*

「ヘンな論文」を書き続ける動機と勇気

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 オススメ書籍

高学歴の芸人と言えば? という問いに、ロザンの宇治原と応えるのではあまりにもフツー過ぎる。もう少しツウに答えるならば、ここはぜひともサンキュータツオの名前を挙げたいところである。ご存知(ではないかも知れないけれど)漫才コンビ米粒写経のサンキュータツオ氏は、早稲田大学大学院文学研究科日本語日本文化専攻博士課程に学び、一橋大学でも教えるアカデミック芸人。

 

それと同時に、国語辞典をこよなく愛する辞書コレクターとしても知られる。それにまつわる薀蓄は実に広く、その含蓄はいかにも深く、それらをリアルに味わうためには、ぜひとも名著『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』を熟読して頂きたいところだ。

 

「学校で教えて欲しいおすすめ国語辞典の選び方・使い方・遊び方:複数の辞書を比較して使い分けよう」で僕自身も書いたように、本書のように、多種多様の辞書の特色をこれほどまでに魅力的に描写した本は他には存在せず、本書が唯一にして最高の決定版。だからこそ小中学校でも、本書を使うなどして辞書の選び方を教えて欲しいと思わざるを得ない。「国語辞典を選ぶならこの3冊がおすすめ:現代語に強い三省堂・豊かな語釈の新明解・安定と安心の岩波」でも紹介したように、国語辞典とはどれでも一緒などでは決してなく、それぞれに明確な個性があるからこそ、自分が使う目的に合わせてベストマッチするものを積極的に選びとるものだと言えよう。

 

 

rain-drop-window

 

 

そんなサンキュータツオ氏が新刊を出したというのだから、これはもう読まずにはいられない。というわけでソッコーで読み切ったのがこちらの新著『ヘンな論文』だ。なにしろ氏は、国語辞典コレクターとしてだけではなく、珍論文収集家としても名を馳せているのである。そんな彼が厳選した「ヘンな論文」が、ヘンでないわけないのである。

珍論文ハンターのサンキュータツオが、人生の貴重な時間の多くを一見無駄な研究に費やしている研究者たちの大まじめな珍論文を、芸人の嗅覚で突っ込みながら解説する、知的エンターテインメント本!おっぱいの揺れ、不倫男の頭の中、古今東西の湯たんぽ、猫カフェの効果…なかなか見る機会のない研究論文。さがしてみれば仰天のタイトルがざくざく…。こんなことに人生の貴重な時間を割いている人がいるなんて!

 

 

そんな本書に掲載された「ヘンな論文」は全部で13本。世間話の研究では伝説の人物に焦点が当てられ、公演の斜面に座るカップルの観察では男女がいちゃつく適度な物理的距離を測定し、コーヒーカップの音の科学ではシュガーが奏でる音色を分析し、現役「床山」(大相撲力士の髷を結う人)アンケートから、ブラのずれ研究まで、実に多彩だ。しかも、サンキュータツオ氏が図書館で見つけたこうした「ヘンな論文」を単に面白がるだけではなく、その著者である研究者らに直接会って研究の背景にある四方山話まで聞いてしまうというのが、本書の白眉といえるだろう。

 

そこにあるのは、「ヘンな論文」と上から目線でラベル付けする姿勢ではなく、こうした研究に取り組もうとした純粋なまでの動機に対する知的好奇心と、実際に取り組んだ研究者等の勇気と、そして最後までやり切った努力に対する尊敬の眼差しである。だから、こうした「ヘンな論文」をピックアップし、氏が担当するラジオ番組で紹介したことをきっかけに研究者との交流が生まれたことを、本当に喜んでいることが文面から伝わってくる。研究という行為そのものに対する、サンキュータツオ氏の深い愛情が生んだ一冊と言えるだろう。

 

本書で紹介されている13本の論文のうち、僕がもっとも興味をひかれたのは、最後の十三本目を飾る「湯たんぽ異聞」である。そこには、誰も取り組んだことがなかった「湯たんぽ」の収集と類型化そして歴史的文化的考察という新たな分野を開拓した研究者の矜持と、一方では収集品の保存や展示を続けていくことの難しさ、さらには剽窃や盗用といった研究の暗部となる問題点まで、実に多くの視点と課題が詰まっていて読み応えがある。一見して「ヘンな論文」かも知れないが、もしかするとそこには、「ヘンではない論文」以上に多くの学びと問題提起があるのではないかとさえ思えてくる。いずれにしろ、本書を読み、サンキュータツオ氏の研究愛を感じ、僕はますます氏のファンとなってしまったのである。現役研究者必読の一冊。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を務める、アカデミック・エンター

記事を読む

テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果たした錦織圭。その後の凱旋ツアー

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしている

記事を読む

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前に釘づけとなってしまうことだろ

記事を読む

【Kindleセール】仕事・研究の生産性向上にむけて|イシューからはじめるエッセンシャル思考

本日の Kindle 日替わりセールに、グレッグ・マキューンのベストセラー『エッセンシャル思考』が登

記事を読む

【超おすすめ】サンキュータツオの名著『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』がキャンペーン中

あのサンキュータツオをご存知だろうか?早稲田大学大学院文学研究科の博士課程に学び、一橋大学で非常勤講

記事を読む

売れっ子プロデューサー川村元気の本気の「仕事。」論

川村元気。この名前をどこで聞いたか覚えていますか?大ヒット映画『電車男』のプロデューサーとして?ベス

記事を読む

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝えの通りだが、2/20(水)放

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑