*

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘められた極意 サッカーの神髄に迫る!」が再放送される。サッカー好きの人には見逃せない番組で、これまでにもフリーキックや、スルーパス、ループシュート等々、数多くの「究極のワンプレー」が紹介されてきた。

 

 

しかし今回の放送はまさに異色。なにしろ今回だけは選手ではなく、監督に着目するのだから。そして、これがまた目の付け所がよかったのである。今の海外サッカーを見渡せばとくに、スタープレイヤーの存在と同時に、超一流の監督の手腕にもますます注目が集まっているのが分かるだろう。そう、一流の選手から超一流のプレイを引出せるのは、超超一流の監督だけなのだ。

監督の戦術や采配から「究極のワンプレー」を紐解く異色回。日本サッカーに変革をもたらしたオシム監督の仰天の練習法や「4点取られた5点取って勝つ」J1最多勝監督、西野朗の「超攻撃的」な選手交代とは?スタジオには松木安太郎が登場!スター揃いの当時のヴェルディをまとめ上げた「モチベーター」としての信念を語る。札幌のペトロヴィッチ監督が理想とする「ミシャ式」フォーメーションが生んだ理想のゴールとは?

 

という背景を踏まえてこの番組を見れば、より面白さが伝わってくるのではないだろうか。さて、個人的にはやはりこれまでの日本代表監督といえば、岡田監督とオシム監督が強烈に印象の残っている。まずは岡田監督と言えば、フランスW杯直前で、当時のスター選手・三浦カズをメンバーから外したことでよく知られる。当時のあの判断は日本社会で大紛糾するほどであり、岡田監督自身、家族の身の安全を懸念するほどだったと述懐している。しかし、彼はそれほどの胆力をもって決断することができる、稀有な人材だったとも言えるだろう。長期的なチーム作りと戦術策定から、短期的には試合の流れの中で見極める選手交代などなど、監督には当たり前だが決断の連続が求められる。しかし、誰もが適時に的確なジャッジを下せるわけではない。岡田監督にはその胆力があり、その裏には彼の信念があり、しかもそれをきちんと言葉で表現し選手に伝えるのに卓越した人であった。だからこそ、これまでの実績を自らの「メソッド」として体系化することができるのだ。

W杯2回指揮の名将による「サッカーの型」初公開!岡田武史の経験と知識を一冊に凝縮。

「日本人が世界で勝つための〈プレーモデル〉を作り、16歳までにそれを落とし込んで、あとは自由にするチームを作ってみたい」――2014年、私はFC今治のオーナーになりました。そして、自立した選手と自律したチームを作る〈型〉を選手に浸透させる方法論を〈岡田メソッド〉としてまとめたのです。

これまでは、「状況」での指導ばかりで、選手に対して、「どんなときに、どうプレーすることがいいのか」をうまく伝えられなかった。それが、「原則」での指導によって、簡単に意図が伝えられることがわかってきました。つまりプレーモデルの構築によって、指導者の成長を劇的に早められると思うようになったのです。(本文より)

 

 

そしてもう一人の名監督と言えば、NHK「サッカーの園」でも取り上げられていたように、オシム監督だ。いまなお、彼があのとき病に倒れなければ、当時の日本代表はどこまで強くなれたのだろうか、という幻を思い描く人も多い。そんなオシムの真骨頂は、「オシムの言葉」とも言われたように、独特の言葉づかいで、相手をときに迷わせ、ときに考えさせる、そんなメッセージの数々だった。そしてこれは彼の生まれとも無関係ではない。ユーゴスラヴィア紛争の真っただ中を生き抜き、旧ユーゴの最後の代表監督も務めたオシムだからこそ、深い含蓄のある言葉が出てくるのだろう。彼は日本代表選手に言った、もっと走れと。しかし彼はただ足が速いだけの選手を求めていたわけではない。彼は続けて言う、もっと考えろと。そんな禅問答とも思えるような独特の監督術が、あのときの日本には合っていたのかも知れない。だから僕もいつまでも夢見てしまう、彼が率いる日本代表がワールドカップで活躍する姿を見たかったと。2022年5月1日、80歳で亡くなる最後まで、彼は日本を愛し、日本代表サッカーの発展を願っていた。

「リスクを冒して攻める。その方がいい人生だと思いませんか?」「君たちはプロだ。休むのは引退してからで十分だ」サッカー界のみならず、日本全土に影響を及ぼした言葉の数々。弱小チームを再生し、日本代表を率いた名将が、秀抜な語録と激動の半生から日本人に伝えるメッセージ。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

これは経費で落ちません|経理部が見つめる人間模様

NHKで現在放送中のドラマ「これは経費で落ちません!」が面白い。多部未華子が演じるアラサー独身女子・

記事を読む

辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いたように、辺境ライターこと高野秀

記事を読む

効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙を広げる

今年5月に出版された『英単語の語源図鑑』が、すでに20万部も売れているようだ。英語関連書としてベスト

記事を読む

華麗な王者モハメド・アリと、そのアリになれなかった男|沢木耕太郎の名著『敗れざる者たち』と『一瞬の夏』を再読する

2016年6月4日、プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリが74歳の人生に幕を閉

記事を読む

秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフィクションばかりなのだが、本書

記事を読む

テニス・グランドスラム優勝回数ランキング

【追記】「難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る2016年全米オープ

記事を読む

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位25点紹介し

記事を読む

ウィンブルドン決勝ジョコビッチの優勝をデータで振り返る

さて先日の「テニス・ウィンブルドン決勝|ビッグ・データを制するのは誰だ?」にも書いたように、僕は今年

記事を読む

錦織の全仏オープンテニス敗戦を、SlamTracker のデータで振り返る

先日は「グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分

記事を読む

クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニークな視点

佐藤雅彦ほど「クリエイター」という表現が似合う人はいないのでは、と個人的に思っている。アーティストで

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き水中考古学者の海底探検記|ガラクタから宝物そして遺跡新発見

「水中考古学」なる学問分野をご存知だろうか? もちろん考古学なら知って

真理探究に命を懸けて|科学と宗教を描いた異色漫画ついに完結

これまで何度もイチオシしてきたこの漫画『チ。―地球の運動について―』が

科研費獲得の方法とコツ|戦略的な申請書執筆ノウハウ

さて、今年もまた科研費の応募締切が近づいてきた。採択された場合に翌年4

映画『マイスモールランド』とクルド難民の現在地

現在上映中の映画『マイスモールランド』をご存知だろうか? これはもとも

NHKの異色数学番組『笑わない数学』第2回は「無限」の魅力と魔力に迫る

さて、初回が放送されたばかりのNHK『笑わない数学』、ご覧になりました

NHKの異色エンタメ『笑わない数学』が歴史的超難問を大真面目に解説する

NHKには『レギュラー番組への道』という大変とがった企画を集めた番組が

【Kindle特大セール】7月の月替わりセール注目の統計データ分析3冊

Amazonは今月は年に一度の最重要イベント「プライムセール」を実施す

連邦最高裁判事9人が形づくるアメリカの歴史

下の写真がアメリカ連邦最高裁判所だ。各種ニュース等での報道の通り、今回

PAGE TOP ↑