*

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

公開日: : 最終更新日:2014/10/11 アメリカ, オススメ書籍

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読んで眺めた。今になってこのような書籍が出版されるとは、非常に珍しいと思わざるを得ないほどに、貴重な写真の数々だった。

 

70年の時を経て発見された、有刺鉄線の向こう側の日常。1941年12月の真珠湾攻撃の半年後、日系二世の写真愛好家ビル・マンボは、カリフォルニア州の自宅からワイオミング州の強制収容所に連行された。1942年、日系二世のビル・マンボは、カリフォルニア州の自宅からワイオミング州の強制収容所に移された。その彼が、有刺鉄線の中で暮らす家族の日常、盆踊り・相撲のような日系人収容所ならではの風物詩を撮影。当時では珍しい鮮やかな63点のカラー写真から、収容所生活の実際が浮かび上がる。研究者による考察や元収容者のエッセイを付し、写真の理解を助ける。

 

先日書いたように、僕がアメリカに暮らして興味を持ったことの一つに、アメリカ日系人の歴史がある。それもとくに、太平洋戦争時、全米10ヶ所に設立された強制収容所に連行された彼らの歴史と暮らしについてである。それを知るために、砂漠の中にあるマンザナー収容所と、荒れた大地のツールレイク収容所を訪れる旅に出たのは、以前書いたとおりである。

  1. アメリカ日系人強制収容所跡地を尋ねた米国西海岸縦断の旅
  2. NHK戦争特番:日本とアメリカとその狭間で

 

Manzanar_2013

 

戦争当時のアメリカ日系人に焦点を当てた山崎豊子の『二つの祖国』や、真保裕一の『栄光なき凱旋』は、アメリカと日本の間に挟まれて引き裂かれた心情と人生を描いた名作だ。しかし、それらの小説とこの写真集『ハートマウンテン日系人強制収容所』が決定的に異なるのは、フィクション/ノンフィクションという差以上に、そこに映る人びとの表情である。

 

その写真には、アメリカを憎む気持ち、日本を恨む気持ち、そして両国が戦争を始めたこととその狭間に立たされる自分の人生を呪う気持ち、そういうものが一切ない。照りつける太陽の下、水しぶきを上げてプールに飛び込む少年たちの姿、浴衣を綺麗に着こなして盆踊りに興じる少女たちの姿、そういうものが当時としては極めて珍しいカラー写真として残されているのである。子供も大人も笑顔で毎日を過ごしている。

 

しかしそれはもちろん、収容所の生活が快適だったということでは全くなく、こうした明るくポジティブに見える写真が、ともすれば収容所生活で人間らしい暮らしができなかった多くの日系人からの反発を招く危険性については、本書の中でも解説として述べられる。

 

本書に掲載された写真の数々は、有刺鉄線に囲まれた収容所という異常の中にあっても、春は春らしく、夏には夏の思い出を、という正常の日常を子供たちには過ごさせたいというビル・マンボの親としての愛情で出来ている。「当時の記憶はほとんどない」と振り返るまだ幼い子供だったビリー・マンボは、写真の中で元気に明るく微笑む。それはまさにビルが望んだことではあったが、今われわれが振り返ってその写真を眺める際には、その無邪気な笑顔の遠く向こうにある鉄条網と銃を構えた兵士が見えるはずだ。マンボ父子が静かに写し出すプライベートは、しかしながら小説の主人公以上に歴史の不条理を語りかけてくる。

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は

記事を読む

テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果たした錦織圭。その後の凱旋ツアー

記事を読む

shougi denou sen

「われ敗れたり」:完敗だったが名勝負もあった第3回将棋・電王戦

今夜11時放送のTBS「情熱大陸」は、将棋・電王戦。  将棋のプロ棋士とコンピューター将棋ソフトが

記事を読む

アメリカ日系人強制収容所跡地を尋ねた米国西海岸縦断の旅

アメリカ生活の中で、僕はずいぶんと色々な所を旅したように思う。もちろん広大なアメリカ全土を歩くことな

記事を読む

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見が世界中で話題となった。「ブラ

記事を読む

東大医学部合格者の6割が通う進学塾|受験エリートと塾歴社会

先日、雑誌AERAの特集を読んだ。「東大理III合格者の6割が所属 受験エリートの“秘密結社”」とい

記事を読む

【TEDトーク】モニカ・ルインスキーとネットいじめ|彼女が見つけた適切な関係

モニカ・ルインスキーという名前を久しぶりに聞いた。といっても、その名を記憶しているのは、ある程度の年

記事を読む

サッカー日本代表W杯開幕戦:日本のサッカーを強くする25の視点

あと数時間で、日本対コートジボワール戦のキックオフ。おそらく今回も相当大勢の日本人が、このときばかり

記事を読む

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

takoyaki

米国人一家と英国一家が美味しい日本を食べ尽くす

ちょっぴり巷で評判の『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』を読んでみたら、これが思いの外おもしろか

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

統計はウソをつく|ブルーバックス名著に学ぶ騙されないための数学的思考法

ご存知のように政府統計の不正が大きな問題となっている。各種政策のもとと

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

PAGE TOP ↑