*

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘められた極意 サッカーの神髄に迫る!」が再放送される。サッカー好きの人には見逃せない番組で、これまでにもフリーキックや、スルーパス、ループシュート等々、数多くの「究極のワンプレー」が紹介されてきた。

 

 

しかし今回の放送はまさに異色。なにしろ今回だけは選手ではなく、監督に着目するのだから。そして、これがまた目の付け所がよかったのである。今の海外サッカーを見渡せばとくに、スタープレイヤーの存在と同時に、超一流の監督の手腕にもますます注目が集まっているのが分かるだろう。そう、一流の選手から超一流のプレイを引出せるのは、超超一流の監督だけなのだ。

監督の戦術や采配から「究極のワンプレー」を紐解く異色回。日本サッカーに変革をもたらしたオシム監督の仰天の練習法や「4点取られた5点取って勝つ」J1最多勝監督、西野朗の「超攻撃的」な選手交代とは?スタジオには松木安太郎が登場!スター揃いの当時のヴェルディをまとめ上げた「モチベーター」としての信念を語る。札幌のペトロヴィッチ監督が理想とする「ミシャ式」フォーメーションが生んだ理想のゴールとは?

 

という背景を踏まえてこの番組を見れば、より面白さが伝わってくるのではないだろうか。さて、個人的にはやはりこれまでの日本代表監督といえば、岡田監督とオシム監督が強烈に印象の残っている。まずは岡田監督と言えば、フランスW杯直前で、当時のスター選手・三浦カズをメンバーから外したことでよく知られる。当時のあの判断は日本社会で大紛糾するほどであり、岡田監督自身、家族の身の安全を懸念するほどだったと述懐している。しかし、彼はそれほどの胆力をもって決断することができる、稀有な人材だったとも言えるだろう。長期的なチーム作りと戦術策定から、短期的には試合の流れの中で見極める選手交代などなど、監督には当たり前だが決断の連続が求められる。しかし、誰もが適時に的確なジャッジを下せるわけではない。岡田監督にはその胆力があり、その裏には彼の信念があり、しかもそれをきちんと言葉で表現し選手に伝えるのに卓越した人であった。だからこそ、これまでの実績を自らの「メソッド」として体系化することができるのだ。

W杯2回指揮の名将による「サッカーの型」初公開!岡田武史の経験と知識を一冊に凝縮。

「日本人が世界で勝つための〈プレーモデル〉を作り、16歳までにそれを落とし込んで、あとは自由にするチームを作ってみたい」――2014年、私はFC今治のオーナーになりました。そして、自立した選手と自律したチームを作る〈型〉を選手に浸透させる方法論を〈岡田メソッド〉としてまとめたのです。

これまでは、「状況」での指導ばかりで、選手に対して、「どんなときに、どうプレーすることがいいのか」をうまく伝えられなかった。それが、「原則」での指導によって、簡単に意図が伝えられることがわかってきました。つまりプレーモデルの構築によって、指導者の成長を劇的に早められると思うようになったのです。(本文より)

 

 

そしてもう一人の名監督と言えば、NHK「サッカーの園」でも取り上げられていたように、オシム監督だ。いまなお、彼があのとき病に倒れなければ、当時の日本代表はどこまで強くなれたのだろうか、という幻を思い描く人も多い。そんなオシムの真骨頂は、「オシムの言葉」とも言われたように、独特の言葉づかいで、相手をときに迷わせ、ときに考えさせる、そんなメッセージの数々だった。そしてこれは彼の生まれとも無関係ではない。ユーゴスラヴィア紛争の真っただ中を生き抜き、旧ユーゴの最後の代表監督も務めたオシムだからこそ、深い含蓄のある言葉が出てくるのだろう。彼は日本代表選手に言った、もっと走れと。しかし彼はただ足が速いだけの選手を求めていたわけではない。彼は続けて言う、もっと考えろと。そんな禅問答とも思えるような独特の監督術が、あのときの日本には合っていたのかも知れない。だから僕もいつまでも夢見てしまう、彼が率いる日本代表がワールドカップで活躍する姿を見たかったと。2022年5月1日、80歳で亡くなる最後まで、彼は日本を愛し、日本代表サッカーの発展を願っていた。

「リスクを冒して攻める。その方がいい人生だと思いませんか?」「君たちはプロだ。休むのは引退してからで十分だ」サッカー界のみならず、日本全土に影響を及ぼした言葉の数々。弱小チームを再生し、日本代表を率いた名将が、秀抜な語録と激動の半生から日本人に伝えるメッセージ。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

NHKの異色エンタメ『笑わない数学』が歴史的超難問を大真面目に解説する

NHKには『レギュラー番組への道』という大変とがった企画を集めた番組があるのをご存知だろうか? そこ

記事を読む

Kindle電子書籍で学ぶ、日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術

ドクター・ヴァンスの『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』がセール中。これまで僕も何度か書

記事を読む

WOWOWのおすすめ人気連続ドラマWシリーズ、5月の新作「テミスの求刑」本日スタート

今や質の高いテレビドラマを見ようと思ったら、民放などではなく絶対にWOWOWなのである。とくにおすす

記事を読む

ラグビー日本代表が強くなった理由|エディー・ジョーンズのコーチング

冬のスポーツ風物詩と言えば、箱根駅伝に加えて高校サッカー、そして大学ラグビーである。そんなラグビーの

記事を読む

金儲けして悪いですか?村上ファンドを率いた生涯投資家からの痛烈なメッセージ

ホリエモンと言えば堀江貴文、その堀江と言えば? という質問の答えでおおよその世代が分かるのではないだ

記事を読む

英語アカデミック・ライティングの最高傑作シリーズに翻訳が登場|レター・メール執筆ノウハウ

英語アカデミック・ライティングのおすすめ参考書は、これまで以下のようにいくつもの良書とそれぞれの特徴

記事を読む

ビル・ゲイツが2013年のNo.1書籍に選んだ『コンテナ物語』

ビル・ゲイツ氏が選ぶ「2013年に読んだ記憶に残る7冊の本」が昨年末何かと話題となったが、その中でイ

記事を読む

japanese dictionaries 1

2015年ことしのベストセラー|人気の国語辞典ランキング

「電子書籍編」および「紙書籍編」に続いて、今回は本ブログ経由でもっとも多く選ばれた国語辞典の紹介であ

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1東村アキコ編

NHKでこの秋放送されていた「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっただろうか?これがものすごく面白

記事を読む

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。中学生になったら電車も大人運賃

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2023年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界で行くべき52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の都市52ヶ所

お正月に見た映画『スラムダンク』にやっぱり涙と鼻水が止まらない

今年の正月には、あの伝説的人気漫画『スラムダンク』が映画化された『Th

美術大学青春グラフィティーと漫画ブルーピリオド

先日放送されたNHKの番組「ドキュメント72時間」をご覧になっただろう

ワールドカップで大番狂わせを狙え|サッカー監督の世界級チームマネジメントの極意

2022年という年は、やはりサッカー・ワールドカップでの日本代表の活躍

都立浅草高校国語教師・神林先生が愛してやまない飲み屋と呑み助と大将と女将

自宅や実家での新年気分も終わり、今週末あたりから町の飲み屋に繰り出すか

イメージを掴んで使い分けろ|英語の難所・前置詞を攻略する

以前にも「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙

言葉にできない、そんな夜。|その気持ち、言葉のプロならどう表現する?

気持ちが揺れ動いたあの瞬間。表現したいのにボキャブラリーが追いつかない

選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語

もうすぐ14年ぶりの宇宙飛行士が決まるって知ってましたか? いや、知っ

PAGE TOP ↑