*

ワールドカップで大番狂わせを狙え|サッカー監督の世界級チームマネジメントの極意

公開日: : オススメ書籍, スポーツ

2022年という年は、やはりサッカー・ワールドカップでの日本代表の活躍が強烈な印象として残っている人も多いことだろう。まだついこの間のことであり、その記憶は鮮明でいまも余韻に浸ることもあるはずだ。とくに、グループリーグ初戦でのドイツに対する逆転勝ち、そして第2戦コスタリカに負けて絶体絶命のなか、最終戦スペインに対してもまたもや逆転勝ち。この大番狂わせ(ジャイアント・キリング)をみせてくれた日本代表に、そしてそのチームを率いた森保監督に、日本中が熱狂したわけだ。

 

まさにその「ジャイアント・キリング」という名前をタイトルにした漫画が、いま絶賛連載中で、これがめちゃくちゃ面白いのである。いままでにない、サッカー監督を主人公に据えた設定、弱小チームだからこそ選手ひとりひとりの個性を活かしそれをつないで組織力を強化する、そして何よりも中長期的な視点に立った戦略的な施策の数々と、サッカー漫画の常識をすべて覆すかのような見事なストーリー展開なのである。

 

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる! 『U-31』原作者と俊英がタッグを組んだ、これがフットボール漫画の新スタンダード!!達海猛、35歳。イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING!

 

 

このように、与えられた戦力でたたかわねばならないというのは、もちろんサッカーに限った話ではない。これは、すべてのチームスポーツに言えることだろう。例えば今年の箱根駅伝を見ても分かるように、それぞれの大学は今いる選手のなかから誰をどの区間に配置するのか、勝負の山登りや山下りをどう攻略するかと、戦略を練りに練っているのだ。

 

そんな監督目線で考える組織論とチームマネジメントというのは、もちろん会社やビジネスにも応用可能なものだ。それを見事に描いたのが本書『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀』であり、これが実に面白かったのだ。

 

僕らはみな、何らかの組織に属し、様々な形でその運営に関わっている。新入社員が戦力にならないとか、老害の邪魔がはいるとか、そんな愚痴や弱音がすぐ出てきてしまいそうだが、ちょっと待て。誰だって与えられた条件のもとで、ベストパフォーマンスを出すしかないのだ。若手をどう即戦力に仕立て上げるのか、それこそがあなたの仕事なのではないですか?ベテランからも知恵を引出すのも、あなたの責務なんじゃないですか? そんな痛烈なメッセージが込められた本書は、漫画そのものを読んでいなくとも十分に胸に突き刺さる。

 

ワールドカップで見事な戦いを見せた日本代表と森保監督、そして傑作漫画『ジャイアント・キリング』。僕らはいま、監督の立場から組織づくりとチームマネジメントを考える、格好の素材に恵まれたと言えるだろう。ぜひ自分のいまのポジションに置き換えながら読むと、本書の味わいが一段と増してくる。大変刺激的な一冊として、すべてのチームプレイヤーに強く一読をおすすめする。

 

チームには「成長法則」がある!

「70点のグループ」が、「赤点」を経て、「120点以上のチーム」に変身する――。
カリスマ的リーダーもエース社員も不要!

のべ3万社の経営をサポートしてきた「チームづくり」のプロが語る、今いるメンバーの化学変化で史上最高の成果を生み出す「成長法則」。

伸びる組織には「混乱」がともなう。混乱のない組織に成長なし――。

ロールモデルは達海猛。目指すは「生き物のようなチーム」。指示待ちだったメンバーたちが、自ら考え、行動し始める!

「モーニング」掲載の大人気マンガをケーススタディにした、ビジネスにもスポーツにも活かせる「超画期的」組織論登場!

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

東京五輪と同時開催していた「数学オリンピック」でも日本代表がゴールドメダル|この漫画がスゴい

東京オリンピックが閉会した。日本代表選手が獲得したメダルの数や色に一喜一憂するのは当然かも知れないが

記事を読む

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せてくれるこの大学スポーツは、始

記事を読む

いま国語辞典がおもしろい|10年ぶりの大幅改訂による最新版あいつぐ

さて、「2020年、本ブログで最も売れたこの1冊」でも紹介したように、昨年の一年間でもっとも売れたの

記事を読む

春の入学・進級・入社シーズンに絶対おすすめの国語辞典3選

3月は日本全国いたるところで卒業式が行われる。小学校を卒業して中学生になれば電車もバスも大人運賃だ。

記事を読む

データとマネジメントとストラテジー|ドイツ・サッカー復活の道のり

昨年のサッカー・ワールドカップ。開催国ブラジルを7-1という大差で沈め、決勝でも強豪アルゼンチンを倒

記事を読む

アカデミアへの転身と、アカデミアからの転身

日本テレビの桝太一アナウンサーが、16年間在籍した同局を今年3月で退社し、4月からは同志社大学ハリス

記事を読む

クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニークな視点

佐藤雅彦ほど「クリエイター」という表現が似合う人はいないのでは、と個人的に思っている。アーティストで

記事を読む

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな話題となった一冊『最後の秘境

記事を読む

若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは言えなくとも、プチブームなのは

記事を読む

Kindle電子書籍でエキサイティングに読もう、今あらためて宇宙論がおもしろい

僕は大栗博司『重力とは何か』を2年ほど前に読み、「この宇宙論はおもしろいよ!」と書いたのだが、その気

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑