*

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘められた極意 サッカーの神髄に迫る!」が再放送される。サッカー好きの人には見逃せない番組で、これまでにもフリーキックや、スルーパス、ループシュート等々、数多くの「究極のワンプレー」が紹介されてきた。

 

 

しかし今回の放送はまさに異色。なにしろ今回だけは選手ではなく、監督に着目するのだから。そして、これがまた目の付け所がよかったのである。今の海外サッカーを見渡せばとくに、スタープレイヤーの存在と同時に、超一流の監督の手腕にもますます注目が集まっているのが分かるだろう。そう、一流の選手から超一流のプレイを引出せるのは、超超一流の監督だけなのだ。

監督の戦術や采配から「究極のワンプレー」を紐解く異色回。日本サッカーに変革をもたらしたオシム監督の仰天の練習法や「4点取られた5点取って勝つ」J1最多勝監督、西野朗の「超攻撃的」な選手交代とは?スタジオには松木安太郎が登場!スター揃いの当時のヴェルディをまとめ上げた「モチベーター」としての信念を語る。札幌のペトロヴィッチ監督が理想とする「ミシャ式」フォーメーションが生んだ理想のゴールとは?

 

という背景を踏まえてこの番組を見れば、より面白さが伝わってくるのではないだろうか。さて、個人的にはやはりこれまでの日本代表監督といえば、岡田監督とオシム監督が強烈に印象の残っている。まずは岡田監督と言えば、フランスW杯直前で、当時のスター選手・三浦カズをメンバーから外したことでよく知られる。当時のあの判断は日本社会で大紛糾するほどであり、岡田監督自身、家族の身の安全を懸念するほどだったと述懐している。しかし、彼はそれほどの胆力をもって決断することができる、稀有な人材だったとも言えるだろう。長期的なチーム作りと戦術策定から、短期的には試合の流れの中で見極める選手交代などなど、監督には当たり前だが決断の連続が求められる。しかし、誰もが適時に的確なジャッジを下せるわけではない。岡田監督にはその胆力があり、その裏には彼の信念があり、しかもそれをきちんと言葉で表現し選手に伝えるのに卓越した人であった。だからこそ、これまでの実績を自らの「メソッド」として体系化することができるのだ。

W杯2回指揮の名将による「サッカーの型」初公開!岡田武史の経験と知識を一冊に凝縮。

「日本人が世界で勝つための〈プレーモデル〉を作り、16歳までにそれを落とし込んで、あとは自由にするチームを作ってみたい」――2014年、私はFC今治のオーナーになりました。そして、自立した選手と自律したチームを作る〈型〉を選手に浸透させる方法論を〈岡田メソッド〉としてまとめたのです。

これまでは、「状況」での指導ばかりで、選手に対して、「どんなときに、どうプレーすることがいいのか」をうまく伝えられなかった。それが、「原則」での指導によって、簡単に意図が伝えられることがわかってきました。つまりプレーモデルの構築によって、指導者の成長を劇的に早められると思うようになったのです。(本文より)

 

 

そしてもう一人の名監督と言えば、NHK「サッカーの園」でも取り上げられていたように、オシム監督だ。いまなお、彼があのとき病に倒れなければ、当時の日本代表はどこまで強くなれたのだろうか、という幻を思い描く人も多い。そんなオシムの真骨頂は、「オシムの言葉」とも言われたように、独特の言葉づかいで、相手をときに迷わせ、ときに考えさせる、そんなメッセージの数々だった。そしてこれは彼の生まれとも無関係ではない。ユーゴスラヴィア紛争の真っただ中を生き抜き、旧ユーゴの最後の代表監督も務めたオシムだからこそ、深い含蓄のある言葉が出てくるのだろう。彼は日本代表選手に言った、もっと走れと。しかし彼はただ足が速いだけの選手を求めていたわけではない。彼は続けて言う、もっと考えろと。そんな禅問答とも思えるような独特の監督術が、あのときの日本には合っていたのかも知れない。だから僕もいつまでも夢見てしまう、彼が率いる日本代表がワールドカップで活躍する姿を見たかったと。2022年5月1日、80歳で亡くなる最後まで、彼は日本を愛し、日本代表サッカーの発展を願っていた。

「リスクを冒して攻める。その方がいい人生だと思いませんか?」「君たちはプロだ。休むのは引退してからで十分だ」サッカー界のみならず、日本全土に影響を及ぼした言葉の数々。弱小チームを再生し、日本代表を率いた名将が、秀抜な語録と激動の半生から日本人に伝えるメッセージ。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

今年のノーベル経済学賞はアメリカの労働経済学者3名が共同受賞

今年のノーベル賞受賞者が発表されるなか、いよいよ経済学賞の受賞者が明らかとなった。それは、「『自然実

記事を読む

難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る全米オープンテニス

思わず早朝からWOWOWで生中継を見てしまった本日の全米オープンテニス。ついに錦織がやってくれて大興

記事を読む

vermeer blue

アートは小説よりも奇なり:盗作と贋作の歴史、美術ノンフィクションが面白い

なんと、僕が好んで読む美術ノンフィクションの傑作が2冊も文庫版として再登場しているではないか。『ギャ

記事を読む

WOWOW「連続ドラマW」傑作揃いの医療ドラマ|移植手術をめぐるサスペンスとヒューマン

新作医療サスペンス『死の臓器』 先日「WOWOW「連続ドラマW」今月の新作・医療サスペンス『死の臓

記事を読む

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」でも紹介していたように、 宇宙

記事を読む

アカデミアへの転身と、アカデミアからの転身

日本テレビの桝太一アナウンサーが、16年間在籍した同局を今年3月で退社し、4月からは同志社大学ハリス

記事を読む

今さらだけど、新海誠監督の新作アニメ映画『君の名は。』がものすごくよかった

新海誠の最新作『君の名は。』が大ヒット上映中という以下のニュース記事。 新海誠『君の名は。』

記事を読む

今年度から科研費の締切が早まる|公募スケジュールの前倒しに注意

現在、科学研究費助成事業(科研費)の主な種目については、前年の9月に公募を開始し、翌年4月1日付けで

記事を読む

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

夏休みに素敵な1冊を探そう|知的好奇心旺盛な10代のための読書地図

いまどき新聞なんてほとんど読まない、そんな人が増えてきた現代である。しかしながら、書評欄を楽しみに週

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑