*

米ソ冷戦に翻弄された天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯

公開日: : 最終更新日:2017/12/11 オススメ書籍

日曜日夜にNHK-BSで放送された「天才ボビー・フィッシャーの闘い~チェス盤上の米ソ冷戦~」をとても興味深く視聴した。

史上最強のチェスチャンピオン、ボビー・フィッシャー。冷戦時代はソビエトが国家を挙げ養成した頭脳集団をなで斬りにした破天荒な英雄。しかし冷戦崩壊後の混乱の中、アメリカへの反逆者として訴追される。逃亡生活の中、911同時多発テロをきっかけにアメリカが包囲網を敷き、潜伏先の日本で拘束された。そして亡命先のアイスランドでの死。国家と闘い続けた希代の天才の人生を、貴重な資料と証言をもとにたどっていく。

 

米ソ冷戦時代、米国チャンピオン対ソビエトチャンピオンによるチェス対決は、両国家の威信をかけた代理戦争でもあった。13歳にして彗星の如く現れたボビー・フィッシャーは、その童顔に似合わないほどの創造的な強さで瞬く間に米国王者に駆け上がり、そしてソ連王者を一蹴する。番組の中では、クィーンを捨て駒にして勝利を決めた世紀の一手を再現している他、ボビーに完敗した当時のソ連王者がその後国家からあらゆる権威を剥奪された過去を語り、それだけ国家を背負って戦わされていたことを改めて思う。

 

chess boardphoto credit: nestor galina via photopin cc

 

しかし、冷戦後に今度はボビーは母国アメリカという国家と闘うことになる。そして、彼の逃亡・潜伏生活は日本とも大いに関係が深い。なにしろ2004年に成田空港で拘束され、隠していたその姿を現すこととなる。アメリカ政府が身柄引き渡しを要求する中、最終的にはアイスランドへ向けて出国し、その4年後彼はその地で永眠する。僕がフィッシャーについて知ったのは、その当時、フィッシャーを救おうと奮闘する人たちの中心に、あの羽生善治がいたからだ。

 

将棋棋士・羽生善治がチェスにも長けているのはよく知られたことだが、その彼がフィッシャーの釈放を求めて「『伝説のチェス王者』フィッシャーを救え」と題して、文藝春秋に寄稿するなど、極めて政治的な発言をするというのは非常に珍しいことであった。それくらい強い気持ちがチェスに対して、そして最強の王者フィッシャーに対してあったのだろうと推測するより他ない。そんな羽生も推薦している一冊がこの『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』。本書に対し、羽生は次のように書いている。NHK-BSの番組を見逃した人には、ぜひ読んでもらいたい一冊だ。

もし、「ボビー・フィッシャーはどんな人?」と聞かれたら、「チェスの世界のモーツァルト」と私は答えます。モーツァルトとの共通点は3つあります。

  1. 誰もが認める“天才”であること
  2. その天才性を簡単に知ることが出来ること(音楽を深く勉強しなくてもモーツァルトの素晴らしさを理解できるように、フィッシャーのチェスもルールが解ればその力強い指しまわしに魅了されるはずです)
  3. それとは別の部分に大きなギャップがあること

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな話題となった一冊『最後の秘境

記事を読む

歌舞伎町ホストの帝王・ローランドの言葉にみる至極真面目なプロ意識

現代ホスト界における圧倒的カリスマ、歌舞伎町の夜の帝王、そしてこの世には二種類の男(自分かそれ以外)

記事を読む

若き水中考古学者の海底探検記|ガラクタから宝物そして遺跡新発見

「水中考古学」なる学問分野をご存知だろうか? もちろん考古学なら知っている。それの水中版? もちろん

記事を読む

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments of History" がよう

記事を読む

【応募書類受付中】NASAが宇宙飛行士を新規募集|火星に行く大チャンス

もうご存知と思うが、アメリカの National Aeronautics and Space Adm

記事を読む

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる「作者の意図は?」といった問い

記事を読む

イェール大学出版局 リトル・ヒストリー|若い読者のための「考古学史」のすすめ

以前にも紹介したことのある、「イェール大学出版局 リトル・ヒストリー」のシリーズ。いまのところ5冊が

記事を読む

敗れざる者たち|藤井聡太に失冠したトップ棋士たちの言葉

もちろん、もう読みましたよね?藤井聡太二冠を表紙にすえ、初めて将棋を特集したスポーツ雑誌Number

記事を読む

Wall Street Journal 125周年と、アメリカ現代史

ちょうど昨年、「フィナンシャル・タイムズ(FT)とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」で書い

記事を読む

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも書いたように、2017年の受賞

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑