*

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

公開日: : オススメ書籍, 海外

ブータン訪問記の続き。

  1. ちょっとブータンまで行ってきた。
  2. ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き

 

ブータン国旗は世界有数の複雑なデザインをしている。とくにドゥクと呼ばれる「雷竜」の細かさと、その格好良さは際立っている。また背景の色は、黄色が王室を、そして橙色が国教となっているチベット仏教を表現している。

 

flag of bhutan

 

そんなブータン国王の執務室がこちらだ。はためく国旗の向こうにあるのがその建物だ。もちろん中に入ることはできないのだが、かなり近くまで行くことができる。旗のこちら側は官庁街で、日本でいうところの霞ヶ関だ。といっても人口70万人のブータンではその規模もとても小さく、建物もすべて平屋という造りとなっている。

 

IMG_0659_tn

 

ブータンの公務員は伝統的な正装で登庁することが義務付けられており、男性は「ゴ」、女性は「キラ」と呼ばれるこの服装をしている。この建物とこの風景に、もっといえばこの地が醸す空気に実に馴染んだ格好である。と同時に、日本の普段着でここにいる自分がなんだかとんでもなく浮いた存在に思えてくる。

 

IMG_0657_tn

 

ヒマラヤ山麓の高地とはいえブータンの首都ティンプーにもちょうど春が訪れたところだった。花は咲き、子供は外で遊び、周りを歩くのが楽しい時期に訪れることができたのは、実に幸運だったと言えるだろう。

 

IMG_0656_tn

 

そんなブータンの王室と国王の人となりについては、西水恵美子著『国をつくるという仕事』が大変参考になった。この地を訪れる前にブータン本をずいぶんと読んできたのだが、その中でもブータンの政治についてとても詳しく書かれた一冊だ。それもそのはず、著者はプリンストン大学経済学部助教授を経て世界銀行に飛び込み、2003年にを退職するまで南アジア地域の副総裁を務めた人物だ。

 

「国づくりは人づくり。その人づくりの要は、人間誰にでもあるリーダーシップ精神を引き出し、開花することに尽きると思う」と語る著者が、数多くの国家首脳と渡り合ってきた経験の中でも、「世界で一番学ぶことが大きかった国だ」と紹介するのがこのブータンだ。とくに、当時のブータン国王(現国王の父親)と、さらにその父親(雷龍王三世)の国づくり人づくりのリーダーシップを尊敬し、「世界中で最も会いたいリーダーは誰か」というよく聞かれる質問に、「躊躇せず雷竜王三世の名を挙げる」という。

 

また、三世の後を継いで政治改革を加速させた雷竜王四世に対しても惜しみなく敬意を表している。その最たるものが、四世の見事な引き際だろう。どんなに優れたリーダーであっても、優れているがゆえに長居をし過ぎ、その後の人材が育たないという懸念がある。しかしながら、周囲のそんな心配事とも無関係であり、鮮やか過ぎるほどに身を引いたのが、このジグメ・シンゲ・ワンチュク雷竜王四世だった。国王の退位年齢を65歳とすると自ら定めたのみならず、永遠に在位をと願う国民を叱り飛ばすかのように、周囲の予想を遥かに前倒して、2008年に51歳で実際に退位することとなった。その余りにも突然の譲位に、国民は茫然自失、全国に嘆きの声がこだましたという。しかしそれは、国は王室のものなどではないと国民の意識改革を促し、次の若い世代に未来を託すための、雷竜王四世にとって一番大事な仕事だったのだ。

 

国はその大きさで尊敬されるわけではない。その経済成長ぶりで称賛されるわけでもない。インドと中国という超大国に挟まれた極小の山岳国土しかないブータンが、今も最貧国の一つに数えられながらも世界の注目を集め続け、「学ぶことが多い」と言わしめるのは、代々の国王の哲学とリーダーシップゆえなのだと納得する一冊。著者の地に足の着いた経験をもとに南アジアの国々の政治史を学べる本書は、ブータンという国に興味がある人はもちろん、途上国の経済開発というテーマ、そして世界銀行の仕事に関心がある人にとっても、大いに目を開かせてくれる内容だと思う。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

japanese dictionaries 1

2015年ことしのベストセラー|人気の国語辞典ランキング

「電子書籍編」および「紙書籍編」に続いて、今回は本ブログ経由でもっとも多く選ばれた国語辞典の紹介であ

記事を読む

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments of History" がよう

記事を読む

Druk Airline

ちょっとブータンまで行ってきた。

久しぶりの更新となってしまったが、先日までブータンに行っていたのである。中国とインドに挟まれた人口約

記事を読む

秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフィクションばかりなのだが、本書

記事を読む

『ヤバい統計学』著者による新作『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏

以前に「テーマパーク優先パスの価格付け」でも紹介したように、カイザー・ファング著『ヤバい統計学』は、

記事を読む

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

japanese igo

囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝わったであろう、7冠同時制覇へ

記事を読む

shougi denou sen

永世竜王・渡辺明の『勝負心』は、羽生善治に対する尊敬と憧憬と畏怖

『知ってても偉くないUSA語録』と、『Born to Run~走るために生まれた』に続けて、現在のK

記事を読む

若き冒険家のアメリカ|植村直己『青春を山に賭けて』

NHK-BS で放送されている「ザ・プロファイラー|夢と野望の人生」をご覧になっているだろうか?以前

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

PAGE TOP ↑