*

10代の母:アメリカと日本のテレビの影響

公開日: : 最終更新日:2017/09/19 研究・論文, 経済学・統計学

National Bureau of Economic Research (NBER) の最新のワーキングペーパーの一つ、“Media Influences on Social Outcomes: The Impact of MTV’s 16 and Pregnant on Teen Childbearing”。アメリカで人気のテレビ番組が、10代女性の妊娠・出産を抑制する効果があったという内容だ。

This paper explores how specific media images affect adolescent attitudes and outcomes. The specific context examined is the widely viewed MTV franchise, 16 and Pregnant, a series of reality TV shows including the Teen Mom sequels, which follow the lives of pregnant teenagers during the end of their pregnancy and early days of motherhood. We investigate whether the show influenced teens’ interest in contraceptive use or abortion, and whether it ultimately altered teen childbearing outcomes. We use data from Google Trends and Twitter to document changes in searches and tweets resulting from the show, Nielsen ratings data to capture geographic variation in viewership, and Vital Statistics birth data to measure changes in teen birth rates. We find that 16 and Pregnant led to more searches and tweets regarding birth control and abortion, and ultimately led to a 5.7 percent reduction in teen births in the 18 months following its introduction. This accounts for around one-third of the overall decline in teen births in the United States during that period.

medium_2685229458photo credit: zerok via photopin cc

 

 

10代の妊娠というトピックと、Google Trends や Twitter を利用したデータ収集というキャッチーな手法もあってか、各種メディアでも大きく取り上げられている。例えば、Economist の “Tuned in, turned off: Watching reality TV may deter teens from becoming moms” や New York Times の “MTV’s ‘16 and Pregnant,’ Derided by Some, May Resonate as a Cautionary Tale”、そして CNN の “Study: MTV’s ’16 and Pregnant’ led to fewer teen births” といった具合だ。

 

さて、MTVのこの番組 ’16 and Pregnant’ 、僕は一度だけ観たことがあるのだが、正直なところ一度でもう十分過ぎるという内容なのである。この番組は、実際に妊娠した10代の女の子をカメラが密着撮影して、妊娠から出産後までの日常生活を追いかけるという「リアリティショー」である。ボーイフレンドや友達や家族だけでなく、学校や地域までを巻き込んで繰り広げられる騒動と修羅場を、視聴者がお茶の間でテレビ鑑賞するという、大変にアメリカ的で品のない番組だ。

 

それなのに、いやそれだからこそなのか、結構な視聴率を取っているらしい。その結果、この番組であまりにも生々しく描写される10代の母の現状が、同番組の視聴者である未成年に対しある種の警告となって、10代での出産減少につながったというのは、それはひとつ納得できるストーリーだとは感じる。

 

medium_2446252391photo credit: jeredb via photopin cc

 

このテレビ番組と同様に、先日「アメリカと日本と国際養子縁組でも書いた僕の知人夫婦が引き取った養子の産みの親も、まだ14歳の少女だった。彼女は周りの説得もあって産んだばかりの赤ちゃんを養子に出すことに決めたのだと想像するが、もしも本人が自分自身で育てるということになっていれば、それこそこのリアリティショーが本当のリアルになる時だったのではないかとも思うのだ。しかし、これも書いたように、彼女はその数年後、高校生の時にまた妊娠し出産する。彼女が ’16 and Pregnant’ を観ていたのかどうか、もちろん知る由もない。

 

一方の日本でも、以前放送された『14才の母』というドラマが相当話題になった。志田未来の熱演とミスチルの主題歌が今も印象に残っているが、果たしてこのドラマは、日本の10代のどんな Social Outcomes に影響を与えた(または与えなかった)のだろうか。ドラマの展開としては、様々な苦労があったけれどもやっぱり産んでよかった、という形で終わっていたが、そういうポジティブなエンディングが、アメリカの(多くの場合ネガティブな)リアリティショーとは逆に、日本の10代女性の妊娠・出産増加につながったという影響も、もしかするとあったりするのだろうか。

 

志田未来 バップ 2007-04-25

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Le Penseur

秋学期に担当した統計学の、学生による授業評価が返ってきた

僕が昨年の秋学期(10-12月)に担当していた統計学の授業は、修士課程1年生の必修科目である。その受

記事を読む

今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、シカゴ大学のリチャード・セイラ

記事を読む

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしている

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

英語論文校正・校閲おすすめサービスの使い方: 世界最大のクラウドソーシング Freelancer.com が早くて安い

クラウドソーシングで英語論文を校正する 過去5回にわたって、英語アカデミック・ライティングのおすす

記事を読む

経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がサンフランシスコで開催

1月の第一週、日本ではまだお正月気分の頃に開催されるのが The American Economic

記事を読む

research proposal

科研費採択のお知らせ届く

昨秋に応募した科研費の採択通知が届いていた。大変にありがたい。今後一層がんばっていきたいと思います。

記事を読む

theme park long queue

『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け

『ヤバい経済学』の大ヒット以来、『ヤバい社会学』、『ヤバい経営学』と続けてきたこのシリーズ。内容その

記事を読む

おすすめ新刊『できる研究者の論文作成メソッド』|書き上げるための実践ポイント

以前に「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」でもおススメしたように、ポー

記事を読む

学会@台北と、羽田空港-松山空港の圧倒的な便利さ

先日は、Asian Meeting of the Econometric Society にて研究報

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑