*

米国大統領選挙2020を前に|憲法でふりかえるアメリカ近現代史

公開日: : Kindle, アメリカ, オススメ書籍

コロナ禍もあって史上もっとも盛り上がらないと言われている今年のアメリカ大統領選挙だが、副大統領候補が発表され、そして党大会が開催され、徐々にではあるが11月の選挙当日が近づいてくる気配が感じられるようだ。そんなタイミングだからこそおすすめしたいのが本書『憲法で読むアメリカ史』だ。現在、Kindle月替わりセールのおかげで大幅に値下げしている本書、ぜひこの機会に読んで頂きたい。

 

移民の国アメリカは、それぞれ異なるバックグラウンドの人たちが集まってできた国であるだけに、日本のような阿吽の呼吸とか空気を読むとか、そういうものとはものすごく縁遠い。それゆえに、多様な人々の意見や価値観がぶつかり合うことはしょっちゅうであり、その争いや諍いの多さゆえに訴訟大国であり、あれだけの数の弁護士がそこかしこで仕事できるのだ。

 

そしてまた、アメリカという国そのものを形作ってきたのも法律である。とくに、憲法の解釈と修正は、それそのものがアメリカの歴史であり、だからこそ「アメリカの歴史をつくる9人の連邦最高裁判事」にも書いたように、連邦最高裁の判事9人はアメリカの今後を左右する極めて重要な地位にいるのだ。そして、だからこそ、この判事指名権は、世界でもっとも大きなパワーを持つアメリカ大統領のもつ力の中でも、最大のものと言われたりするわけである。

 

 

 

 

そんなアメリカ憲法をめぐり、これまでどのような議論が交わされてきたのか、そして憲法修正がその後のアメリカ社会をどのように変えたのか、といったユニークな視点から描かれたアメリカ史が、この『憲法で読むアメリカ史』なのである。著者の阿川尚之は、アメリカ滞在の長いロイヤーであり、そして憲法政治学者である。そんな彼がまさに自分の得意とする分野で、非常に鋭い視点でまとめた本書は、その後の続編として『現代史』が出版されるほどに注目されたものだ。2020年のアメリカ大統領選挙は、未曽有のコロナ禍、そしてかつてないほど冷めた米中関係、香港と台湾そして北朝鮮を含めた東アジアの安全保障、そしてイスラエルを巡る中東問題と、世界中をこれまで以上の緊張と不安が覆う中での実施となる。どのような選挙結果となり、それが今後の10年そして100年をつくっていくのかを考えるその前に、アメリカという国が、建国以来、どのように憲法と向き合いながら国づくりを進めてきたのか、本書シリーズでそれを学ぶのに、これほどよいタイミングはないのではなかろうか。月替わりセールでお買い得のこの機会に、ぜひ読んでみて頂きたい。

 

 

建国から二百数十年、自由と民主主義の理念を体現し、唯一の超大国として世界に関与しつづけるアメリカ合衆国。その歴史をひもとくと、各時代の危機を常に「憲法問題」として乗り越えてきた、この国の特異性が見て取れる。憲法という視点を抜きに、アメリカの真の姿を理解するのは難しい。建国当初の連邦と州の権限争い、南北戦争と奴隷解放、二度の世界大戦、大恐慌とニューディール、冷戦と言論の自由、公民権運動―。アメリカは、最高裁の判決を通じて、こうした困難にどう対峙してきたのか。その歩みを、憲法を糸口にしてあざやかに物語る。第6回読売・吉野作造賞受賞作の完全版!

 

アメリカ建国以来、200数十年にわたり、政治や社会のあり方に関し、憲法に基づく判断を示してきた合衆国最高裁判所。その判決は米国のあり方をどう変えてきたか?ロイヤーにして憲法政治学の第一人者が膨大な資料を精緻に読み込み、レーガン政権以降の憲法問題をめぐる大統領と最高裁の関係から捉えた手に汗握るもうひとつの〈アメリカ現代史〉。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

shougi denou sen

「われ敗れたり」:完敗だったが名勝負もあった第3回将棋・電王戦

今夜11時放送のTBS「情熱大陸」は、将棋・電王戦。  将棋のプロ棋士とコンピューター将棋ソフトが

記事を読む

永世竜王・渡辺明の『勝負心』と、あきらめたらそこで試合終了だよ

渡辺明の新著『勝負心』を読み終えたところなのだが、これが実に面白かった。「羽生世代」に続く、将棋界の

記事を読む

アメリカ大統領選挙まであと数日|敗者の演説で振り返るステーツマンシップ

ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの、泥仕合のまま迎えることとなりそうな米国大統領選挙。8年前

記事を読む

ワールドカップ決勝へ|ラグビー名将エディー・ジョーンズの勝負哲学

ラグビー・ワールドカップが面白い。まったくもってニワカなんですが、ルールが分かるとラグビーってこんな

記事を読む

数学者たちの異常な日常|世にも美しき最後の秘境

以前に「あたなの知らない、世にも美しき数学者たちの日常」でも紹介した、二宮敦人著『世にも美しき数学者

記事を読む

イェール大学出版局 リトル・ヒストリー|若い読者のための「考古学史」のすすめ

以前にも紹介したことのある、「イェール大学出版局 リトル・ヒストリー」のシリーズ。いまのところ5冊が

記事を読む

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深く読んだ。出版から2年で30万

記事を読む

介護士からプロ棋士へ、今泉健司四段「3度目の逆転人生」

Yahoo! ニュースにも掲載された記事「藤井聡太七段を撃破!介護士からプロ棋士へ、今泉健司四段『3

記事を読む

kuzushi shougi

奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門

中学生でプロの将棋棋士となったのは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人であり、その後も第一

記事を読む

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読ん

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

将棋名人がAIに負けた日|人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

いま、将棋がめちゃくちゃ面白い。藤井聡太という若き天才プロ棋士が、長い

100年目の国勢調査|本日の締切おわすれなく

現在実施中の国勢調査は、5年に一度実施される最も重要な統計調査である。

いよいよ始まったNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」|人気漫画家の創作ドキュメンタリー

この秋大注目のテレビ番組がいくつかあるのだが、その最たるものがこのNH

日本人の9割が間違えちゃう英語表現と英語常識

以前にも紹介したキャサリン・A・クラフト著『日本人の9割が間違える英語

【Kindleセール】月替わりキャンペーンおすすめの7冊

さて2020年度も早くも上半期が過ぎ、下半期の10月がスタートした。そ

将棋王将戦・挑戦者決定リーグが超豪華メンバーでついに開幕

やばい、ヤバい、超やばい。というくらい大興奮なのが、ついに始まった第7

誰もいなくなった東京にそして人が戻り始めた|中野正貴が切り撮るTOKYOの空気

9/27土曜日のTBS「情熱大陸」をひさしぶりに観た。今回どうしてもこ

アメリカ連邦最高裁判事9人<ザ・ナイン>が歴史をつくる「この国のかたち」

米連邦最高裁判事ギンズバーグの死去とその後任選びで、目前に控える米国大

PAGE TOP ↑