逃したという点が一番の読みどころとなっている。

 

 

フェルメール全点踏破の旅

「寡作と盗作と贋作のフェルメール」で書いたように、フェルメール人気の一部は、作家や作品が持つ謎めいたエピソードにある。まずもって、フェルメールは寡作の画家であり、現在世界で三十数点しか残っていないというのは、レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家としてはあまりにも少ない。しかし、その希少性が人を呼び集め、不幸なことにしばしば盗作や贋作の対象となってきた。「全点踏破の旅」が可能なのは、それだけホンモノ作品の数が少なく、かつオランダ・デルフトを含めても世界の少数の都市に集中して現存しているからこそなのである。

 

 

盗まれたフェルメール

そのフェルメールと盗作という、切っても切れない縁に迫ったのが本作。朽木ゆり子にはフェルメールを題材とした著作が多いがそのどれもが読み応えあるノンフィクションとなっている。

 

 

フェルメール 光の王国

生物学者の福岡伸一が著した『フェルメール光の王国』は、個人的にはフェルメールについて書かれた著作として最高の一冊だと思っている。それはフェルメールの足跡を追ったノンフィクションであると同時に、福岡自身が長い間恋焦がれてきたフェルメールの謎を解こうと歩き続きた著者自身の足跡をまとめたエッセイでもある。「フェルメールへの誘い」で告白したように、僕をフェルメール巡礼の旅に招いたのが本作だった。全日空の機内誌で知ったこの美しいエッセイに惹かれ、上品な文章に魅せられ、思わず全日空本社に電話してバックナンバーを取り寄せたのも、今ではいい思い出だ。

 

 

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日

フェルメールを追ったのが『FIB美術捜査官』であるならば、盗まれたムンクの叫びを追ったのがこの『ロンドン警視庁美術捜査班』だ。FBIとは異なり、無事に「叫び」を取り返した成功物語となっている。

 

 

偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件

これも「美術品盗難事件と来歴のミステリー」で紹介した一冊。「来歴」とは作品が作者の手元を離れてからその後誰の所有となったのか、その経歴のことを指す。美術品売買においては、作品の価値だけでなく来歴が価格決定の重要な要素になることが多い。実際、先日のNHK「突撃アッとホーム」での坂本龍馬暗殺直前の手紙大発見においても、手紙の価値が1,500万円と鑑定されていたが、そこまでの高額となった理由の一つに、この手紙を桂小五郎が所有していたという「来歴」の良さが挙げられていた。というように、来歴が重要な鑑定要素となるからこそ、その来歴を偽って高値で売り捌こうという邪な動機が芽生えてくるわけであり、それが本書のテーマ。美術作品の見方を変えるインパクトに溢れた一冊なのである。

 

 

東洋の至宝を世界に売った美術商: ハウス・オブ・ヤマナカ

フェルメールに関する著書が多い朽木ゆり子が、日本美術をテーマに取り組んだ意欲的な一冊。「なぜ日本の国宝級名品がアメリカの美術館にあるのか?」で書いたように、戦後アメリカの大富豪たちに積極的に日本美術を販売した日本企業があった。それが山中商会。歴史に埋もれていたこの商社を発掘し、日本美術史に新たなページを追加した貴重な一冊だ。

 

 

楽園のカンヴァス

最後に美術ノンフィクションではなく「フィクション」として抜群に面白かった一冊を紹介。それが「今年の本屋大賞は『海賊とよばれた男』だったけど、アート・サスペンス『楽園のカンヴァス』もすごくよかった」で言及した、原田マハ『楽園のカンヴァス』。美術館のキュレーター、オークションハウス、アートコレクター、そして美術盗難専門の警察官等々、これでもかと役者が揃った極上のアート・サスペンスだ。原田マハ自身がキュレーターとして美術館で働いた経験があるため、細部に渡ってアート業界の薀蓄が散りばめられており、アートに対する愛情と熱情が一杯に詰まった本作は、すべてのアートファンにおすすめしたい一冊である。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

ラグビー日本代表が強くなった理由|エディー・ジョーンズのコーチング

冬のスポーツ風物詩と言えば、箱根駅伝に加えて高校サッカー、そして大学ラグビーである。そんなラグビーの

記事を読む

日本橋コレド「江戸・金魚の涼ナイトアクアリウム」に行ってきた

7月から日本橋コレドで開催されていた「アートアクアリウム2014~江戸・金魚の涼~ナイトアクアリウム

記事を読む

「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もうご存知ですよね、新潟県燕三条地

記事を読む

申請者必携のハンドブック『科研費獲得の方法とコツ』に最新第4版が登場|採択率を上げる書き方

今年もまた科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。多くの研究者が申請するこの科研費だが、も

記事を読む

5月25日は「広辞苑の日」って知ってましたか?

「ことばは、自由だ。」というキャッチフレーズでも知られる、岩波書店の「広辞苑」は、国語辞典の代表格と

記事を読む

Kindle電子書籍『クラウドソーシングの衝撃』は、成長著しい市場を概観する希少な業界本

『クラウドソーシングの衝撃』(比嘉・井川著)がKindle電子書籍が大幅に値下げされている。本書は現

記事を読む

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったな

記事を読む

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読ん

記事を読む

japanese dictionaries 1

国語辞典業界最大の謎がいま明らかにされる|辞書になった男ケンボー先生と山田先生

近年まれにみるほどの傑作ノンフィクション『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』が、待望の文庫化・

記事を読む

米国大統領選挙2020を前に|憲法でふりかえるアメリカ近現代史

コロナ禍もあって史上もっとも盛り上がらないと言われている今年のアメリカ大統領選挙だが、副大統領候補が

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

英語辞書の決定版|オックスフォード現代英英辞典に最新第10版が登場

オックスフォード現代英英辞典の最新第10版が出版されたのでさっそく購入

南魚沼の「雪国まいたけ」が5年ぶりに再上場|その背景で創業者はなんとカナダで再挑戦

新潟県南魚沼に本社を構える企業でもっとも有名なのが、この「雪国まいたけ

敗れざる者たち|藤井聡太に失冠したトップ棋士たちの言葉

もちろん、もう読みましたよね?藤井聡太二冠を表紙にすえ、初めて将棋を特

【Kindleセール】英語おすすめ書籍がぜんぶ半額キャンペーン

Amazon Kindle で現在実施中の【最大50%OFF】語学関連

アートで生まれ変わった清津峡渓谷トンネル|越後妻有アート・トリエンナーレ「大地の芸術祭」の舞台へ

9月の連休を皮切りに、これから秋の行楽シーズンがはじまる。もちろん今年

【Kindleセール】数学のおすすめ名著が大幅値引きキャンペーン

Amazon Kindle のセールというと、毎日3冊の書籍がリストア

『将棋の渡辺くん』のヨメが書く名人の日常ノンフィクション漫画

将棋・渡辺明名人のオク様は漫画家である。僕は彼女がブログを書いていた頃

君はスポーツとしての将棋をみたか?藤井聡太とナンバー大特集

先日発売された総合スポーツ雑誌『Number』が大変な売れ行きとなって

PAGE TOP ↑