*

行動経済学者ダン・アリエリー|お金と感情と意思決定の白熱教室

公開日: : 最終更新日:2017/01/30 オススメ書籍, オススメ番組・映画・ドラマ, 経済学・統計学

NHK『お金と感情と意思決定の白熱教室』再放送決定

先日放送されたNHK『数学ミステリー白熱教室』はとてもよくできた番組であり、最先端の数学理論が宇宙論ともつながってくるという、実にエキサイティングな内容だった。残念ながら見逃してしまった方は、再放送される機会をお待ち頂くか、エドワード・フレンケルの原著『数学の大統一に挑む』でお楽しみ下さい。

 

 

これだけ評判となった番組なので、たぶんそのうち再放送されることだろう。なにしろ、今日からは昨年放送された、あの『お金と感情と意思決定の白熱教室』が再放送されるのだから。講師はおなじみの人気行動経済学者ダン・アリエリー。

私たちは日々様々な意思決定を行っていて、その選択については、十分「合理的」に判断している“つもり”でいる。しかし人間が合理的な存在だというのは本当だろうか? なぜ、ダイエットを誓ったはずなのにデザートを見ると決意が揺らぐのか!? 不要なものまでバーゲンで買いあさってしまうのはなぜか!? 様々な実験やケーススタディーを通じて人間の不合理性を解き明かし、社会の様々な問題を人間の不合理性を使って解決する手法を学んでいく。

nhk_dan_ariely

 

 

ダン・アリエリーの行動経済学「不合理三部作」

以前に「行動経済学者ダン・アリエリーの最新TEDトーク|How equal do we want the world to be? You’d be surprised」も紹介したように、TEDトークにもう何度も登場している人気のスピーカーでもある。彼の話が毎回ウケるのは、何といってもその研究トピックの面白さにある。人間のおもしろおかしく時に悲しい習性をこれでもかと見せつける彼の研究内容は、ベストセラーとなった以下の「不合理三部作」を読んでも、そしてプレゼンテーションを聞いても、いつも大変に興味深い。

 

 

ダニエル・カーネマンの必読書『ファスト&スロー』

そんな人気の行動経済学だが、おもしろ実験をトピック的に学ぶだけでなく、より体系的に勉強しようという際には、ダニエル・カーネマンの著書『ファスト&スロー』がベストの一冊となるだろう。プリンストン大学の心理学者にして2002年のノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマン。彼が盟友エイモス・トベルスキー(1996年没)とともに切り拓いたのが、この行動経済学という新しい分野だったのだ。だから、そのカーネマンの研究集大成である本書『ファスト&スロー』こそが、最高の入門書にして最高峰の一冊と言えよう。もちろん、彼自身によるTEDトークもぜひご覧ください。

 

 

リチャード・セイラーの Nudge と政策立案

もう一人の著名行動経済学者、それがリチャード・セイラーだ。「文庫で学ぶ行動経済学」の中でも紹介した著書『実践 行動経済学』は、政策への応用例が数多く解説され、ベストセラーとなった一冊だ。しかも、その後米国においても英国においても、こうした知見を実際の政策に活かそうという動きが出てきた。具体的には、米国においては “Social and Behavioral Sciences Team” (通称 Nudge Unit)が組成され、数々の実験をもとに政府業務の効率化が提案されている。彼らのその成果については、初めての Annual Report で詳しく解説されている。

 

 

一方で、米国にさきがけて Nudge Unit を立ち上げたのが英国だった。デイビッド・キャメロン首相が2010年に立ち上げた “Behavioural Insights Team” がその舞台だ。そしてこの Nudge Unit を率いる David Halpern が先日出版したのが本書 “Inside the Nudge Unit” である。サブタイトルにある “How small changes can make a big difference” が、まさにこの Nudge Unit の哲学を表している。一つ一つの改善は改革と呼べるほど大きなものではない。しかし、その積み重ねが大きな変化を起こすのであり、それはまさに Justin Wolfers が解説するように、グーグルが絶え間なく行っている A/B テストの繰り返しに似た指針なのである。行動経済学は政策との関わりをさらに深めながら、今後もっと面白くなっていく分野だろう。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

japanese dictionaries 1

卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学・入社といった新たな始まりを意

記事を読む

リチャード・マシスン『縮みゆく男』と、名医ブラックジャックにも治せない病

普段は僕自身読むことも少なく、おすすめする機会もほとんどないフィクションの分野。だけどこれだけは紹介

記事を読む

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったな

記事を読む

NHK大河「真田丸」で北条氏政を演じる高嶋政伸の怪演と、その才能を見出したWOWOWドラマ

NHKの大河ドラマ「真田丸」が面白い。豊臣秀吉の天下統一も目前に迫り、あとは最後の難敵・北条氏政を残

記事を読む

今年のクリスマスもまたアメリカ現代社会の象徴「メガチャーチ」を思い出す

今年もいよいよクリスマス。そしてこの時期、毎年のように思い出すのがアメリカのメガチャーチである。「現

記事を読む

【Kindleセール】仕事・研究の生産性向上にむけて|イシューからはじめるエッセンシャル思考

本日の Kindle 日替わりセールに、グレッグ・マキューンのベストセラー『エッセンシャル思考』が登

記事を読む

NHK「数学ミステリー白熱教室」本日最終回をお見逃しなく

先月から始まったNHKの「白熱教室」シリーズ最新作である数学編。それが本日いよいよ最終回を迎える。こ

記事を読む

conditional probability

今からでも遅くない|しっかり学ぶ統計学おすすめ教科書と関連書15選

今こそしっかり統計学を学ぼう 以前に「統計学が最強の学問である、という愛と幻想」で書いたように、こ

記事を読む

食肉偽装とWOWOW連続ドラマW『震える牛』のリアル

中国の工場で発生した期限切れ鶏肉の事件だが、これは別に、同工場もしくは同国の衛生管理技術の水準が低か

記事を読む

『ヤバい統計学』他で学ぶ数字のセンス|統計リテラシー入門におすすめの4冊

以前にも「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」で紹介したように、カイザー・ファング著『

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

将棋名人がAIに負けた日|人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

いま、将棋がめちゃくちゃ面白い。藤井聡太という若き天才プロ棋士が、長い

100年目の国勢調査|本日の締切おわすれなく

現在実施中の国勢調査は、5年に一度実施される最も重要な統計調査である。

いよいよ始まったNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」|人気漫画家の創作ドキュメンタリー

この秋大注目のテレビ番組がいくつかあるのだが、その最たるものがこのNH

日本人の9割が間違えちゃう英語表現と英語常識

以前にも紹介したキャサリン・A・クラフト著『日本人の9割が間違える英語

【Kindleセール】月替わりキャンペーンおすすめの7冊

さて2020年度も早くも上半期が過ぎ、下半期の10月がスタートした。そ

将棋王将戦・挑戦者決定リーグが超豪華メンバーでついに開幕

やばい、ヤバい、超やばい。というくらい大興奮なのが、ついに始まった第7

誰もいなくなった東京にそして人が戻り始めた|中野正貴が切り撮るTOKYOの空気

9/27土曜日のTBS「情熱大陸」をひさしぶりに観た。今回どうしてもこ

アメリカ連邦最高裁判事9人<ザ・ナイン>が歴史をつくる「この国のかたち」

米連邦最高裁判事ギンズバーグの死去とその後任選びで、目前に控える米国大

PAGE TOP ↑