*

春の入学・進級・入社シーズンに絶対おすすめの国語辞典3選

公開日: : オススメ書籍

3月は日本全国いたるところで卒業式が行われる。小学校を卒業して中学生になれば電車もバスも大人運賃だ。中学校を卒業して高校生になれば体格ももう大人と同じ。高校を卒業して大学生になれば車も運転するし二十歳からは酒もタバコもOKだ。そして大学を卒業して働くようになれば、まさに新しい社会人のひとりとなる。

 

こんなふうに、卒業とは一歩一歩大人に近づいていくステップであり、そんな大人に欠かせないアイテムの一つが「国語辞典」なのだと思う。3月の卒業式に続けてやってくる、4月の入学式と始業式そして入社式のシーズン。そんな入学・進級として新年度を迎える、または社会人としての新たなスタートを切るこの時期は、国語辞典を購入するベストタイミングでもある。今でも入学のお祝いに国語辞典をプレゼントする人も多いだろうし、今年からもっと勉強するぞと意気込む人も多々いることだろう。

 

そんな人たちにぜひおすすめしたいのが、以下の3冊の国語辞典である。種類が豊富な国語辞典だが、実はそれぞれにとても個性があるというのがポイントだ。実際に Amazon ランキング を見ても、多種多様の国語辞典が並んでいるのがよく分かるだろう。辞書なんてどれも似たようなもの、というのは大いなる誤解なのである。だからこそ、自分に合ったぴったりの一冊を見つけて頂きたいし、以下で3冊を詳しく紹介してみたい。

 

2015-01-04 12.27.12

 

 

まず最初のおすすめが三省堂国語辞典。通称「サンコク」と呼ばれて親しまれているこの国語辞典は、なんといっても現代語に強いことがその最大の特徴となっている。辞書は言葉の実態を映す「鏡」であるべきという哲学が貫かれており、最新第7版では「ゆるキャラ」や「婚活」そして「ゲリラ豪雨」といった現代言葉までもが収録されている。こうした新語を文字通り体を張って収集する編纂者達のユカイでオカシな生態は、光文社新書『辞書を編む』で詳しく紹介されており、読んだら間違いなくこの三省堂国語辞典のファンになってしまうことだろう。それくらい活きのいい辞書なのである。

 

 

 

2冊目のおすすめは、同じく三省堂から出版されている新明解国語辞典だ。通称「シンカイさん」の新明解の凄みと面白さを世に知らしめたのが、惜しまれつつ亡くなった赤瀬川原平の『新解さんの謎』である。この一冊は、新明解国語辞典がものすごい「人間くささ」を有していることを指摘した傑作であり、赤瀬川はそこに編纂者の山田忠雄の人生哲学を見る。しかも、実はこの山田は、上記の三省堂国語辞典の編纂者・見坊豪紀とは東大の同期であり、かつ一度は三省堂にて同じ辞書づくりに励んでいた盟友だったのである。それなのに、そんな同志がなぜその後袂を分かち、全く異なる個性をもつ別個の辞書を出版することになったのか?その国語辞典史上最大のミステリーに迫ったのが、傑作ノンフィクション『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』だったのである。そんな山田が命をかけた新明解国語辞典は、Amazon 国語辞典売上ランキング にも現れているように、いま日本で一番売れている辞書なのである。

 

 

 

最後に3冊目として推薦したいのが、岩波国語辞典(通称「イワコク」)だ。三省堂国語辞典のように新語に強くはないし、新明解国語辞典のように個性的な語釈で勝負しているわけでもない。それなのに、いやそれだからこそ、この岩波国語辞典には安心感と安定感があるのである。辞書に新たな言葉を載せるということは、それが公に認められたものであるという認識を与えかねない。また、今後何年にも渡って辞書に載せるべき新語と、今だけの単なる流行語とをどこで線引きするのか、という難しい問題もある。だからこそ、この岩波国語辞典のような保守的でオーソドックな編纂哲学は、上記2冊にはないまた別の強みとなっているのである。三浦しをんの名作『舟を編む』の中で、「右」という言葉をどう定義するかという印象的なシーンがある。そのエピソードと名語釈は、じつはこの岩波からのものなのである。

 

 

 

というように、以上おすすめの国語辞典を3冊を紹介してみた。なぜベスト・オブ・ベストの一冊に絞らないのかと言われたら、そりゃあもう最初に言ったように、この3冊だけみても全然異なる個性を持っているからなのである。だからこそ、自分が国語辞典に何を期待しているのか、を意識することが大切であろう。現代語を調べる機会が多いなら三省堂国語辞典がぴったりだし、堅苦しい言葉の定義にとどまらず実社会で意味するところを知りたいなら新明解が相応しい。言葉を映す「鏡」である三省堂国語辞典とは対照的に、言葉を正す「鑑」としての役割を辞書に求めているならば、岩波国語辞典が選ぶべき一冊と言えるだろう。

 

最後に、国語辞典についてもう少し詳しい解説は以下をご参考に。

 

そしてここで紹介した3冊以外に、もっと多くの辞書とその特徴について知りたければ、ぜひ以下の『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』を読んでみて欲しい。辞書芸人のサンキュータツオ氏による、国語辞典に対する愛に満ち溢れた素晴らしい一冊となっている。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

shougi denou sen

「われ敗れたり」:完敗だったが名勝負もあった第3回将棋・電王戦

今夜11時放送のTBS「情熱大陸」は、将棋・電王戦。  将棋のプロ棋士とコンピューター将棋ソフトが

記事を読む

将棋の子|奨励会年齢制限と脱サラ棋士のプロ編入という奇跡の実話

映画『泣き虫しょったんの奇跡』が公開されている。まだ観ていないのだが、もちろんこの実話はとてつもなく

記事を読む

「伊藤若冲と京の美術」展を観に行ってきた:奇想の画家が発見された背景

相変わらずの伊藤若冲の人気ぶりと言えよう。先日は新潟県立万代島美術館まで「伊藤若冲と京の美術」展を観

記事を読む

『ヤバい統計学』他で学ぶ数字のセンス|統計リテラシー入門におすすめの4冊

以前にも「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」で紹介したように、カイザー・ファング著『

記事を読む

聖の青春|天才・羽生善治を追いつめた伝説の怪童・村山聖

日本の将棋史上最高のプロ棋士・羽生善治の名前を知らぬ人は少ないだろう。だが、「東の羽生、西の村山」と

記事を読む

Kindle電子書籍で手軽に読む高野秀行の探検記シリーズは、フィクションかと思うほどの強烈ノンフィクション

高野秀行という作家はものすごく強烈な個性を放っている。「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクショ

記事を読む

NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!将棋会館」と題された今回は、東

記事を読む

『科研費獲得の方法とコツ』は、科研費申請予定の研究者必携の一冊

研究者にとっての秋は、科学研究費助成事業(科研費)の締切が迫る時期でもある。今年は11月10日が最終

記事を読む

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前に釘づけとなってしまうことだろ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

統計はウソをつく|ブルーバックス名著に学ぶ騙されないための数学的思考法

ご存知のように政府統計の不正が大きな問題となっている。各種政策のもとと

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

PAGE TOP ↑